トップ 追記

えみのほのぼの日記


2017-05-27 炭火焼バームクーヘン作り 焼き編

_ 炭火焼バームクーヘン作り 焼き編

まち歩きバリアフリー観光情報誌 てくてく日和の取材に行きました。今回は鳥取県にある大山町豪円山エリアでした。森の国で炭火焼バームクーヘン作りを体験しました。フワフワのきじができたら、新たな道具が登場しました。直径5センチくらいの竹の棒にアルミホイルを巻き付けたものです。アルミホイルが巻いてある部分に、きじをかけて、焼きながら巻き付けていきます。見えない私では難しい作業なので、同行した見えるスタッフにやってもらいました。きじを乗せた状態で移動するときも火にかけるときも、一緒に作業をしているスタッフとバランスをとりながら、竹の棒をクルクル回します。火の熱と、きじが焼ける甘い匂いがしてきます。ある程度焼けてきたら焼き色をつけるために、ゆっくり竹の棒を回して火にかけます。この手順の作業を何度も繰り返しました。根気のいる作業でしたが、竹の棒を離しませんでした。焼いているうちにきじがコンロ周辺に落ちることがありますが、これを取り除くことがポイントだそうです。きじが重なってくると、重くなってくるし、バランスをとるのが難しくなってきます。慎重に調整しながら焼いていきます。最後に焦げない程度にしっかり焼き色をつけます。スタッフたちの協力で、ふっくらとした形のいいバームクーヘンができました。竹の棒を抜いて、雑巾絞りのように絞るとアルミホイルからスポット抜けます。外はクッキーみたいにカリカリ、中はパンケーキみたいにフワフワのバームクーヘンができました。できあがった喜びもあって、味は格別なものでした。今回は森の国の係りの方にもサポートしていただきました。ありがとうございました。image


2017-05-26 炭火焼バームクーヘン作り

_

炭火焼バームクーヘン作りまち歩きバリアフリー観光情報誌 てくてく日和の取材で、鳥取県にある大山町豪円山エリアに行きました。乗馬が終わったら、森の国という公園に移動しました。アスレチックがたくさんある公園ですが、様々な体験メニューがあったり、バーベキューができたり、サイクリングの基地になっていたりします。今回は炭火焼バームクーヘン作り体験をしました。材料には有名な白バラ牛乳が入っています。材料は準備してあるので、混ぜること、焼くことが中心です。同行したスタッフ二人と協力して完成させました。まずはハンドミキサーを使わずに主導の泡立て器で、メレンゲ作りでしたが私の不器用さが露呈する結果になるし、根気のいる作業でした。最後にボウルを傾けても落ちないくらいしっかりとしたメレンゲができたら、達成感がありました。メレンゲができたら粉を混ぜていきます。最初はとろみのあるきじが、モッタリしてきました。メレンゲが入ったら、道具をヘラに変更します。そしてフワフワのきじができあがりました。さあ焼いていきます。


2017-05-25 大山でホースセラピー 乗馬編

_ 大山でホースセラピー 乗馬編

鳥取県にある大山町豪円山エリアに、まち歩きバリアフリー観光情報誌てくてく日和の取材に行きました。最初の取材先は、大山乗馬センターでした。馬の毛をブラッシングしてきれいになったら、いよいよ乗馬します。係りの方二人についていただき、小さい馬たちのいる広場を周りました。一番小さい種類の馬は大人の腰くらいの高さだそうです。途中から手綱を持たせていただきました。係りの方の指示に合わせて手綱を調整するのですが、全く目が見えない私にとって、まっすぐに進めることが難しかったです。乗せてくれた馬はのんびり歩いてくれました。馬を降りたら、ご褒美に餌をあげました。手をパッと開いてあげれば大丈夫という言葉を信じて、てのひらに草を固めたブロックを乗せ差し出すと、唇でパクッととって食べてくれました。全然痛くなかったです。とても貴重な体験の連続でうれしかったです。大山乗馬センターのスタッフのみなさん ありがとうございました。次は炭火焼バームクーヘンを作ります。image


2017-05-24 大山でホースセラピー ブラッシング編

_ 大山でホースセラピー ブラッシング編

バリアフリー観光情報誌てくてく日和の取材で、鳥取県にある大山町の豪円山エリアに行ってきました。豪円山は冬はスキー場が有名ですが、春から秋は、アクティビティを楽しめるようになっているようです。最初の取材先は、大山乗馬センターでした。到着すると、係りの方が気さくに話しかけてくれました。受付のある建物は売店にもなっていて、馬のグッズが並んでいたそうです。また、地元のアーティストが制作したブローチもかわいかったそうです。馬のいる場所は係りの方に案内していただきました。数頭の馬に触れてみました。それぞれ毛の長さも濃さも違っていました。硬いブラシを使ってブラッシングを体験しました。手で毛の流れと汚れ具合を確認しながら、慎重にブラシをかけました。馬はほとんど泣くことなくじっとしていてくれました。こんなに筋肉がついているんだと驚きました。馬の暖かさとしなやかさを感じて優しい気持ちになりました。


2017-05-22 バリバラで思うこと

_ バリバラで思うこと

先月私の職場 プロジェクトゆうあい内にある、松江/山陰バリアフリーツアーセンターが、NHKEテレで毎週日曜日夜7時に放送されている、バリバラの取材を受けました。取材された内容は5月21日に放送されました。一人旅をしてみたいという全く見えない女性が、二人の旅行のプロが立てたツアーを体験するという企画でした。たまたま旅行のプロの一人として選ばれたのが、松江/山陰バリアフリーツアーセンター長の川瀬だったようです。彼女は観光ガイドを受けながら松江城天守閣に登り、堀川遊覧船に乗り、フォーゲルパークでふくろうに触れて帰って行きました。移動には公共交通機関を使い、親切な方との出会いに恵まれた様子でした。私は主役ではありませんが、視覚障害のあるスタッフとして少し協力をさせていただきました。番組中にも少しインタビューが出て驚きました。また、随所に映っていたと聞いてちょっと恥ずかしいです。番組を見ていて彼女が喜んでくれたことがわかり、とても嬉しいです。もう一人の旅行のプロはカリスマ添乗員の平田さんでした。淡路島で渦潮の音が聞こえる橋に行ってみたり、淡路島の特産品を使った高級懐石料理を食べてみたりしていました。最後に海岸で砂浜を歩き、海藻に触れて楽しそうでした。平田さんは障害のある方の旅行を手掛けるのは初挑戦だったそうです。新発見の連続だったようですが、熱意を感じたし、挑戦してくださったことが何より嬉しいです。私が平田さんのツアーに参加してみたくなりました。見逃した方は、26日金曜日の0時に再放送されます。あらすじは下のホームページをご覧ください。http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=451#top


トップ 追記