トップ «前の日記(2017-02-20) 最新 次の日記(2017-02-27)» 編集

えみのほのぼの日記


2017-02-24 古代出雲歴史博物館で障碍のある方への対応研修

_ 古代出雲歴史博物館で障碍のある方への対応研修

2月21日に、古代出雲歴史博物館で、障害のある方への対応について研修させていただきました。研修対象は展示品などのガイドをするアテンダントの方全員でした。最初に一人の方アテンダントは全員女性で、挨拶や声掛けについて訓練を受けた方ばかりです。古代出雲歴史博物館は、出雲大社の近くにあり、障害のある方がたくさん訪れるところです。今回の講師は松江/山陰バリアフリーツアーセンター長の川瀬、車いすユーザー一人、聴覚障碍者一人、視覚障碍者で盲導犬ユーザー一人、そして視覚障碍者で白杖ユーザーの私の5人でした。講師5人それぞれが話をしました。聴覚障害のあるスタッフは、長文を話すことは難しいため、川瀬が代読しました。みなさん 手話は慣れている様子でした。手引き(視覚障碍者の誘導方法)&アイマスク体験をしていただきました。最初に一人の方に私の手引きをしていただきました。協力してくださった方は、誘導によってスムーズに段差を超えられるところに驚いている様子でした。その後館内をペアを組んで歩いていただきました。みなさん とても良い声掛けの声が聞こえてきました。最後に、車いすの方の介助方法をしていただきました。車いすの開き方とたたみ方、押し方、段差の超え方などを、新しく入った方を中心に体験していただきました。古代出雲歴史博物館のみなさん 本当にありがとうございました。


トップ «前の日記(2017-02-20) 最新 次の日記(2017-02-27)» 編集