トップ 最新 追記

えみのほのぼの日記


2017-11-01 福祉医療証に点字

_ 福祉医療証に点字

福祉医療証とは、重度障がい者が医療費の助成を受けるためのカードのようなものです。大事なものですが、他のカードと区別しにくいものでした。今年、新しい福祉医療証が届いたら、なんと点字が入っていました。内容は「ふくしいりょうしょう」、「ゆうこうきげん○○ねん○○にち」です。福祉医療証であることが区別できるだけでなく、有効期限が書いてあるので、病院に行くときに期限の切れた福祉医療証を持って行くミスを減らせます。


2017-11-02 らくらくフォンセンターに電話してみた

_ らくらくフォンセンターに電話してみた

家族がらくらくスマートフォンを使っていて、飛行機のマークが出て、メールができなくなったと騒ぎだしました。一緒にいたのは私だけで、機内モードになったことに気づきました。機内モードではメールも電話もインターネットもできません。家族は画面読み上げ機能は使っていないし、読み上げさせる方法はわからず、私では機内モードが解除できなかったため困りました。夜遅い時間でしたが、だめもとで、らくらくフォン専用のサポートセンターであるらくらくフォンセンターに、固定電話から電話しました。機内モードの解除方法を、ゆっくりと親切に教えてくれました。夜遅い時間に対応してくれたオペレーターの方へ、ありがとうございました。らくらくフォンセンターの電話番号0120-696-937営業時間 09:00から20:00緊急でないかぎり、営業時間内に電話をしてください。


2017-11-07 赤名でりんごがり

_ 赤名でりんごがり

11月3日に、家族でりんごがりに出かけました。島根県の飯南町にある赤名という町のりんご園でした。このりんご園には、新世界という種類のりんごと、富士という種類のリンゴと、黄燐という種類のリンゴがあります。新世界と黄燐が赤くなっていたそうです。四方八方に、手を伸ばせばりんごの葉っぱに当たりました。赤くなっていたりんごは、実をゆらすとすぐにとれました。新世界と黄燐を食べ比べたら、新世界は柔らかく甘い味で、黄燐はほどよい酸味と程よいかみごたえがありました。果物ナイフと包丁を持って行きましたが、ワックスがかかっていないので、安心して皮を食べることができました。また、芯の近くまで食べられました。やっぱりもぎたての味は格別でした。写真を2枚載せます。1枚はえみがりんごをとるところ、もう1枚はりんごの木です。imageimage


2017-11-08 松江「観光都市の未来を考える オンリーワンな旅づくり」講演会

_ 松江「観光都市の未来を考える オンリーワンな旅づくり」講演会

nhkeテレのバリバラという番組で、松江を一人旅した視覚障がいのある方が、一人旅を終えて松江で公演されます。その講演は、私の職場 プロジェクトゆうあいのスタッフで、松江/山陰バリアフリーツアーセンター長の川瀬と対談する形になります。私も聞きに行く予定です。ここから詳細な案内です。

松江市障がいのある人もない人も共に住みよいまちづくり条例施行1周年記念シンポジウム「観光都市の未来を考える オンリーワンな旅づくり」

日時 11月12日(日)13時30分から15時30分会場 松江テルサ4階 大会議室参加料 無料

主催者あいさつ 13時30分から13時40分   西村昌志(松江市福祉部長)

対談 13時40分から14時30分  テーマ「バリバラ発観光企画対決 初めてのひとり旅を終えて」  幸田麻由氏(視覚障がい者)と川瀬篤志氏(プロジェクトゆうあい)

パネルディスカッション 14時30分から15時30分  テーマ「観光都市 松江のこれから」  登壇者 幸田麻由氏      川瀬篤志氏      中村和美氏(松江フィルムコミッション協議会)      秋田光晶氏(株式会社おはつ代表取締役)  進行  土江義夫氏(松江観光協会事務局長)

また、松江駅前テルサ1階ではナイスハートバザーというイベントが開催中で、福祉施設で制作された雑貨や食品が販売されています。プロジェクトゆうあいからは、出雲ブックカバー、どこでもバスマップすごろくを販売中です。


2017-11-09 玉造温泉街をまち歩き1

_ 玉造温泉街をまち歩き1

バリアフリー情報誌「てくてく日和山陰」の取材で、松江市にある玉造温泉街に行きました。玉造温泉は美肌の湯として知られています。今回のレポーターは、車いすユーザーのスタッフ、視覚障害のある私でした。最初に観光協会で、玉造温泉について話を聞きました。話をしてくださった方は、玉造温泉の町起こしに取り組んでいる方でした。その後、温泉街を案内してくださいました。最初はお土産屋さんに立ち寄りました。定番のお土産だけでなく、つばきの花の飾りがついた箱に入ったクッキー、洋風の温泉まんじゅうなど、オリジナルのお土産も置いてありました。次に立ち寄ったところは、温泉を使った化粧品を販売しているお店でした。化粧水を手にかけると、手がシットリしました。石鹸の泡体験では、ホイップクリームみたいな泡が立って驚きました。美肌が期待できる化粧品の数々です。玉造温泉街のまち歩きはまだまだ続きます。


2017-11-10 玉造温泉たらい湯&足湯

_ 玉造温泉たらい湯&足湯

てくてく日和の取材で、玉造温泉街をまち歩きしました。たらい湯と足湯に行きました。たらいは、腰の高さくらいの石でできたものでした。たらいの外側に触れると暖かかったです。お湯に手を入れると、最初はあちち!と言いました。手をつけているとだんだん慣れてきました。ひしゃくが置いてあり、ひしゃくで水をすくい、ボトルに詰めて持って帰ることができます。たらいの近くにショルダーバッグに入るくらいのスプレーボトルが売ってあるので、これに詰めて持って帰りました。お湯をスプレーボトルに移した後は、2.3度しゅっしゅっとするのがポイントだそうです。詰めたばかりのボトルは暖かいですが、手にお湯をシュッシュッとしても熱くないところが不思議でした。その後足湯に入りました。近くでタオルが売ってあるので安心です。車いすの方も入ることができる足湯ですが、事情があり私だけが入りました。入った場所はたまたまちょうどいい温度でしたが、場所によっては最初はあちち!と感じる場合もあります。美肌の温泉と言われるだけあって、足をつけていると肌がつるつるになりました。玉造温泉の魅力はまだまだあります。


2017-11-11 玉造温泉街で海鮮丼

_ 玉造温泉街で海鮮丼

まち歩きバリアフリー情報誌てくてく日和の取材で玉造温泉街をまち歩きしました。ランチはお寿司屋さんで海鮮丼を食べました。海鮮丼はなみとプレミアムの2種類がありますが、どちらも普通の女性が食べるにはちょっと量が多いので、ご飯を少なめにしてもらうか、二人でシェアするとちょうどいいかなと思いました。海鮮丼のねたが、一つ一つが大きくてプリプリしていて、とてもおいしかったです。プレミアムの方にはかにがむいてある状態で、乗っています。海鮮丼はもちろんですが、一緒に注文したシジミ汁が、どうやったらこんなに出汁が出るんだろうというくらい、味がしっかりしていておいしかったです。個人的に握りずしを食べに行きたくなりました。海鮮丼も握りずしのセットもそんなに高くないことに驚きました。そして、島根の特産品を扱うお店に行きました。店内にはおしゃれな便に入ったジャムやはちみつがたくさん並んでいました。玉造温泉街では、お店の方々に丁寧に対応していただき、楽しく過ごしました。取材した内容は、てくてく日和2018年冬号に載ります。楽しみにしていてください。


2017-11-14 マイニュース靴了箸なを動画で紹介 操作中の拡大ダイアログの視点

_ マイニュース靴了箸なを動画で紹介 操作中の拡大ダイアログの視点

私が出演するユーチューブの動画番組「えみスマイル」の最新号ができました。今えみスマイルでは高知システム開発のニュース閲覧ソフト、マイニュース靴了箸なを紹介しています。第10回目となる今回は、操作中の拡大ダイアログの視点について説明します。操作中の拡大ダイアログの視点を固定する機能は、視野の狭い方に役立つ機能です。下のページを開くと動画が再生されます。https://www.youtube.com/watch?v=TE9mDu53C8k今までのえみスマイルはhttp://www.project-ui.com/contents/emisumairu.html


2017-11-16 人に優しいまちづくり条令1周年シンポジウム 参加しました

_ 人に優しいまちづくり条令1周年シンポジウム 参加しました

11月12日に、松江市人に優しいまちづくり条令施行1周年シンポジウムが開催されました。私は講演会を聞きに行きました。nhkeテレで放送された「バリアフリーバラエティ バリバラ」の企画で、松江で一人旅をした幸田さんと、松江/山陰バリアフリーツアーセンターセンター長の川瀬が、公演しました。また、その後松江市で観光や福祉の人材育成に取り組む方々も登壇され、パネルディスカッションが行われました。どちらも終始和やかな雰囲気でした。そしてどちらも、障がいのある方の主体性と、バリアフリーの観点から松江市を盛り上げることが、キーワードとなっていたと思います。幸田さんが出演されたバリバラのホームページを下に貼り付けます。http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=451


2017-11-21 じゃが芋の味噌バター

_ 鶏肉とじゃが芋の味噌バター

旦那が鶏肉が食べたいと言っていたので、大量にあったジャガイモも一緒に使えるレシピを探しました。旦那と、鶏肉とジャガイモの味噌バターを作りました。付け合わせにコールスローも作りました。写真は撮り忘れてしまいましたが、濃い味でおいしかったです。参考にしたレシピ鶏肉とジャガイモの味噌バターhttps://cookpad.com/recipe/3362388コールスローhttps://www.kewpie.co.jp/recipes/basic_sarada/sarada05.html


2017-11-30 どこでもバスマップすごろくを巨大版で体験してみよう!

_ どこでもバスマップすごろくを巨大版で体験してみよう!

しばらくブログを更新できずすみません。私の職場 プロジェクトゆうあいで、巨大なバスマップすごろくを作っています。その巨大バスマップすごろく体験会がありますので、どうぞお越しください。私は会場には行けませんが、他のゆうあいスタッフがお待ちしております。

プロジェクトゆうあいが制作しているどこでもバスマップすごろくは、「松江版」、「島根版」、島根の縁結びや神話に関する観光地をめぐる「神話めぐり」京都の街を旅する「京都めぐり」の4種類があります。

それぞれの街の鉄道・バスの路線がすごろくになっており、家族や友達と遊びながらその場所へ旅行している気分になったり公共交通、街のことに詳しくなっちゃいます。

各種すごろくは今井書店グループセンター店、観光物産館などで好評発売中!

このバスマップすごろくの巨大版が2日間、今井書店グループセンター店に登場します!

イベントでも子どもたち、家族連れに大人気。とっても楽しい巨大版すごろくで遊んでみませんか。

その場で全種類のすごろくも販売いたします。

下記日程で皆さんをお待ちしております。

開催日時12月16日(土) 11時〜16時12月27日(水) 11時〜16時

場所今井書店グループセンター店 中庭


トップ 最新 追記