トップ «前の日記(2018-01-27) 最新 次の日記(2018-01-30)» 編集

えみのほのぼの日記


2018-01-29 見えない私がダンス講演会に出演

_ 見えない私がダンス講演会に出演

1月28日に開催された田畑真希ダンス公演『色の話、余白の色』に、地元の視覚障がい者として、出演させていただきました。地元の視覚障害者としては、もう一人の女性が一緒に出演しました。今回の公演には、プロのダンサーによる実況中継や、fmラジオを利用した音声ガイドがあり、耳でもダンスが楽しめるようになっていました。私も音声ガイドを聞きたかったです。公演の前には舞台を歩いてみたり、出演者を紹介したりするタッチツアーが開催されました。出演者の紹介では、音声ガイドのさいの呼び名を発表しました。また、20センチ慎重さがあるペアが頭を合わせて歩くなど、新調査がおもしろさにつながることがあるため、出演者の身長も伝えました。公演後は、美術の専門家である福井先生と田畑先生のトークが開催されました。田畑先生は、コンテンポラリーダンスと呼ばれる、さまざまなジャンルを融合したダンスの先生です。田畑先生と、田畑先生の仲間のプロダンサーが4人出演されました。目が見えない状態でも、芸術的にステージへの出入りができるように、プロのみなさんと一緒に作品ができるように、工夫がこらされていました。足の感覚で一人で歩けるように、ステージに紐を貼り付けてあったり、他の出演者とつなぐ毛糸で私を中心にあやとりをするようなダンスをしたり、工夫がたくさんあって書ききれないくらいです。ソロのところでは踊り切りました。ソロのところよりも、10分間オブジェみたいに立ち続けるミッションが用意されていて、こちらのほうが大変でした!!講演会に参加されたみなさん たいへんお世話になりました。なにより田畑先生に感謝いたします。


トップ «前の日記(2018-01-27) 最新 次の日記(2018-01-30)» 編集