トップ «前の日記(2020-09-07) 最新 次の日記(2020-09-10)» 編集

えみのほのぼの日記


2020-09-08 スマホゲーム「絵のない迷路」プレイしてみた

_ スマホゲーム「絵のない迷路」プレイしてみた

ロービジョンのアスカネットさんが、「絵のない迷路」というスマホゲームをプレイしている動画をアップされました。アスカネットさんの動画は下のページから再生してください。https://www.youtube.com/watch?v=07no2f43p1I

「絵のない迷路」は無料のゲームです。iPhone・iPadでプレイできます。色の変化、音、振動を頼りに、画面に表示されていない迷路をなぞって行くゲームで、視覚障がい者も楽しめるように開発されました。開発者はTakayuki Watanabeさんです。

全盲の私がチャレンジしてみました。「絵のない迷路」を起動したら、ボイスオーバー(iPhoneに付いている音声ガイド)はオフにします。その代わりに、独自の音声が流れるので、指示に従って操作します。音声ガイドを最後まで聞いてから操作するのがポイントでした。画面の上にはステータスバーがあって、これに触れてしまうと「絵のない迷路」とは関係ない画面が出るので、気を付けて操作します。問題なく操作できました。

画面全体を1本指でなでて、スタートを探します。スタートを見つけるとぴぽーんという音がして、そこから1本指でなぞっていきます。道に沿っているとピンと音がしますが、外れるとブブーと音がしたり振動したりします。ゴールにたどり着くと音で教えてくれます。ゴールした後、画面を1本指でタッチすると「レベルクリア」と読まれて、次のレベルに進みます。

画面が見えないと、操作になれるのがなかなか大変でした。何回もプレイして、レベル5までクリアできました。操作になれればはまります。色が見える方なら問題なくプレイできますが、全く見えない場合には難しいゲームだと思いました。また、アンドロイドのスマホを利用した専用機があってもいいなと思いました。興味のある方は、アップストアで「絵のない迷路」で検索してください。


トップ «前の日記(2020-09-07) 最新 次の日記(2020-09-10)» 編集