トップ «前の日記(2020-11-04) 最新 次の日記(2020-11-09)» 編集

えみのほのぼの日記


2020-11-06 宍道湖の夕日の下で創作ダンス

_ 宍道湖の夕日の下で創作ダンス

来年1月24日に島根県民会館で開催される、田畑真希先生のダンス講演会に、市民ダンサーとして出演させていただきます。今年は新型ウイルス感染拡大防止のため、事前に撮影した動画と、生の舞台の合わせ技になる予定です。今回のタイトルは「ある椅子のつぶやき」です。主役は、木製の椅子です。

宍道湖と玉湯川の河口で、ダンス動画を撮影しました。夕日が見える時間で、白鳥も飛んでいました。このシーンに出演するダンサーは私一人でした。私の衣装は、グレーを基調としたパステルカラーで丸井ラインのワンピースです。動画には映像だけが使われます。そのため、田畑先生やカメラマンからの支持を聞いて動きました。

砂浜に置いた主役の椅子の周りで踊りました。頬に日差しを受けて、足元は粗目の砂の感触が良く、とても気持ちが良いところでした。椅子に座って手足を動かしたり、椅子を起点に踊ったりしました。

椅子を水に近づけました。座ったり立ったりしました。そして、踊りながら足元まで水に入って行きました。水は少し冷たかったけれど楽しく踊り切りました。砂の上でしかできないことをせいいっぱいやりたいと思って動いていました。私はバランスをとるのに必死でしたが、カメラマンがドンドン水の中に入って行く音がして、さすがプロだと思いました。

良い写真が撮れたと言っていただきほっとしました。できあがった動画はユーチューブで配信される予定です。いくら天気が良くても少し寒かったです。田畑先生や島根県民会館の職員の方に、撮影の合間に上着をかけていただきとても助かりました。一緒に撮影したみなさん 本当にありがとうございました。


トップ «前の日記(2020-11-04) 最新 次の日記(2020-11-09)» 編集