トップ 最新 追記

えみのほのぼの日記


2021-01-04 障がい者雇用についてインタビュー モルツウェル株式会社

_ 障がい者雇用についてインタビュー モルツウェル株式会社

謹賀新年今年もよろしくお願いします。

12月21日に、モルツウェル株式会社で、障がい者雇用についてインタビューしました。松江市黒田町にある会社です。高齢者向け食品の製造販売、在宅高齢者のための配食、買い物生活支援を行っています。

経営者として、専務の野津 昭子氏が答えてくださいました。主に発達障害のある方を雇用しています。事務関連ではラベル作成、調理場では食品の加熱などの作業を依頼しているそうです。指導係をつけたり、サポートできるスタッフと協力したりして、みんなで助け合って仕事をします。支援施設と連携し、定期的に面談をして、就労の継続を測っています。2003年より障がい者を雇用してきましたが、最初は障がい者雇用を意識していなかったそうです。障がい者就労支援をしている企業とつながりができたことで、意識を持って積極的に障がい者雇用をしてきました。

障がいのある職員として、発達障害のある男性が答えてくださいました。男性は以前プロジェクトゆうあいで働いていた方です。元気に挨拶をしてくれました。ラベルを作る事務の仕事をしています。他のスタッフと話し合いながら仕事をしているそうです。

インタビューに答えてくださったみなさん モルツウェル株式会社のみなさん ご協力ありがとうございました。取材した様子は、島根県中小企業家同友会の会報に掲載する予定です。一般には公開しません。

モルツウェル株式会社のホームページを張り付けます。http://www.morzwell.co.jp/


2021-01-05 ブレイルメモスマートair16を動画で紹介 メインウィンドウを読む

_ ブレイルメモスマート air16を動画で紹介 メインウィンドウを読む

私が出演するユーチューブの番組「えみスマイル」最新号ができました。ブレイルメモスマート air16を紹介しています。ブレイルメモスマート air16は、ケージーエス株式会社から発売された小型点字ディスプレイです。第3回目となる今回は、メインウィンドウを読んでみます。メインウィンドウは、パソコンのスタートメニューのようなものです。

この動画には、聴覚障がいのある方のための字幕を作成中です。下のページから動画を再生してください。https://www.youtube.com/watch?v=KDROm_WHo-o

今までのえみスマイルはhttp://project-ui.com/social-business/visual-support/emi-smile/


2021-01-06 年末の大雪

_ 年末の大雪

年末からお正月にかけて雪が降りました。ひどかったのは12月31日でした。旦那が外に出て、家の駐車場の雪かきをしてくれました。雪の深さはひざ下まであったそうです!さすがに私は外に出られませんでした。

お正月、旦那の実家に挨拶に行きました。旦那の実家は出雲市にあります。玄関前には立派なかまくらがありました。かまくらの中には雪だるまが隠れていました。出雲市でかまくらが作れるほど雪が降るって珍しいなと思いました。

仕事が始まる頃には雪のほとんどが解けてほっとしました。


2021-01-12 パントマイムの実況

_ パントマイムの実況

リモート会議で一緒になった方が、出演している動画を紹介します。soukiという団体のパントマイムや大道芸の動画です。全く目が見えない方がパントマイムを披露するシーンもあります。実況中継をしているので、ラジオ番組みたいに聞けます。1月24日ごろまで無料で視聴できます。下のページから再生してください。https://www.youtube.com/watch?v=ITKfcrZCITA


2021-01-13 音声ガイドモニター会 新ふるさと百景

_ 音声ガイドモニター会 新ふるさと百景

初めて、視覚障がい者向け音声ガイドのモニター会に参加しました。ズームというアプリを使って行われました。主催は、山陰で音声ガイド制作をしている、reading Actという団体です。

参加者は全部で8人でした。進行役は音声ガイドの講師である田中さんでした。音声ガイドをしている方が3人、視覚障がい者4人でした。視覚障害のあるメンバーは、全員iPhoneで参加しました。

日本海テレビで放送されている、「新ふるさと百景」という番組の音声ガイドのモニターをしました。伝統芸能や伝統工芸を紹介する番組で、今回は組木細工の職人が紹介されていました。みんななかなか組木細工のイメージがわきませんでした。だから機会があれば触ってみたいねと話しました。今回は二人の方が音声ガイドの原稿を書いてくださいました。同じ映像でも、音声ガイドの内容は全く違うものでした。視覚障がい者4人が、同じ音声ガイド付き映像を見ても、音声ガイドについての感想はそれぞれ違いました。音声ガイドをつけることのおもしろさと難しさを感じた会でした。

モニターが終わった後、それぞれの活動について話しました。視覚障がい者のうち二人はいつも音声ガイドのモニターをしている方です。音声ガイドについてのコメントが適切でさすがだと思いました。視覚障がい者で、東京で音声ガイド付きパントマイムの舞台に出ている方が参加していて、舞台にタコ糸やテープを貼って方向がわかるようにして動くことなど、貴重な話を聞けました。私が、松江でコンテンポラリーダンスをやっていることについて、田中さんがしっかり紹介してくれました。

新ふるさと百景のホームページを貼り付けます。音声ガイドは副音声のボタンを押すことで、聞くことができます。http://www.nkt-tv.co.jp/mobile/ca/furusato/#top


2021-01-14 かぶとえびのコーンクリーム煮

_ かぶとえびのコーンクリーム煮

かぶの旬です。母と一緒に、かぶとえびのコーンクリーム煮を作りました。

殻付きえびの下処理で、皮はむけるけど、どうしても手の感覚では背わたを探せません。母ぬ背わたをとってもらいました。

母が、クリームコーンの缶詰の代わりに、コーンクリームシチューの固形ルーを使って味付けしてくれました。ルーを入れるだけで味がついて、元のレシピより楽だったそうです。

かぶの柔らかさとプリプリのえびがマッチして、とてもおいしかったです。かぶがあるときにはまた作ろうと思います。

参考にしたレシピかぶとえびのコーンクリーム煮https://www.kyounoryouri.jp/recipe/600250_%E3%81%8B%E3%81%B6%E3%81%A8%E3%81%88%E3%81%B3%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E7%85%AE.html


2021-01-15 延期 ダンス公演「或る椅子の、つぶやき」

_ 延期 ダンス公演「或る椅子の、つぶやき」

1月24日に、島根県民会館で開催予定だった、田畑真希先生のダンス公演「或る椅子の、つぶやき」が延期になりました。開催時期は未定です。ダンスサークルの一員として出演を予定していたので残念です。しかし今の状況においては良い判断だと思います。詳細は下のページを確認してください。https://www.cul-shimane.jp/hall/


2021-01-18 障がい者雇用について取材 山善商会有限会社

_ 障がい者雇用について取材 山善商会有限会社

1月6日、山善商会有限会社に、障がい者雇用について取材に行きました。山善商会有限会社は、松江市竹矢町にあります。するめやナッツなどのおつまみを仕入れて、袋詰めし、販売している会社です。松江市殿町と出雲大社神門通りにある、「おつまみ研究所」というショップの運営をしていることでも知られています。

建物に入ると、するめの匂いがしました。代表取締役社長の土江卓也氏と障がいのある社員に話しを聞きました。どちらも親しみやすい感じの方で、ときどき身を乗り出して話しをしてくださいました。

2020年4月に、精神障害のある男性を一人雇用されました。仕事内容は、おつまみの袋詰め・袋にシール貼り・箱折りなどです。社員みんなで作業手順を伝える方法を話し合っていて、言葉で伝えるのが難しいときは道具を作って対応しています。障がいのある社員の方は、社長または部門長と話し合って目標を立てて、朝礼に向かいます。挨拶や返事がきちんとできるように、服装に乱れがないように、厳しく指導しているそうです。

障がいのある社員の方には、社長がいないところで話しを聞きました。数が多い仕事が終わると達成感があるそうです。最初は、1日8時間の仕事がしんどかったが、だいぶん慣れてきた様子でした。プライベートでは、免許を取得する前に車を買ったので、運転免許取得を目指して試験を受け続けているそうです。

山善商会有限会社のみなさん 本当にありがとうございました。「おつまみ研究所」のページを張り付けます。https://www.e-otsumami.jp/

取材した様子は、島根県中小企業家同友会の報告会で発表します。発表内容は、一般には公開しません。


2021-01-19 倉吉のバリアフリー情報 てくてく日和

_ 倉吉のバリアフリー情報 てくてく日和

私の職場 プロジェクトゆうあいが発行している、まちあるきバリアフリー情報誌、てくてく日和・山陰2021冬号できました!

 まち歩きバリアフリー情報誌『てくてく日和・山陰』の第33号(2021年冬号)が、完成しました。

 今回は「まちのテーマをたのしむ」と題し、鳥取県中部・倉吉市と北栄町を車いすで旅します。白壁土蔵群をはじめとする倉吉中心部や、人気漫画「名探偵コナン」をテーマにまちづくりを展開する、北栄町のたのしいスポットをご紹介します。 駐車場や車いす対応トイレ・段差などの情報のほか、施設の感染症対策に関する情報も掲載しています。

 「特集2」では、島根県主催で2月7日に開催予定の「バリアフリーオンラインツアー in 松江」についてご案内しています。 「オンラインツアー」とは、インターネット上でご自宅やお好きな場所から楽しめる参加型アクティビティです。無料オンライン会議システムZoom(ズーム)を使い、松江市内の観光スポットから生配信を行います。

てくてく日和・山陰は、山陰各地の「道の駅」、観光案内所、主要観光地などで無料配布しております。遠方の方、活字を読むことが困難な方は、ダウンロード版を準備中ですので、ご利用ください。画面読み上げソフトでも読みやすいワード版と、印刷に便利なpdf版があります。下のページからダウンロードしてください。http://project-ui.com/social-business/barrier-free/hirori/


トップ 最新 追記