トップ «前の日(11-02) 最新 次の日(11-04)» 追記

としまる日記




2005-11-03 e-ともネットしまねオフ会in隠岐

_ e-ともネットしまねオフ会in隠岐

6月に松江、大田で、7月に浜田で開催されました、e-ともネットしまねオフ会が隠岐で開催されます。今回、インターネット安全教室も同時開催されます。

日時 11月19日 (土) 15時30分から17時30分頃まで会場 隠岐島文化会館 パソコン研修室   島根県隠岐郡隠岐の島町西町吉田の二、2番地   TEL 08512-2-0237   http://fish.miracle.ne.jp/sai-kou1/index.html

定員 12名くらい

内容 15時30分から16時30分まで      インターネット安全教室     主催 経済産業省・JNSA      共催 特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい

   16時30分から17時30分まで     e-ともネットしまねオフ会

参加申し込み・お問い合わせ先: 特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい 申し込み、お問い合わせはe-mailでお願いします。 e-mail送付先:info@pjui.comです。

みなさまぜひ ご参加ください。私も参加の予定です。 わくわくわくとしまるでした


2006-11-03 Rubyで構築された島根県ホームページが総務大臣賞

_ 映画「こんばんは」上映会バリアフリー上映会について

映画「こんばんは」松江上映会の 実行委員長をさせていただいています。 上映会まで後わずかとなってきました。みなさま とてもすばらしい映画ですので ぜひぜひ お越しください。

映画「こんばんは」上映会バリアフリー上映会についてこのたびの上映会は バリアフリー上映会です。副音声は 松江プラバホールに常設されています 外国語通訳システムを使用し 副音声を受信機に流します。皆様のラジオの用意は必要ありません。

この映画は夜間中学校の ドキュメンタリー映画で、 生涯学習を考える 外国から日本に来られた方の 差別や人権にも関係する映画だとおもいます。不登校で昼間の学校にかよえないこどもさんも 夜の夜間中学校に入り勉強をがんばっておられる姿にかんどうしました。学びについて 誰もが 考えあう時代でないでしょうか 教える側 家族 学ぶ側 いろいろな立場の方が 映画を見て 学びについてこれからの生き方についてすごく参考になると思います。

上映会の概要1. 開催日時平成18年11月19日(日)11:00〜、14:00〜、18:30〜2. 開催場所松江市総合文化センター(プラバホール)3. 上映券前売券(一般)1,000円、(小・中・高・障害者・シニア60歳以上) 700円当日券(一般)1,300円、(小・中・高・障害者・シニア60歳以上)1,000円4. 主催  映画「こんばんは」上映実行委員会5. 映画の主旨・目的  この映画は、夜間中学を見せるドキュメンタリーです。現在、夜間中学では全国で約3,000人の人達が通い、様々な国、様々な年齢の人達が、アイウエオから高校受験まで、自分自身の人生を生きるために必要な「学力」を身につけるために、学んでいます。今、教育の危機が叫ばれ、出口が見えない状況にあって、「学ぶ」とは本来どういうことなのか、「学校」とはどのような場所であるべきかということをこの映画「こんばんは」は教えています。学校へ行っている世代、卒業した世代、学校へ子どもたちを通わせている世代など、学校と関わった人、学校との関わりをやめた人など、あらゆる人に見ていただき、もう一度考えてみる機会にしていただきたいと思います。6. その他  本映画の収益金につきましては、今後のバリアフリー(心身障害者並びに高齢者が見やすくなるような)上映の機会を増やすための費用にさせていただきます。7. 問い合せ・連絡先  中村よしこ 昼<職場>0852−25−5713夜<携帯>090−2003−6623

映画「こんばんは」松江上映会日時:2006年11月19日(日) 11:00から、2:00から、6:30からの3回の上映会を開催します。

会場:松江市総合文化センター プラバホール 

入場料金(前売):一般1,000円(当日1,300円)、小中高生・シニア60歳以上・障害者 700円(当日1,000円) シニアのかたは 60歳以上の方としています。

このたびの上映会は バリアフリー上映会です。副音声は 松江プラバホールに常設されています 外国語通訳システムを使用し 副音声を受信機に流します。皆様のラジオの用意は必要ありません。

視覚障害をお持ちの方だけでなく聞いてみたいと思われます みなさま 受付ブースに、聞きの貸し出しを申し出てください。

チケット取扱所 しまね文化情報コーナー/プラバホール/松江サティ 他 主催 映画「こんばんは」上映実行委員会/松江キネマ倶楽部 後援 島根県/松江市/島根県教育委員会/松江市教育委員会/島根県社会福祉協議会/松江市社会福祉協議会/松江市文化協会/しまね国際センター/ NPO法人プロジェクトゆうあい

映画「こんばんは」松江上映会今回の、映画「こんばんは」松江上映会は、松江市文化協会の主催する、松江市民文化祭の一環として開催されます。今回の上映会もバリアフリー上映会で開催いたします。字幕・副音声・磁気ループなどバリアフリー上映会でおこないます。情報弱者のかたへの情報提供は大切な事だと思います。映像や情報のユニバーサルデザイン、だれもがたのしめる だれもが平等を考える「情報のユニバーサルデザイン」 映画や映像などの情報提供も 作る側がオプションとして最初から考えて作る時代です!このたびの上映会も視覚に障害をおもちのみなさま向けの「副音声」、聴覚に障害をおもちのみなさま向けの「字幕(要約筆記)」、そして難聴の障害をおもちのみなさま向けの「磁気ループ」を用意します。視覚に障害をお持ちの方で難聴の障害をお持ちの方も多数おられます。 副音声と映像からの音声を磁気ループを使って情報を得られます。情報のユニバーサルデザイン!「副音声」は、視覚障害者のみなさまが、会場に流される通常音声とともに、レシーバーを通して聞こえてくる画面状況の声のボランティア、状況描写など風景や様子を副音声によって、私達視覚障害者は映画の一シーン一シーンの場面やイメージを頭の中で想像し 思い浮かべることができるように補助し 画面の映像を想像し 映像を耳で聞きながら想像力がまし、 映画の感動をみなさまと同じように味わう事ができます。「副音声」の方法としては、去年の「父と暮せば」上映会の時などは、ボランティアの副音声スタッフがリアルタイムに台本をシーンごとに朗読して、それを電波でレシーバーに送って聞いてもらう方法で行っていましたが、今回の「こんばんは」のフィルムには、あらかじめ制作段階で、副音声の音声トラックがちゃんと用意されているので、それをそのまま利用することになっています。将来的には、劇場公開される全ての映画に、副音声トラックが作られるようになってほしいと想います。各々のレシーバーに送る方法としては、FMラジオなどを使う方法が一般的ですが、今回の会場のプラバホールには国際会議用の同時通訳のシステムが設置されており、それを使うことになっています。即ち当日は、副音声を同時通訳のシステムにより客席の各人のレシーバに電波で送ることになっているのです。

字幕(要約筆記)現在のところ、まだ聴覚障害者用の字幕が用意されている映画は非常に少ないのですが、今回の「こんばんは」のフィルムには、あらかじめちゃんと聴覚障害者用の字幕がついており、視覚に障害をおもちのみなさまに映画を楽しんでもらえるようになっております。磁気ループ補聴器は、聴力が衰えて聞き取りづらくなった音を増幅して聞き取りやすくする器具です。補聴器を使用すれば日常生活に差し支えはあまりはないと思われがちですが、周囲の全部の音を均等に大きくするため、聞きたい音が雑音で聴き取りにくいことがあります。また、補聴器の聴こえ方は環境に大きく左右され、会場の広さや天井の高さや壁の素材、音声の反響等の影響で、全く補聴器としての機能を発揮できない場合もあります。

[磁気ループ概念図。]

「磁気ループ」とは、難聴者の方がお持ちの補聴器に、音声信号を送出することができる方式です。磁気ループ方式は、個人の耳の特性に合わせ調整された補聴器を使用するため、安心して聴き取ってもらうことができます。また、一般に使用されている補聴器を利用することができ、中途失聴者協会も普及を推進されている方式です。世界で市販されているポケット形補聴器・耳掛け形補聴器の約7割に、磁気誘導ループからの音声を受信できる機能があります。この機能を利用によって、会場で映画の音声のみを明瞭に聞くことができるのです。また当日は、視覚に障害をお持ちで、かつ難聴の方向けに、「副音声」の音声を「磁気ループ」を通して流すことも予定されています。

「バリアフリー上映」について1.バリアフリー上映とは...現在のところ、映画館や会館で上映される映画ははっきり言って、障害者にとって、簡単に楽しむことのできる娯楽ではありません。「バリアフリー上映(映画)」とは、その"バリアー"をできるだけ克服し、障害者も気軽に映画を観に行くことができるようにしようというものです。また従来は、そういう「バリアフリー上映」が行われても、概してその映画は障害者関係の映画に限られがちでした。これからは、一般の映画館で広く上映されてる、"普通の映画"でも、当たり前のように「バリアフリー上映」が行われるべきだと思われます。今回の「こんばんは」松江上映会は、昨年の「父と暮せば」、今年の夏の「ヘレン・ケラーを知っていますか」に引き続く、その3回目の試みです。さて今回の「こんばんは」で行われる「バリアフリー上映」には三本の大きな柱があります。即ち視覚に障害をおもちのみなさま向けの「副音声」、聴覚に障害をおもちのみなさま向けの「字幕(要約筆記)」、そして難聴のみなさま向けの「磁気ループ」という、三つです。以下それぞれについて、簡単に説明していこうと思います。全国的にも、一つの上映会でこの三つ全部を行った例は、あまりないようです。

2.副音声NHKで朝のテレビ小説などを多重放送対応のTVで見ていると、片方の音声チャンネルから、「○○○、居間で朝食を食べている」などと、状況描写の声が聞こえてきます。「副音声」とは、そのようにして、視覚障害者のみなさまが、会場に流される通常音声とともに、レシーバーを通して聞こえてくる状況描写の音声によって、映画の一シーン一シーンの場面、イメージを頭の中で思い浮かべることができるようにするものなのです。「副音声」の方法としては、去年の「父と暮せば」上映会の時などは、ボランティアの副音声スタッフがリアルタイムに台本をシーンごとに朗読して、それを電波でレシーバーに送って聞いてもらう方法で行っていましたが、今回の「こんばんは」のフィルムには、あらかじめ制作段階で、副音声の音声トラックがちゃんと用意されているので、それをそのまま利用することになっています。将来的には、劇場公開される全ての映画に、副音声トラックが作られるようになってほしいと想います。各々のレシーバーに送る方法としては、FMラジオなどを使う方法が一般的ですが、今回の会場のプラバホールには国際会議用の同時通訳のシステムが設置されており、それを使うことになっています。即ち当日は、副音声を同時通訳のシステムにより客席の各人のレシーバに電波で送ることになっているのです。3.字幕(要約筆記)現在のところ、まだ聴覚障害者用の字幕が用意されている映画は非常に少ないのですが、今回の「こんばんは」のフィルムには、あらかじめちゃんと聴覚障害者用の字幕がついており、視覚に障害をおもちのみなさまに映画を楽しんでもらえるようになっております。4.磁気ループ補聴器は、聴力が衰えて聞き取りづらくなった音を増幅して聞き取りやすくする器具です。補聴器を使用すれば日常生活に差し支えはあまりはないと思われがちですが、周囲の全部の音を均等に大きくするため、聞きたい音が雑音で聴き取りにくいことがあります。また、補聴器の聴こえ方は環境に大きく左右され、会場の広さや天井の高さや壁の素材、音声の反響等の影響で、全く補聴器としての機能を発揮できない場合もあります。

[磁気ループ概念図。]

「磁気ループ」とは、難聴者の方がお持ちの補聴器に、音声信号を送出することができる方式です。磁気ループ方式は、個人の耳の特性に合わせ調整された補聴器を使用するため、安心して聴き取ってもらうことができます。また、一般に使用されている補聴器を利用することができ、中途失聴者協会も普及を推進されている方式です。世界で市販されているポケット形補聴器・耳掛け形補聴器の約7割に、磁気誘導ループからの音声を受信できる機能があります。この機能を利用によって、会場で映画の音声のみを明瞭に聞くことができるのです。また当日は、視覚に障害をお持ちで、かつ難聴の方向けに、「副音声」の音声を「磁気ループ」を通して流すことも予定されています。

映画 こんばんは バリアフリー上映会映画「こんばんは」は、夜間中学のドキュメンタリー映画です。「こんばんは」で始まる学校夜間中学は、戦後まもないころ、家の手伝いをしたり、働きに出されたりして昼間の学校に通 えなかった子どもたちのために開設されました。当時は学齢の生徒がほとんどでしたが、 現在は様々な事情で「教育」を受けられなかった人々(義務教育を終えられなかった人、十分に勉強ができなかった人、日本語を学びたい人たちなど)が、年齢・国籍に関係なく学んでいます。  内容映画の舞台は東京都墨田区立文花中学校の夜間学級。山田洋次監督の映画『学校』のモデルの一人でもある見城慶和先生らが教壇に立っている。そこには様々な理由で『普通に学ぶ機会』を得られなかった人々が年齢・国籍に関係なく学んでいる。異年齢間の交流、教師と生徒の温かい人間関係、そして受験競争のための勉学ではなく、生きるために学ぶ真摯な姿。不思議なやさしさと温かさに包まれた、今まで出会ったことのないような学校があった。

メモ

夜間中学は今まで映画やテレビで描かれてきました。しかし今回の映画は夜間中学に学び、卒業した人達と共に作られた映画です。作り手の勝手な思いや番組製作のためだけに学校を利用するのではなく、カメラが入ることが、学校にとっても、学ぶ人達にとってもプラスになる映画作りを基本におきました。撮影前に1年近く教室に同席して生徒、先生方と交流を重ね、理解と支持を得てからカメラを教室に持ち込みました。約一年半の撮影で二百数十時間の映像を記録し、映画『こんばんは』が生まれました。ナレーション 倍賞 千恵子映画に参加してくださった方々 墨田区立文花中学校 夜間学級の生徒・教職員の皆さん音楽監督 小六 禮次郎監督 森 康行メッセージ 映画『こんばんは』 監督 森 康行不登校生徒が13万人を越え、教育の危機学校崩壊が叫ばれる中で教育の原点をもう一度見つめ直そうというところから夜間中学の映画『こんばんは』の制作が始りました。夜間中学にはさまざまな理由で義務教育を受けることが出来なかった人達がきています。年齢も15歳から91歳までさまざまです。そこでは効率優先や競争主義の教育は行われていません。一人一人が必要とする勉強がそれぞれに合った方法で行われています。その中で生徒達は今まで読み書きが出来なかったり、学校に行くことが出来なかった苦難から解放され、生きる希望と自信を身につけて行きます。ここには「教えるとは希望を語こと 学ぶとは誠実を胸にきざむこと」という教育の原点が確実に息づいています。閉塞し、荒廃が進む現代の中で、教師や親、生徒はもちろんのこと多くの人に観て戴きたいと思っています。

 見城慶和

私は夜間学校教師生活42年間の中で、多くの人たちと出会ってきました。どの人も学ぶべき時に学べなかった重いドラマを抱えています。夜間中学の教室には、わが国の過去の過った歴史の被害者たち、現在の歪んだ社会や競争原理に支配された学校で痛めつけられた人たちなどが、「時代の生き証人」として座っているのです。そうした人たちの傷の痛みをすこしでも癒し、それぞれが自立してこの日本の社会で生きていくのに必要な基礎学力や知識をつけていくのが夜間中学の仕事です。「学びと何か、学校はどうあるべきか」という問いかけへの確かな答えが、ここには息づいています。 夜間中学にいると、170万人を超えるといわれている義務教育未修了者たちのうめき声が聞こえてきます。いま全国夜間中学校研究会では、こうした人たちの学びを保障するために日本弁護士連合会に人権救済の申し立てを行い、国に対して公立夜間中学の増設を強く求めています。21世紀の初頭にこのドキュメンタリー映画『こんばんは』を世に問う意義は、はかり知れなく大きいものがあると確信しています。

いまここでひと安心 いまここにひかりあり 私たちの学校は「こんばんは」から始まります いまここでひと安心 いまここにひかりあり 森 康行監督作品 文部科学省選定 東京都知事推奨 第1回文化庁映画賞文化記録映画大賞 キネマ旬報ベストテン文化映画1位 毎日映画コンクール記録文化映画賞(長編部門) 日本映画ペンクラブ賞日本映画ノン・シアトリカル部門第1位 第9回平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞 制作:イメージサテライト 配給:「こんばんは」上映事務局・ポレポレ東中野 2003年/日本/16mm/カラー/92分 http://konbanwa.web.infoseek.co.jp  ナレーション     倍賞千恵子 芸術文化振興基金 助成事業作品

以上です。みなさま ぜひぜひ おこしください。みなさまの おこしを おまちしています。

_ Rubyで構築された島根県ホームページが総務大臣賞

プロジェクト23メーリングリストで話題です。Rubyで構築された島根県ホームページが総務大臣賞を受賞されました。「アックゼロヨン・アワード2006」で、島根県ホームページが総務大臣賞を受賞したそうです。その情報がふるさと島根定住財団さんの「地域づくり支援」で案内されています。島根県ふるさと島根定住財団http://www.teiju.or.jp/local/?20061102_1ですが、「アックゼロヨン・アワード2006」入賞サイトhttp://www.acc04.jp/news/archives/2award_info/20061026.htmlです。また、としまる日記(2006-04-06)島根県のホームページ リニュアルされましたという内容でブログの日記を書きました。http://blog.project-ui.com/tosimaru/20060406.htmlこの4月に島根県のホームページがリニュアルされました。http://www.pref.shimane.lg.jp/です。色をかえられたり、フォントサイズをかえられたりもできます。音声でも聞けます。皆様 音声も聞いてみてください。私達 視覚障害者 全盲の方が パソコン機器を利用していますが、 その音声とおなじです。 私達はもっと早いスピードで聞いていますがぜひみなさま 視覚障害をお持ちの方が パソコンを利用してどんな音声でホームページを読んでおられるか 音声も聞いてみてください。 情報のユニバーサルデザイン 情報のアクセシビリティも 一緒に考えていただけたら 嬉しいです。ほんの少しの 思いやりや配慮から すばらしい発展に繋がってゆくのではないでしょうか?目の不自由な方が使いやすく 操作しやすい製品は 高齢者のかた お年寄りの方にも 操作もしやすく 解りやすく 使いやすいい製品です。だれもが使える物つくり!ホームページや ブログの日記なども 同じ考えだと思います。パソコンのソフトにしてもそうです。作る側の、思いやりや 考え方や 配慮で 心のこもっただれもがつかえやすい製品が完成し、広く普及し 広がってゆくのではないでしょうか! 私はそう思います。


2010-11-03 バリアフリー版映画「ローマの休日」完成

_ バリアフリー版映画「ローマの休日」完成

 NPO法人「バリアフリー・シネマ&ライフ・ネットワーク」(中嶋春喜理事長、松江市)が制作した映画の不朽の名作「ローマの休日」のバリアフリー化版が完成しました。詳しくは山陰中央新報の記事を見てください。

山陰中央新報 - バリアフリー版映画「ローマの休日」完成 http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=522755004です。

また、10月21日に書いたブログの日記もご参考にしてください。

としまる日記(2010-10-21) http://blog.project-ui.com/tosimaru/20101021.htmlです。第13回 出雲市福祉芸術文化祭 「はあとピアいずも」が11月6日7日に開催されます開催の事を書いています。また、出雲市福祉芸術文化祭 「はあとピアいずも」の事務局から当日上映されるバリアフリー映画 ローマの休日の資料をいただきましたので、しまね協働実践事業:「ローマの休日」バリアフリー化プロジェクト 県民が創る心のバリアフリーをご紹介しています。

私達、島根ハーネスの会は 11月6日、午後3時頃から約1時間30分ですがブースを設けて盲導犬の普及啓発活動を行います。島根ハーネスの会ホームページはhttp://www.shimane-harness.jp/です。島根ハーネスの会 盲導犬普及啓発活動ブースに参加して、 県内から4等ちかく盲導犬も集まります。普及啓発活動が終わってから、ローマの休日 バリアフリー上映会も開催されますので、 映画の上映会もとても楽し見にしています。


2011-11-03 2011年度 松江市観光バリアフリーモニターツアー 本日11月3日〜5日開催

_ 島根県 : 思いやり駐車場 思いやり駐車場制度(島根県身体障がい等用駐車場利用証制度)

島根県野ホームページを見ています。【障がい福祉課】 トップ > くらし > 福祉 > 障がい者福祉 > バリアフリー > 思いやり駐車場 > 思いやり駐車場

思いやり駐車場制度(島根県身体障がい等用駐車場利用証制度)

 平成12年4月に「島根県ひとにやさしいまちづくり条例」が施行され、病院、物品販売を営む店舗や宿泊施設などの公共的施設において、身体障がい者等用駐車場の整備が進み、身障者マーク(国際シンボルマーク)がある駐車場を目にするようになりました。 この身体障がい者等用駐車場は、身体に障がいのある方が、施設を利用しやすいよう、施設に近いところにあり、スペースも広くつくられています。(車いす使用者の方が、車から乗り降りされる時には、ドアを全開にできるスペースが必要です。) しかし、障がいのある方からは、障がいのない方が身体障がい者等用駐車場に車をとめているため、とめられないという多くの声を聞きます。 そこで、県では、平成20年12月3日から、本当に身体障がい者等用駐車場を必要とする人に県内に共通する利用証を交付することで、駐車場を利用できる人を明らかにし、駐車スペースを確保する「身体障がい者等用駐車場利用証制度(愛称:思いやり駐車場制度)」を、実施することとしました。

思いやり駐車場制度の申請について利用できる方身体に障がいがある方で歩行困難な方 知的障がい者(療育手帳の障がいの程度欄が「A」)で歩行が困難な方 精神障がい者(精神保健福祉手帳の障がいの程度欄が「1級」)で歩行が困難な方 一時的な疾病(骨折や病気など)により歩行が困難な方 妊産婦(妊娠7ヶ月から産後1年間) 高齢者(要介護度1以上認定対象者)で歩行が困難な方 難病患者で歩行が困難な方

  詳しくは、「島根県思いやり駐車場制度交付対象者(ワードファイルPDFファイルが用意してあります。

下記の島根県野ホームページからご覧ください。

申請方法について 直接受付窓口で申請するか、郵送でも申請できます。 (様式については、別添交付申請書様式をご利用ください。)


 申請に必要なもの  ・島根県身体障がい者等用駐車場利用証交付申請書(様式第1号) WORDファイルPDFファイルが用意されています。下記の島根県野ホームページから直接ご覧ください。

  ・添付書類(次のうち、いずれかひとつ)

    身体障がい者の方:身体障害者手帳(氏名、障害名と等級、住所が確認できる部分)の写し     知的障がい者の方:療育手帳(氏名、障害名と等級、住所が確認できる部分)の写し

      精神障がい者の方:精神保健福祉手帳(氏名、障害名と等級、住所が確認できる部分)の写し
      難病患者の方:特定疾患医療受給者証の写し
      高齢者:介護保険被保険者証(氏名、住所、要介護状態区分等、認定の有効期間が確認できる部分)の写し 
      傷病(けが・病気)で歩行困難な方:診断書の写し 
      妊産婦の方:母子手帳(氏名、住所、分娩予定日が確認できる部分)の写し 

  ・郵送による申請の場合は、140円分の切手を貼った返信用封筒(A4サイズ)に、住所と氏名を記載して同封してください。

 受付窓口

県庁障がい福祉課 ※県庁東庁舎1階(センチュリービルの向かい側、白い4階建てのビルです)

    TEL(0852)22?6526 

   ※受付時間:月曜日?金曜日(祝祭日を除く)の8:30?17:15まで   ※即日交付    ※手数料無料郵送先   郵便番号:690?8501   島根県松江市殿町1番地 島根県健康福祉部障がい福祉課計画推進グループ


利用者本人による申請を原則としますが、同居の家族の方であれば代理申請をすることができます。代理人が申請される場合は、代理人の方の身分証明書もご持参ください。

利用証をご利用いただける施設なども下記のホームページから詳しく見ることができます。

また、島根、鳥取、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知の中四国9県では、利用者の利便を図るために、相互利用に関して合意しておられます。これにより、9県それぞれで交付された利用証は、9県の協力施設いずれでも利用できるそうです。利用できる施設については、直接各県のホームページなどでご確認が必要です。

【鳥取県】 ハートフル駐車場利用証制度
【岡山県】 ほっとパーキングおかやま駐車場利用証制度
【広島県】 広島県思いやり駐車場利用証交付制度
【山口県】 やまぐち障害者等専用駐車場利用証制度 
【徳島県】 徳島県身体障害者等用駐車場利用証制度
【香川県】  かがわ思いやり駐車場制度
【愛媛県】 愛媛県パーキングパーミット制度
【高知県】 こうちあったかパーキング制度

詳しい内容は、下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。また、インターネットのホームページの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されたりします。

島根県 : 思いやり駐車場 http://www.pref.shimane.lg.jp/life/fukushi/syougai/barrier_free/parking/parking.htmlです。

 利用証を使用できる施設一覧島根県 : 施設一覧 http://www.pref.shimane.lg.jp/life/fukushi/syougai/barrier_free/parking/shisetu.htmlです。

島根県のホームページ、閲覧支援機能のご紹介。島根県のホームページには、トップメニューに「よみあげ」・「ふりがなをつける」・「ふりがなをけす」・「おおきく」・「ちいさく」・「いろをかえる」などの設定など用意されています。最初の(よみあげ)というメニューでエンターキーを押すと、島根県のホームページの内容を音声で聞くことができます。また、文章に 「ふりがな」を付けたり消したりすることもできます。島根県のホームページには、閲覧支援機能の設定が準備されていて、アクセシビリティに配慮した島根県オリジナルの閲覧支援を提供しておられます。閲覧者が特別なソフトをダウンロードしなくても、ホームページ上のボタンをクリックまたはエンターキーを押すことにより、ホームページの「音声読み上げ」や「ふりがな表示」、「文字拡大」や「色変更」など簡単な操作で行えます。

詳しくは、島根県 : 閲覧支援機能の設定のページをご覧ください。 http://www.pref.shimane.lg.jp/config.html?url=http%3A%2F%2Fwww.pref.shimane.lg.jp%2Fac.htmlです。

_ 島根ハーネスの会秋の交流会

島根県に現在12頭の盲導犬が活動しています。盲導犬ユーザーとご家族の皆様、ボランティアの皆様と出、島根ハーネスの会を設立し今年で11年目になります。

毎年1回、1泊2日で交流会を行っています。 今年は11月5日6日で大田市で開催します。島根県は横に長く、大田市はちょうど島根県野真ん中にあたるところですね。会員のみなさんにお会いできる事含めてすごく楽し見にしています。観光もする予定ですので、 天気が少し気になりますが雨にならないこと願っています。

_ 2011年度 松江市観光バリアフリーモニターツアー 本日11月3日〜5日開催

天気の良い松江市です。 このまま良い天気が続いてほしいですね。

以前松江市観光バリアフリーモニターツアー参加者募集のお知らせをブログで書きました。また、全国のメーリングリストなどでも情報提供しました。全国から沢山の皆様のご応募をいただき、審査により9名のかたが松江市に来られます。

松江市では2008年度から『松江市観光バリアフリーモニターツアー』を開催しています。参加いただいた方々からいただいた意見やご提案を今後の松江観光に活かしていくという趣旨で開催され今年で4回目となりました。

これまで、2008年度、視覚障がい者対象のモニターツアーを実施。2009年度は、車いす使用者対象。2010年度は、聴覚障がい者・知的障がい者対象としてそれぞれ実施してきました。本年度(2011年度)は、視覚障がい者・車いす使用者・聴覚障がい者の方9名のかたを募集されました。

  1. 2日目の4日の行程は松江バリアフリーツアーセンターと相談しながら行程を決める、フリープランです。

フリープラン!(参加者の皆さんのご希望に合わせた個別のプランづくりをします)フリープランも楽しそうですね。みなさまどちらを観光されるのでしょううか!

松江市では高齢者や障がい者をはじめとするすべての人が安全に、安心して、差別なく、快適に過ごすことのできる国際文化観光都市・松江を目指し、「松江市ひとにやさしいまちづくり条例」を制定しました。「国際文化観光都市・松江のおもてなし」が基本方針の一つであり、松江を訪れるすべての人が快適に過ごすことができるよう、観光バリアフリーの取り組みをしていきます。本年度は、身体障がい者(視覚障がい者、肢体不自由者(車いす使用者)、聴覚障がい者)の方を対象にモニターツアーを行い、皆さんからいただいた意見や提案を今後の松江市観光に活かしていきます!ご参加の皆様 ぜひご意見やご要望をお願いいたします。今日午後1時30分から 松江市バリアフリーモニタツアーがスタートします。

<参考:コース> ※1日目と、3日目のスケジュールは変更する可能性がございます。ご了承下さい。●1日目:JR松江駅(松江テルサ4階 研修室1 集合、ガイダンス) ? 松江城(城内、周辺を散策) - 堀川遊覧(乗船体験) ? 松江しんじ湖温泉●2日目:<宿泊先からフリープラン> ※プラン例:一畑電車乗車 ? フォーゲルパーク(パーク内を散策)?カラコロ工房(和菓子作り大権)? 玉造温泉●3日目:玉造温泉 - いずもまがたまの里伝承館(勾玉作り体験) ? 意見交換 ? JR松江駅(見送り)?●旅行代金等についてツアー中の旅行代金:無料 ※ツアー行程内の交通費、宿泊費、朝食代、夕食代、施設入館料、サポート費用は旅行代金に含まれています。※ご自宅から集合場所までの交通費及び、解散場所からご自宅までの交通費、ツアー行程に含まれていない飲食、及び昼食代は、各自ご負担願います。※同伴者(介助者)が参加される場合の、同伴者の費用は全額ご負担いただきます。

松江市バリアフリーモニタツアーご参加のみなさま 2泊3日のツアーしっかり楽しんでくださいね。良かった事、記になった事どんな意見でもかまいません ご意見など宜しくお願いいたします。


2012-11-03 ! 八重垣神社無料ガイド

_ 松江武者行列 参加者募集! 松江武者行列 2013年4月6日開催!

「松江開府の祖」堀尾吉晴公一行が松江城に入城した様子を再現する松江武者行列が、来年2013年(平成25年)4月6日に行なわれます。

ただいま参加いただける一般の方、お子さまを募集しております。下記要領をお読みの上、ふるってご応募ください。

1.募集する役柄等(グループ別、カッコ内は予定人数)

 Aグループ 堀尾吉晴(1)、奥方(1)、姫(2) (堀尾吉晴・奥方役は70歳まで、姫役は30歳まで)

 Bグループ 騎馬武者(5)、大将(6)、法螺貝(ほらがい)武者(6)、銅鑼(どら)武者(4)、笛武者(8)、侍女(24)

 Cグループ 母衣(ほろ)武者(17)、雑賀衆(鉄砲隊)(17)、弓隊(17)、槍隊(17)、女武者(17)吹流し持ち(15)

 Dグループ 子供法螺貝(ほらがい)武者(2)、子供笛武者(2)、子供武者(15) (Dグループの役柄はすべて、小学校4年生から6年生が対象)

 Iグループ 行列スタッフ(行列の運行補助)

 Jグループ 行列スタッフを除き、第1希望・第2希望以外の役柄でも参加を希望する。

 Kグループ 第1希望・第2希望以外の役柄、若しくは行列スタッフを問わず参加を希望する。

2.応募資格 中学生以上の男女。 (ただしDグループのみ、小学4年生から6年生の男女。) 年齢制限のある役柄はいずれも、平成25年4月2日時点。

3.開催日 2013年(平成25年)4月6日 土曜日

4.申し込み方法●はがきでお申し込みの場合 必須事項として、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、希望の役柄、 また任意に、FAX番号、メールアドレスをお書きの上、次の宛先までお送りください。

 宛先  〒690-0888 島根県松江市北堀町35-14   プロジェクトゆうあい内 松江武者行列実行委員会宛

●FAXでお申し込みの場合 下記の申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、0852-28-1116までご送信ください。 武者行列参加申込書(PDF形式、12KB) http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/img/sheet.pdfです。

5.申し込み締切 2012年(平成24年)12月14日 金曜日

6.お申し込みにあたり(注意点)・複数回の申し込みは受け付けられません。最初の申し込みを優先いたします。

・応募時には第1希望から第3希望まで記入してください。

・Aグループは選考会対象の役柄です。この役柄を希望する場合は、第1希望のみ記入してください。ただし、Aグループで選考に漏れても、役柄を問わず参加を希望する方は、第2希望に「Jグループ」と記入してください。

・Aグループ、Dグループには年齢制限があります(いずれも平成25年4月2日時点での年齢です)。

・Bグループ、Cグループの役柄を選ぶ場合、同じグループ内から2つ以上の役柄を選ぶことはできません。

・Dグループは第1希望のみ記入してください。

7.選考等のお知らせ事項

・Aグループは選考会で決定します。その他の役柄は、抽選で決定します。

・開催日当日までに数回の練習会を開催します。

・選考会の日時、抽選結果、練習日程は、12月末頃に通知します。

・演出の都合により、応募の役柄や人数を変更することもありますので、ご了承ください。

・衣装は、参加者の持ち込みは不可とし、松江市で準備したものを着用して頂きます。

8.お問い合わせ先 武者行列の参加に関するお問い合わせは、次のいずれかまでお願いいたします。

●社団法人 松江観光協会 〒690-0874 島根県松江市中原町19番地 電話 0852-27-5843

●特定非営利活動法人 プロジェクトゆうあい(担当:川瀬、鈴木) 〒690-0888 島根県松江市北堀町35-14 電話 0852-32-8645 FAX 0852-28-1116

皆様のお申し込みをお待ちしています。としまるでした

_ 「レイクラインに乗って 松江城下めぐり」 着物姿の「ちどり娘」がご案内!

2012年4月1日より、レイクラインまちあるきガイドがスタートしました。レイクラインに乗って 松江城下めぐり」着物姿の「ちどり娘」がご案内するガイドツアーがスタートしました。

レトロ風のバス「レイクライン」に乗って、松江城下町を楽しくご案内いたします。

●期間 平成24年4月1日〜平成25年3月31日 (予約制:前日まで) ※催行決定日で空きがあれば当日受付可 集合・出発地など、コース、コースは4つ用意されていますが、料金など含めまして詳しい内容はホームページからご確認ください。pdfファイルの ちどり娘です♪ チラシが用意されています。

●申し込み先  松江ツーリズム研究会(ぶらっと松江観光案内所)  電話(0852)−23−5470【8:30〜17:30】 詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

新着情報 松江ツーリズム|松江城|小泉八雲記念館|武家屋敷|ぶらっと松江観光案内所 http://www.matsue-tourism.or.jp/cgi-bin/rus7/new/view.cgi?d=44です。としまるでした

_ 八重垣神社無料ガイド

縁結びを願う人々が訪れる八重垣神社。八重垣神社を着物姿の縁結び娘さんが無料でガイドしてくださります。

期間 平成24年1月6日〜平成25年3月31日の毎日※12月30日〜1月5日は除く。

時間 【午前】10時〜 11時〜【午後】13時〜 14時〜 15時〜※各約30分

料金 無料

集合場所 八重垣神社宝物館前(予約不要)

お問い合わせ 松江ツーリズム研究会 TEL0852-23-5481 詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

松江ツーリズム | 八重垣神社定時ガイド http://www.matsue-tourism.or.jp/enmusubimusume/index.htmlです。としまるでした


2013-11-03 書いて話して、手書きでチャット、新感覚コミュニケーションの発話支援ツール「スピーチサポートDS」が、ニンテンドーDSiウェアとして好評リリース中です。

_ 島根県 : 島根県観光キャラクター「しまねっこ」に年賀状を送ってにゃ!

島根県の観光キャラクター「しまねっこ」ちゃんに年賀状を送ろう!※しまねっこちゃんからのお年玉プレゼントも有るそうです。 ワクワク 私も年賀状書こうっと

※年賀状送付に関するお願い。しまねっこからのお返事。年賀状の送り先など注意事項。注意点など書かれています。※・しまねっこがお返事を書けるように年賀状は12月25日までに投函してくださいとのこと!関連情報:しまねっこの年賀状でしまねをPRしよう! オリジナルしまねっこ年賀状デザインをダウンロードできるそうです。詳しい内容は、下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。インターネットのホームページの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されたりします。

島根県 : 島根県観光キャラクター「しまねっこ」に年賀状を送ってにゃ! http://www.pref.shimane.lg.jp/kanko/shimanekkonenngajou.htmlです。としまるでした

_ 島根県 : 県内宿泊施設空き状況について(11月1日とりまとめ)

ご縁の国しまね宿泊空室情報 (島根県観光振興課ホームページ内)

島根県では、観光客の皆様から、空室のある宿泊施設の情報提供要望をお受けされ、県内に一人でも多くの観光客の皆様に宿泊いただくため、情報提供のページを作られました。宿泊の希望が多いと想定される日の宿泊施設空室情報(出雲大社からおおむね2時間以内)を提供開始しておられます。宿泊の際のご参考としてください。

下記注意事項 ※空室状況は随時変動しております。満室の際はご了承ください。 ※当課では宿泊施設のあっせんはしておりませんので、ご予約等はご自身で行ってください。 ※空室情報は出雲大社から該当施設までの所要時間順に掲載しています。詳しい内容は、下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。インターネットのホームページの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されたりします。

島根県 : 県内宿泊施設空き状況について(11月1日とりまとめ) http://www.pref.shimane.lg.jp/kanko/shukuhaku.htmlです。としまるでした

_ 書いて話して、手書きでチャット、新感覚コミュニケーションの発話支援ツール「スピーチサポートDS」が、ニンテンドーDSiウェアとして好評リリース中です。

手書き文字入力、五十音入力、携帯電話入力という3つの方法のいずれかで文章をつくると、DSiの声で読み上げることができます。予測変換もあるので、スイスイ入力。声の出せない方、聴覚障がいの方などのコミュニケーションに役立つ便利ソフトです。離れていても書いて会話することができ、1人から最高4人同時で会話が可能です。スクリーンに文字や絵を描くと、同じソフトの入った別のDSiに、その文字や絵がリアルタイムで見えてきます。携帯電話のチャットにはない、新感覚レスポンスの会話を体験していただけます。

「スピーチサポートDS」は、DSiショップで500ポイントで購入いただけます。またプロジェクトゆうあいでは、本体含め10日間の無料体験貸し出しを行なっております。使用例や操作方法の解説、試用申し込みなど、詳しくは次のサイトをご参照ください。スピーチサポートDS 製品ページへ http://www.pjui.com/ssds/

です。

パソコン版「スピーチサポート」もございます。スピーチサポート http://www.pjui.com/speechsupport/です。ご興味ある方、この機会にぜひお試しになってみてください!としまるでした


2014-11-03 「ウェブアクセシビリティセミナー2014」を開催します。 松江市

_ 横浜町のお祭りにて、かりゆしライブ

昨日11月2日は松江市の横浜超のお祭りにかりゆしバンドご招待いただき楽しくライブをさせていただきましたが、午後12時〜1時のライブでした。11時30分ごろから雨雲が近づいてきてだんだん暗くなり雨が降り出しましたがテントの周りもビニールシートで覆っていただき、ライブをしました。途中から雨があがりとっても幸せ気分なライブでしたね。みなさんから沢山の拍手をいただき有り難うございました。

来年もお邪魔します。横浜町のお祭り、かりゆしライブの写真を2枚のせますね。としまるでしたimageimage

_ しまね障がい者フォーラム 【社会の壁に関するアンケート】

8月18日に、しまね障がい者フォーラムのキックオフイベントが開催され参加しました。島根県では9月からアンケート調査が始まっています。 島根県内の障がい者の多くのかたからアンケートをいただければとのことです。いちばん最後に ファックス番号を書いています。島根県身体障がい者連合会のファックス番号です。 そちらにファックス。そちらがアンケート送付先になります。締め切りは11月末です。

しまね障がい者フォーラム 【社会の壁に関するアンケート】このたび、しまね障がい者フォーラムでは今後、障がいのある人 が、自らの選択によりできるだけ身近な地域で自立した生活を営み、地域住民と共に支え合う共生社会の実現に向けた取り組みの一環として、「社会の壁に関するアンケート」を実施することといたしました。

 今後、アンケートでお寄せいただいた声をまとめて発信していきたいと考えています。
 アンケート用紙は、島根県身体障害者団体連合会のホームページからダウンロー

ドできます。

しまね障がい者フォーラム(フェイスブック) https://www.facebook.com/minnanosdf

【社会の壁に関するアンケート】島根県身体障害者団体連合会ホームページhttp://www.shimashinren.jpから「『社会の壁』に関するアンケート」の実施 http://www.shimashinren.jp/cgi-bin/rus7/new/view.cgi?d=137上記の中にあります。直接は、アンケート用紙 http://www.shimashinren.jp/cgi-bin/rus7/new/data/attach/att-00137-1.pdfです。

アンケート用紙のPDFファイルをみると ファックスで送信です。島根県身体障害者団体連合会行き(Fax 0852-32-5982) です。としまるでした

_ 「ウェブアクセシビリティセミナー2014」を開催します。 松江市

平成22年8月に、ウェブアクセシビリティに関するJISが改定されたこともあり、近年、ウェブアクセシビリティに対する注目度が高まっています。視覚障がい者をはじめ、さまざまな障がい者に配慮されたウェブ制作・運用が求められています。このような中、平成24年度に、プロジェクトゆうあい主催による「ウェブアクセシビリティ向上セミナー in しまね」が県内ではじめて開催され、続けて25年度にも同様のセミナー開催しています。平成26年度も引き続き、島根県内のWeb制作に携わる多くの方に向け、アクセシビリティセミナーを11月12日(水曜日)に開催いたします。

今回のセミナーは、実際に運用されているサイトを事例として紹介しながら、ウェブアクセシビリティ総論から応用まで、幅広い内容を考えております。またTM21の開発した、「ウェブアクセシビリティ」基準のホームページの更新・管理が簡単にできるCMS「スサノオ神話」のご紹介もいたします。

日時  11月12日(水曜日)13時から16時定員  30人対象者 自治体・企業のWeb担当者、一般Web製作者など場所  松江オープンソースラボ(松江テルサ隣り、ローソン2階)講師  NPO法人プロジェクトゆうあい 早瀬耕平、渡辺栄子(視覚障がい者)受講料 無料

主催  特定非営利活動法人・プロジェクトゆうあい後援  一般社団法人・島根県情報産業協会、島根県障がい福祉課

プログラム 13時00分から13時30分 はじめに/セミナー開催の挨拶 13時30分から14時30分 ウェブアクセシビリティとは(総論・応用) 14時30分から15時00分 視覚障がい者によるPC利用の実演 15時00分から16時00分 グループワーキング             (診断した自治体ホームページをもとに意見交換)

受講料  無料申込締切 11月10日(月曜日)

参加ご希望の方は、次のPDFを印刷いただき、必要事項をご記入の上、FAXでお送りください。ご案内のPDFリンクご案内のPDFリンク http://www.project-ui.com/DL/accessibilityseminar2014.pdfです。

お問合せ NPO法人プロジェクトゆうあい(担当:早瀬・渡部)     〒690-0888 島根県松江市北堀町35-14     電話 0852-32-8645 FAX 0852-28-1116詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

「ウェブアクセシビリティセミナー2014」のお知らせ-ゆうあいの日々 http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/421です。としまるでした


2015-11-03 徳光&木佐の知りたいニッポン!〜身体に障がいのある方のパートナー〜ほじょ犬との接し方 政府インターネットテレビ

_ まちづくりのレシピ プロジェクトゆうあいが本に掲載されました。

2010年度からこれまで5回開催された「地域再生大賞」の実行委員会が共同通信社から本を発行されました。地域再生大賞とは、共同通信社と全国の地方新聞社が創設した地域活性化に取り組む団体を表彰するものです。プロジェクトゆうあいは2013年度に全国地域再生大勝の中国四国地方ブロック賞を受賞しました。その取り組みが、以下の本の中で1ページ紹介されています。

書名まちづくりのレシピ地域再生大賞から著者地域再生大賞実行委員会監修共同通信社 発行詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

「まちづくりのレシピ―地域再生大賞から」を発刊 - ちょっとだけ47行政ジャーナル - 47NEWS(よんななニュース)http://www.47news.jp/47gj/furusato/2015/07/post-1121.htmlです。としまるでした

_ 足立美術館12年連続日本一 日本庭園ランキング

米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」が発表した2014年の日本庭園ランキングで、安来市古川町の足立美術館が12年連続で日本一 日本庭園ランキングに選ばれました。

足立美術館|ADACHI MUSEUM OF ARTホームページは https://www.adachi-museum.or.jp/です。としまるでした

_ 徳光&木佐の知りたいニッポン!〜身体に障がいのある方のパートナー〜ほじょ犬との接し方 政府インターネットテレビ

政府インターネットテレビに徳光&木佐の知りたいニッポン!〜身体に障がいのある方のパートナー〜ほじょ犬との接し方が有ります。身体障がい者補助犬の役割と身体障がい者補助犬法などのことが動画で詳しく解ります。下記のページアドレスから動画を直接見ることができます。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

徳光&木佐の知りたいニッポン!?身体に障がいのある方のパートナー?ほじょ犬との接し方 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg6301.htmlです。としまるでした


2016-11-03 アルミの空き缶で作られた奇麗な(かざぐるま)

_ 城北公民館モーニングブックカフェ 11月11日(金)開催

毎月城北公民館でモーニングブックカフェを開催しています。本を読みながら、コーヒーを飲むコーヒーを飲みながら、本を読むゆったりとしたひとときを楽しんでください公民館長さんお手製の自家焙煎コーヒー、吉田町のたまごを使ったゆでたまご、パンエブールのパンのセット(250円)とともに読書をお楽しみください。

  11月の特集は「趣味ホビー〜文化の秋〜」です。

第49回 城北公民館 モーニングブックカフェ開催日:11月11日(金)  開催時間:9時〜11時30分。場所:城北公民館(松江市北堀町43、電話 0852-26-4437)城北公民館西どなりにあるNPO法人プロジェクトゆうあいから、多数の古書が、この日にあわせて持ち込まれます。コーヒーを飲みながら、読書を楽しんでください。  気にいった本は、1冊100円で購入していただけます。みなさまのお越しをお待ちしています

○お知らせ※下記、1冊100円の古本棚設置箇所です。松江市のスーパー みしまや10店舗、松江市のスーパーまるごう 古志原店、松江駅前、松江テルサ内福祉ショップ天神、松江生協病院5階喫茶ひまわり、松江宍道湖温泉駅待合室に設置しております。代金は棚の隣にあるコインボックスに入れていただく仕組みです。どうぞ皆様ご利用ください。

※引き続き、ご家庭で不要になった本のご寄付をお待ちしております(成人向けの本など、一部お引き受けできない場合もございます)。プロジェクトゆうあい(松江市北堀町35)、または曽田篤一郎文庫ギャラリー(松江市雑賀町286)までお持ちください!本が重く運べない場合は、お電話をいただければ自宅に回収に伺います。tel 0852-32-8645  fax 0852-28-1116です。どうぞご理解いただき、応援宜しくお願いいたします。としまるでした

_ 松江ゴーストツアー

闇夜……小泉八雲〈ラフカディオ・ハーン〉が再話した 「怪談」ゆかりの地を訪ねて。小泉八雲の再話した松江の怪談を体感してみましょう。松江の夜の魅力を再発見できます。闇をみつめることは自らの五感力を磨くことにもなり、灯りの溢れた現代社会に暮らす私たちには、とても新鮮なものになるでしょう。地元の語り部が、静かに思いを込めて、怪談の世界にご案内します。

松江ゴーストツアー:闇夜……小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が再話した「怪談」ゆかりの地を訪ねて | NPO法人松江ツーリズム研究会※)日没時刻10分前出発

集合場所:ぶらっと松江観光案内所※大手前駐車場から50メートル

出発日2016年

 11月5日(土)12日(土)19日(土)
 12月3日(土)
 2017年
 3月11日(土)18日(土)

旅行代金お一人1,700円(税込) ※大人、小人同額申込・お問合せ先、チラシのダウンロードなど、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

松江ゴーストツアー:闇夜……小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が再話した「怪談」ゆかりの地を訪ねて | NPO法人松江ツーリズム研究会 http://www.matsue-tourism.or.jp/ghost-tour/です。コース案内・出発日 | 松江ゴーストツアー:闇夜……小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が再話した「怪談」ゆかりの地を訪ねて | NPO法人松江ツーリズム研究会http://www.matsue-tourism.or.jp/ghost-tour/course/index.htmlです。としまるでした

_ アルミの空き缶で作られた奇麗な(かざぐるま)

近所のお友達のかたから作品を一ついただきました。 (^ヮ^)家に帰って、(かざぐるま)に向かって息を吹きかけるとよく回ります。写真2枚のせました。アルミの空き缶で作られた(かざぐるま)クルクル回っているところアルミの空き缶で作られた(かざぐるま)のアップ写真です。としまるでしたimageimage


2017-11-03 城北公民館モーニングブックカフェ 11月8日(水)開催

_ 「小泉八雲をよむ」感想文・詩の作品募集について

松江市のページを見ています。

平成29年度「小泉八雲をよむ」感想文・詩の作品募集が出ています。小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)作品の読書をすすめ、豊かな心を育てるとともに、国際社会への理解を深めることを目的に、小泉八雲作品を対象とする感想文・詩の募集を行います。

募集期間:平成29年7月20日(木)から平成30年1月9日(火)※必着

平成29年度「小泉八雲をよむ」募集要項要項と応募用紙は下記ページからダウンロードできます。※小泉八雲の本の紹介(松江市市立図書館で借りられます。)※「小泉八雲をよむ」入賞作品集「小泉八雲をよむ」入賞作の作品集が下記のページよりダウンロードできます。(PDF形式)。また、入賞者のかたのお名前も載っています。【募集要項】。対象図書、募集内容、応募方法、賞、表彰式や応募上の注意。お問い合わせ先など、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

松江市:暮らしのガイド:「小泉八雲をよむ」感想文・詩の作品募集http://www1.city.matsue.shimane.jp/bunka/bunka/herun-yomu.htmlです。三輪 利春&アラン

_ 移住希望地域ランキングで島根県が第3位!

ふるさと暮らしを希望する都市住民と全国の地方自治体のマッチングを行う認定NPO法人ふるさと回帰支援センターでは、同センターが運営する「ふるさと暮らし情報センター」の来場者を対象に、ふるさと暮らしに関するアンケートを毎年実施しておられます。

2015年の調査結果です。結果を見ると、島根県は前年の8位から3位にランクアップし、県内全自治体が参加した移住相談会を開催するなど、県・市町村・定住財団の三位一体での移住者受け入れ体制の構築が実を結んだと書かれています。写真ものって詳しく説明されています。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

2015年移住希望地域ランキング公開 | 認定NPO法人 ふるさと回帰支援センターhttp://www.furusatokaiki.net/66028/です。三輪 利春&アラン

_ 城北公民館モーニングブックカフェ 11月8日(水)開催

毎月城北公民館でモーニングブックカフェを開催しています。本を読みながら、コーヒーを飲むコーヒーを飲みながら、本を読むゆったりとしたひとときを楽しんでください公民館長さんお手製の自家焙煎コーヒー、吉田町のたまごを使ったゆでたまご、パンエブールのパンのセット(250円)とともに読書をお楽しみください。

第61回 城北公民館 モーニングブックカフェ開催日:11月8日(水)開催時間:午前9時〜11時30分開催場所:城北公民館(松江市北堀町43電話:0852-26−4437

  11月の特集は「生活・健康」です。城北公民館西どなりにあるNPO法人プロジェクトゆうあいから、多数の古書が、この日にあわせて持ち込まれます。コーヒーを飲みながら、読書を楽しんでください。  気にいった本は、1冊100円で購入していただけます。みなさまのお越しをお待ちしています

○お知らせ※下記、1冊100円の古本棚設置箇所をご紹介します。松江市のスーパー みしまや10店舗、松江市のスーパーまるごう 古志原店、松江駅前テルサ内福祉ショップ天神、松江生協病院5階喫茶ひまわり、松江宍道湖温泉駅待合室に設置しております。代金は棚の隣にあるコインボックスに入れていただく仕組みです。どうぞ皆様ご利用ください。

※引き続き、ご家庭で不要になった本のご寄付をお待ちしております(成人向けの本など、一部お引き受けできない場合もございます)。

プロジェクトゆうあい(松江市北堀町35)、または曽田篤一郎文庫ギャラリー(松江市雑賀町286)までお持ちください!本が重く運べない場合は、お電話をいただければ自宅に回収に伺います。tel 0852-32-8645  fax 0852-28-1116です。どうぞご理解いただき、応援宜しくお願いいたします。三輪 利春&アラン


2018-11-03 古本・バスマップすごろく・パソコン分解・はんこを2018松江市環境フェスティバルに出店! 開催日11月4日(日)

_ 幻の技術を現代に「出雲ブックカバー」

温かみのある色合いに、和風テイストの「出雲ブックカバー」。江戸時代末期の出雲地方で、わずか40年間で途絶えてしまった幻の染織技術「出雲藍板締め(あいいたじめ)」のデザインを用いました。

おたふくやウサギなど、柄も色もさまざま。ひとつひとつ、手づくりで制作しています。ぜひお手にとって、お気に入りを見つけてみてください!

価格 1,200円+税

取扱店【松江市】・てづくり雑貨 ちろり(北堀町327)・チャレンジショップぢげもん(北堀町332)・松江ごころ(北堀町318)・松江歴史館(殿町279)・島根県物産観光館(殿町191)

【出雲市】・古代出雲歴史博物館(大社町杵築東99-4)4つのタイプのブックカバーの画像など、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

幻の技術を現代に「出雲ブックカバー」-ゆうあいの日々http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/735です。三輪 利春&アラン

_ 祝!日本盲導犬協会島根あさひ訓練センター開所10周年!

先日10月26日(金)、日本盲導犬協会島根あさひ訓練センター開所10周年記念式典が浜田市で開催され、参加してきました。島根ハーネスの会から12頭の盲導犬と13名の盲導犬ユーザーが参加しました。現在島根県には13頭の盲導犬がいます。1頭でご夫婦お二人で利用される、(タンデム利用)の方がおられますので、盲導犬使用者は14名になります。

当時を振返ると、島根県に盲導犬訓練センターが建設されるお話をお聞きし、胸をわく尽かせていたことを思い出します。島根県に、島根あさひ社会復帰促進センターが建設され、伴い島根あさひ訓練センターが建設されました。このことは直接島根の福祉でまちづくりに繋がると、その当時思い胸をときめかしていたことを思い出します。

それから10年が過ぎ、まさにそのとおりとなりました。日本初の受刑者が盲導犬候補の子犬を育てる「盲導犬パピープロジェクト」がスタートしパピープロジェクトにより、これまでに12頭の盲導犬が誕生しました。12頭の盲導犬が誕生したのは、島根あさひ訓練センター職員の皆様や、関係するボランティアの皆さまや、島根あさひ社会復帰促進センターの中でパピーウォーカーとして、パピープロジェクトに参加された皆様のご努力の田和ものだと思います。今後、パピープロジェクトがますます発展してゆくと思います。そして、盲導犬も沢山誕生してゆくと思いますし、ますますのご発展を心から願っています。

三輪 利春&アラン

_ 盲導犬パピー育成プログラムって何?

パピーウォーカー:盲導犬候補の子犬は生まれてから2ヶ月〜1歳までを一般のご家庭に預けられます。パピーウォーカー(里親ボランティア)をしていただき、人間と一緒に生活する中で人間との生活やして良い事悪い子となども学んでゆきます。 お別れはつらいです。パピープロジェクトは、平日は「島根あさひ社会復帰促進センターのセンターの中でパピーウォーカーをしていただき、ウィークエンドなどは一般のご家庭でパピーウォーカーをしていただくシステムです。盲導犬パピー育成プログラムは社会復帰促進センターで実施される矯正教育プログラムの一つとして実施されています。盲導犬パピー育成プログラムなどにつきまして、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

盲導犬パピー育成プログラムって何?|島根あさひ訓練センター|日本盲導犬協会 https://www.moudouken.net/center/shimane/puppy-project/about.phpです。三輪 利春&アラン

_ ライトハウスライブラリー 第17回 ら・ら・フェスタ 11月4日(日)開催

明日の11月4日(日)開催です。

目が見えない・見えにくいかたをサポートする  ライトハウスライブラリーが

   年に1回開催するイベント「ら・ら・ふぇすた」
 今年度は、フォークあり、弾き語りあり、マンドリンありのホールイベント多数!
 機器展示では、話題のAI視覚支援デバイスの説明会あり。
 好評のタンデム自転車や盲導犬の体験、点字や音訳体験、野菜販売は今年もあり。

※盲導犬体験は視角障害者の方に限ります。

 最後にはお楽しみの抽選会もあります。多数のご来場お待ちしています。

日時平成30(2018)年 11月4日(日曜) 午前10時から午後3時まで場所会場:松江市総合福祉センター(島根県松江市千鳥町70 チラシや詳細など、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

ライトハウスライブラリー/第17回 ら・ら・フェスタhttp://www.lighthouse-lib.jp/info/lala/2018/lala17th.htmlです。

三輪 利春&アラン

_ 古本・バスマップすごろく・パソコン分解・はんこを2018松江市環境フェスティバルに出店! 開催日11月4日(日)

明日の11月4日(日)開催です。

「みんなで創る環境社会」をテーマに、環境に関心の高い市民、NPO、事業者、行政などが環境問題について楽しみながら学べる場を提供するイベントです。

プロジェクトゆうあいは環境フェスティバルにブースを出します。古本とバスマップすごろくの販売をいたします。巨大バスマップすごろくの体験会もあります。pcエコステーションゆうあいによるパソコン分解体験会を開催いたします。ハンコ屋ゆうあいが、認め印の作成を行います。

第25回 松江市環境フェスティバルみんなで創る環境社会 〜今 アクション 未来のために〜

楽しみながら学べる場を提供します。ぜひお越しください。ご来場の際にはできるだけ公共交通機関をご利用ください。駐車場は混雑が予想されます。係員の誘導に従ってください。ゴミ減量の為エコバックをご持参ください。

入場 無料開催日時 11月4日日曜日 10時から15時会場 くにびきメッセ 島根県松江市学園南1丁目2-1

イベント概要もらっちゃおう!! 素敵なプレゼント盛りだくさん!!お楽しみ抽選会!!スタンプラリー抽選会!!

サイエンスショーステージマジックを中心に日本全国で活動中!!マジシャンYOHEYによるエネルギーサイエンスショーを開催します!!

ステージインフォメーション環境講演会 地球温暖化・環境異変と災害!! 普段は聞けない事を聞こう!!

ブースインフォメーション環境技術活動紹介コーナー 再生可能エネルギー、地球温暖化、水質改善、4R関連、省エネ設備などを紹介します!! 楽しく学んで明日に生かそう!!

体験ものづくりコーナーリサイクルなどのモノづくり体験が出来ます!! 気になった内容を体験しよう!!

飲食・物販コーナー美味しい物や楽しい物を販売します!! お腹も大満足なメニューが大集合!!

主催 松江市・まつえ環境市民会議(2018松江市環境フェスティバル実行委員会)後援 島根県・松江市教育委員会・山陰中央新報社・TSK山陰中央テレビ・BSS山陰放送

お問い合わせ先松江市環境保全部 環境保全課環境企画係 電話 0852-55-5278詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

松江市:暮らしのガイド:松江市環境フェスティバルhttp://www1.city.matsue.shimane.jp/gomi/kankyou/keihatukatudou/festival.htmlです。くにびきメッセ https://m.facebook.com/profile.php?id=152279481510443&refid=52&__tn__=%2As-Rです。三輪 利春&アラン


2019-11-03 市報松江11月号に掲載されました

_ 足立美術館16年連続庭園ランキング日本一!!

安来市の足立美術館が米国の日本庭園専門誌(ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング)2018年の日本庭園ランキングで16年連続で第1位に選ばれました。選ばれることだけでもすごいですが!16年連続ですので、そのすごさを感じています。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

足立美術館|ADACHI MUSEUM OF ARTホームページは https://www.adachi-museum.or.jp/です。

祝!足立美術館の日本庭園が16年連続日本一を達成! | しまね観光ナビ|島根県観光連盟公式サイトhttps://www.kankou-shimane.com/news/7638.htmlです。

三輪 利春&アラン

_ rakuni.net 楽にネット。目の見えない方・見えにくい方のオンラインショッピングをサポート

日本ライトハウスでは目の見えない人・見えにくい人が、アマゾンや楽天でより楽に買い物できるようになるサイトを開発され、一般公開しておられます。利用されると便利です!!

※このサイトは営利目的ではありません。このサイトを通じて商品を購入した際に得られる広告収入は主に開発・維持費に充てており、さらに、広告収入の一割は、目の見えない方・見えにくい方を支援するNPO法人・社会福祉団体への寄付に充てられます。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

rakuni.net 楽にネット。目の見えない方・見えにくい方のオンラインショッピングをサポート http://rakuni.net/です。三輪 利春&アラン

_ 市報松江11月号に掲載されました

市報松江11月号に、プロジェクトゆうあいで働く、白杖を利用する視覚障がい者のかたと、電動車いすを利用するかた、スタッフのかたそれぞれの思いと願いが載っています。また、プロジェクトゆうあいで実施している、バリアフリー研修の様子を映した写真なども掲載されました。写真では受講者が車いすを押す体験をしています。掲載されたコーナーは、市報松江の表紙を開いたところにある「特集」というコーナーです。表紙には、プロジェクトゆうあいが制作した「心のバリアフリーハンドブック」が紹介されました。松江市内にお住いの方はどうぞ松江市広報をご覧ください。また、松江市のホームページから松江市広報の11月号の記事を見ることができます。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

市報松江 2019年 令和元年11月号https://www.city.matsue.shimane.jp/jumin/shisei/kouhou/shihou_matsue/201911/index.htmから、だれもが住みよいまちに〜こころのバリアフリーを広げましょう〜 リンクを開きます。以上です。

三輪 利春&アラン


2020-11-03 名刺・点字入り名刺のご紹介-ゆうあいの日々

_ ネット・市民活動フェスタ2020 松江市で開催中!!

今年は新型コロナウィルス感染症の拡大を防ぐ為、通常の松江市市民活動フェスタの開催は中止とし、それぞれの団体に募集をかけ、ポタちゃんサイトを利用して「ネット・市民活動フェスタ2020」を開催しています。9月5日(土)午前10時から、オープニングセレモニーを開催し、各団体の動画の配信を開始しています。フェスタは12月31日まで開催します。まだまだ参加できますのでふるってご参加下さい。

対象者松江市市民活動センターご利用の市民活動団体の皆様

定員特になし

費用動画を持ち込まれる団体は1000円。撮影をお手伝いします。撮影が伴う団体は2000円です。各団体の発表やPRなどご利用ください。

会場ポタちゃんサイト参加希望の団体は、ぜひ「まつえ市民活動支援協議会」までご相談ください。

申込方法お電話、メールなど問い合わせ先まつえ市民活動支援協議会 事務局担当 今岡克己 mail:imaoka1107@gmail.comTEL:0852-32-0892

主催まつえ市民活動支援協議会まつえ市民活動支援協議会事務局〒690-0061島根県松江市白潟本町43番地松江市市民活動センター(STIC)内TEL:0852-32-0892FAX:0852-32-0847下記から「ネット・市民活動フェスタ2020」の動画が視聴できます。

ポタちゃんサイト -松江市の暮らし情報ポータルサイト まつえ市民活動支援協議会-https://potasite-matsue.com/から

ネット・市民活動フェスタ2020 | ポタちゃんサイト -松江市の暮らし情報ポータルサイト まつえ市民活動支援協議会-https://potasite-matsue.com/%e5%b8%82%e6%b0%91%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf/です。

追進です。ポタちゃんサイトは松江市の情報ポータルサイトです。松江市内の様々なイベントや、いろいろな分野の市民活動団体の活動内容を紹介しています。

まつえ市民活動支援協議会は、松江市民の市民活動の推進、発展に寄与することを目的に活動しています。

三輪 利春&アラン

_ 島根県 【多様な就業推進室】 若者向け労働ハンドブック

島根県のホームページを見ています。

社会に出る前に読みたい「働くルールハンドブック」若者向けの労働ハンドブック「社会に出る前に読みたい『働くルールハンドブック』」を作成されました。

就職に当たって、知っておきたい、仕事に関する社会の仕組み(制度)や、守ってくれるルール(法律)、困った時の相談窓口などを紹介されてます。社会に出る前に読みたい「働くルールハンドブック」(PDF)、分割版】表紙・目次(PDF)、身につけたい仕事のマナー(PDF)、コラム 進学するあなたへ・・・将来を見据えた準備はできていますか?(PDF)働くルールのポイント(PDF)、コラム「ワーク・ライフ・バランス」について考えよう(PDF)、困ったときの相談窓口等(PDF)、奥付・裏表紙(PDF)、働くルールハンドブックPDFデータなど※このハンドブックは、原則として令和2年1月1日時点の法律・制度や相談窓口を掲載しています。

これってあり??まんが知って役立つ労働法Q&A 厚生労働省作成などもリンクされています。厚生労働省の知って役立つ労働法。働き始める前やアルバイトをするときに、最低限知っておいてほしいルールをまとめたハンドブックのリンクも紹介されています。

お問い合わせ先雇用政策課多様な就業推進室〒690-8501松江市殿町1番地(本庁舎2階)・いきいき職場づくり推進グループ 電話:0852-22-6562・女性・高齢者等就業支援グループ 電話:0852-22-5309FAX:0852-22-6150メールアドレスなど含め、詳しい内容は下記島根県のページから詳細をお読みください。

島根県:若者向け労働ハンドブック(トップ / しごと・産業 / 雇用・労働 / 労働福祉の充実 / 若者向け労働ハンドブック)https://www.pref.shimane.lg.jp/industry/employ/rodo_hukusi/handbook/です。三輪 利春&アラン

_ 名刺・点字入り名刺のご紹介-ゆうあいの日々

プロジェクトゆうあいと、PCエコステーションゆうあい内の印判店「はんこ屋ゆうあい」では、名刺・点字名刺の作製を承っております。新しい名刺をご入用の折は、ぜひプロジェクトゆうあいにご用命ください!

はんこ屋ゆうあいでは、名刺の作製を承っております。通常の作製だけでなく、お急ぎの方のための短縮作製、名刺にお入れする画像加工・地図作成など承ります。価格・日数等、ご注文によって異なりますので、ご不明な点、カスタマイズのご要望など、お気軽にお問い合わせください。

●ご依頼直接のご依頼だけでなく、お電話・メール・FAXでも可能です。13時までにご注文の場合は当日受付、それ以降のご注文は翌日受付扱いになります。 

●納品お渡しはご来店の他、郵送が可能です。松江市街地周辺であれば、配達も可能です。郵送の場合は送料が別途必要になりますので、詳しくはお問い合わせください。 

●データ作成はじめて名刺をご注文される際は、データ作成料金(1,500円)がかかります。現在お持ちの名刺や、お客様のご希望をもとに、データを起こします。2回目以降のご注文の際は、プリント料金のみでご注文いただけます。

●通常作製通常納期の名刺です。日数はかかりますが、お安くできます(納期:ご注文から7、8日程度)。

・基本サイズ(91×55ミリ) 税込1,620円(100部)・小型サイズ(85×49ミリ)両面モノクロ      税込1,590円(100部)片面カラー&モノクロ  税込1,650円(100部)両面カラー       税込1,870円(100部)

●短縮作製ご注文日の翌日午後から翌々日午前にできあがります(13時までにご注文の場合)。こちらは基本サイズのみの受付となります。

・短縮納期名刺(91×55ミリ) 税込3,120円(100部)

●画像加工・地図作成画質の粗い画像を加工したり、お名刺に入れる地図をお作りします。

・画像加工 税込500円から800円・地図作成 (簡易)1,500円 (詳細)3,000円

《はんこ屋ゆうあい》住所   〒690-0056 島根県松江市雑賀町227(9号線沿い・旧藤井スポーツビル1階、Googleマップ)はんこ屋 ゆうあい - Google マップhttps://www.google.com/maps/place/%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%93%E5%B1%8B+%E3%82%86%E3%81%86%E3%81%82%E3%81%84/@35.458769,133.0593573,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x355704e0e4674b15:0x236c830c0b9742c2!8m2!3d35.458769!4d133.061546です。

営業時間 (月曜から木曜)10:00〜17:00 (金曜のみ) 10:00〜16:00

電話   0852-27-7448FAX   0852-27-7447Eメール  tsukisakaあっとまーくpjui.com (アットマークを記号の@に直して送信してください。)

名刺作成の詳細につきましては、次のリンクをご覧ください はんこ屋ゆうあいはんこ屋ゆうあい http://hanco.project-ui.com/card/meishi.htmlです。

点字名刺】お手持ちの名刺に点字を打ち込んで、ちょっとバリアフリーな点字名刺をつくってみませんか?  目の不自由な方に喜ばれるだけでなく、好感度アップにつながります。

●名刺のお預かり点字をお入れする名刺は郵送いただくか、直接お持ちください(送料はご負担願います)。

●作製日数目安として、3日から7日程度

●点字で表現する内容 ご所属(法人名・会社名等。自治体の方は、県・市の名称まで)、電話番号、お名前 法人名とお名前には、お申し込みの際、ふりがなを明記ください。

●価格 (10枚)300円 (50枚)1,000円 (100枚)1,500円

●割引特典点字名刺を300枚以上ご注文いただいた方、点字名刺をご友人などに紹介された方には、特典として30枚分割引させていただきます。

《プロジェクトゆうあい》住所 〒690-0888 松江市北堀町35-14(みしまや北堀店そば、Googleマップ)  電話 0852-32-8645FAX 0852-28-1116

 お申し込みの詳細は、次のリンクをご覧ください 点字名刺を作りませんか?点字名刺を作りませんか? http://project-ui.com/social-business/request/braille-card/です。名刺のサンプル画像、点字名刺のサンプル写真など、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

名刺・点字入り名刺のご紹介-ゆうあいの日々|プロジェクトゆうあい公式ブログhttp://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/882です。

三輪 利春&アラン


トップ «前の日(11-02) 最新 次の日(11-04)» 追記