トップ «前の日(11-17) 最新 次の日(11-19)» 追記

としまる日記




2005-11-18 公開セミナー「宍道湖・中海の水環境と住民参加による環境保全」

_ 島根県モバイル用トップページ

明日は1泊2日で隠岐へでかけてきます。 e-ともネットしまねの オフ会に参加してきます。交通情報を調べるのに とても便利です。視覚障害者として はいけんしていますが必要な事のみのっていますのでわかりやすいですね。

島根県モバイル用トップページhttp://www.pref.shimane.jp/m/があります。その中に

島根県観光連盟さんのページ島根観光ナビhttp://www.kankou.pref.shimane.jp/m/

そして交通情報http://www.kankou.pref.shimane.jp/m/koutuu/koutuu.htmおいろいろみていました。

モバイル用のホームページを、 パソコンを使ってインターネットで拝見していますが、私達視覚障害者音声を使ってテキストを見る利用者には一番わかりやすいです。汽車や飛行機 空港へのバスの便 隠岐への フェリー便と高速船の便などなどの時刻表が一目で理解できます。

e-ともネットしまねオフ会in隠岐今回は、インターネット安全教室を同時開催いたします。みなさまのご参加をおまちしています。

e-ともネットしまね http://www.shimane-itleader.com/インターネット安全教室 http://www.jnsa.org/caravan/index.html 

「e-ともネットしまねオフ会」(隠岐会場)日時 11月19日(土)15時30分から17時30分まで会場 隠岐島文化会館 パソコン研修室   島根県隠岐郡隠岐の島町西町吉田の二、2番地   TEL 08512-2-0237   http://fish.miracle.ne.jp/sai-kou1/index.html

参加無料

【プログラム】 ◆15:30 開会 挨拶等 ◆15:35 インターネット安全教室    CD−ROM上映    冊子解説         質疑応答      ◆16:35 オフ会 ◆17:30 終了

参加申し込み・お問い合わせ先:

 特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい
 申し込み、お問い合わせはe-mailでお願いします。
 e-mail送付先:info@pjui.com

です。

みなさまとおあいできます事 楽しみにしています。としまるでした

_ 公開セミナー「宍道湖・中海の水環境と住民参加による環境保全」

としまるです。お友達の盲導犬応援団作野広和@島根大学教育学部さんからです。

「汽水域の自然・環境再生研究拠点形成プロジェクト」に所属しておられます。今週日曜日には「水環境評価と地域連携推進プロセス構築チーム」の公開セミナーが開催されます。今回は「住民参加」がテーマとなっているそうです。

#申し込みはいらないそうです。 そのまま会場に着てくださいとのことでした。

                                記○名称:島根大学プロジェクト研究推進機構重点研究部門/汽水域の自然・環境再 生研究拠点形成プロジェクト/水環境評価と地域連携推進プロセス構築チーム     公開セミナー「宍道湖・中海の水環境と住民参加による環境保全」○日 時:2005年11月20日(日) 13:30〜16:30○場 所:松江市総合文化センター大会議室(プラバホール2階)○主 催:島根大学プロジェクト研究推進機構重点研究部門/汽水域の自然・環境再 生研究拠点形成プロジェクト/水環境評価と地域連携推進プロセス構築チーム○共 催:米子湾の自然再生に向けた勉強会

○プログラム1.趣旨説明 チームリーダー 相崎守弘(島根大学生物資源科学部 教授) 13:30〜13:352.プロジェクト全体説明 プロジェクトリーダー 國井秀伸(島根大学汽水域研究センター センター長・教授)  13:35〜13:503.チーム研究報告第1部 宍道湖・中海流域環境データベースの構築と住民参加○「宍道湖・中海流域環境データベース」都筑良明(島根大学汽水域研究センター  研究員)13:50〜14:05○「GIS(地理情報システム)を利用した流域管理」中山大介(島根大学汽水域研究センター 研究員)14:05〜14:20○「参加型調査による流域環境評価の意義と成果」作野広和(島根大学教育学部 助教授)14:20〜14:35○コメント 14:35〜14:45 船越元熙氏(NPO法人 豊潤な海・中海みらい21  理事長)松本修宗氏(NPO法人 まちづくりネットワーク島根 理事)○質疑応答 14:45〜15:00

   休憩 15:00〜15:10

第2部 宍道湖・中海の水質保全○「宍道湖・中海における水質の長期変動」清家 泰(島根大学総合理工学部 助教授) 15:10〜15:25○「水質指標のあり方」奥村 稔(島根大学総合理工学部 教授)15:25〜15:40○「湖沼水質評価の問題点」相崎守弘(島根大学生物資源科学部 教授)15:40〜15:55○コメント 15:55〜16:05 竹下幹夫氏(財団法人宍道湖・中海汽水湖研究所 事務局長)石飛 裕氏(島根県保健環境科学研究所 主査)○質疑応答 16:05〜16:30

以上です。としまるでした


2006-11-18 島根npo連絡協議会 ブログの日記アップ

_ 島根npo連絡協議会 ブログの日記アップ

曇り空の松江市です。 すこし寒く、先ほどノア君の2度目の排便をすませました。昨日の夜は 午後7時から、映画「こんばんは」松江上映会実行委員会で明日19日いよいよ映画の上映会を開催いたしますが、当日の配布物のホッチキスとめや 関係者のみなさまの名札作りをし、明日19日のための万全の準備をすませました。みなさまは午後9時過ぎまでおられたみたいですが、私は午後8時前に失礼し 東出雲町に向かいました。 映画のprもあるのですが、 にこにこ歌の練習に出かけたわけですが、 発生の練習で簡単な筋肉トレーニング ストレッチをしてから歌を歌いましたが ストレッチ体操で今日は筋肉痛です。 トホホホホ普段つかっていない筋肉の強化をしました。午後10時前にレッスンが終わり家に帰ったら10時10分くらいでしたが、 力をだして歌を歌った事もあり、うぐぐ! ついつい 夜食に手がでました。 おなかがすいたもので、 インスタントのうどんを食べました。

来年の成人式も歌います。としまる日記(2006-01-09)http://blog.project-ui.com/tosimaru/20060109.html成人式おめでとうというタイトルで日記を書いています。

来年も東出雲町の成人式で、東出雲町の「ヴィラ・ノッツェウェディング」にて、 ゴスペルを歌わせていただきます。成人されます皆様に心をこめて歌を歌い祝福させていただきます。ヴィラ・ノッツェウェディングの会場は とてもすばらしい会場です。成人式を迎えられた皆様の前でゴスペルを歌を歌わせていただけます事、私達にとって、たいへん名誉な事です。歌を歌わせていただける私達も、たいへん楽しみにしています。 必死に練習中です。うぐぐ! 男性が少なく! がんばらないとと思います。

本題です。島根NPO連絡協議会blogが更新されました。先日開催されました、第2回の視察交流会の記録が乗っています。また、第3回視察交流会の案内など掲載されています。

 また、第1回、第2回のアンケート集計結果なども 乗っていると思います。

島根NPO連絡協議会bloghttp://blog.livedoor.jp/nposhimane/です。


2007-11-18 浜田でPFI刑務所を考えるフォーラム

_ 葛飾柴又にてくてくラジオが常設されました

北風が激しく吹いてる松江市です。 冬型ですね。 私の家の周りは 林が多く、 山鳴りですね。 ゴーゴーと木々が騒いでいます。

葛飾柴又に、てくてくラジオが常設されました。約30箇所の店舗に発信器が設置されているそうです。店主さんの自らの声!店主さんのアナウンスは、どこも、なかなかおもしろいそうです。

柴又駅をでて広場の前、目立つ所に、新しく観光案内所ができているそうです。その、観光案内所で無料でラジオを貸し出しておられるそうです。ラジオを忘れた方はどうぞ!

また、下記も参考にしてください。私も昨年 葛飾柴又へおじゃましました。としまる日記(2006-04)昨年の2006年4月の日記から、2006年 4月13日(木曜)の日記ですね。http://blog.project-ui.com/tosimaru/200604.html題名は、「東京都葛飾区柴又  高木屋さんの草だんご」ですね。映画 男はつらいよ! とらさんの お里となった もともとの おだんごやさんです。草団子 おいしかったですね。

微弱電波音声案内システムてくてくラジオのホームページはhttp://tekuteku-radio.com/です。

_ 浜田でPFI刑務所を考えるフォーラム

先ほど 12時前のnhkラジオの地域ニュースでも 取り上げられていました。浜田でPFI刑務所を考えるフォーラムが開催されています。日本盲導犬協会の取り組みのお話も ニュースでお聞きしましたが、 とっても 期待しています。ノア君も 日本盲導犬協会出身だったりします。

山陰中央新報 ニュース 総合浜田でPFI刑務所を考えるフォーラムhttp://c11om4bv.securesites.net/news/modules/news/article.php?storyid=445315006

PFI方式の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」への理解を深めるための フォーラムが開催されています。 フォーラムは、県立大教授や浜田市、島根県などでつくる実行委員会が主催しています。17、18の2日間、パネルディスカッションや講演会が開催されています。今日、 18日は、矯正プログラムや、受刑者の社会復帰促進策をテーマにしたパネルディスカッションが開かれていますので、 日本盲導犬協会さんからの発表も 先ほどの12時前 地域のニュースで大きく流れていました。とても 期待しています。


2008-11-18 交通・観光バリアフリー推進セミナーin松江 11月25日開催

_ 視覚障害者と共同訓練開始(島根あさひ盲導犬訓練センター)

昨日の nhkテレビしまネットでも 地域のニュースとして取り上げられていましたわくわくしながら拝見しました。。島根県内に盲導犬が現在11頭活躍しています。 今、お一人の方が盲導犬との協働訓練を行っておられます。 その方が訓練を終えられましたら、島根県の盲導犬の頭数も12頭になりますね。すごく 楽しみにしています。盲導犬との協働訓練を受けておられる方も すごく がんばっておられます!!

島根県 浜田市旭町の、島根あさひ盲導犬訓練センター「パピネス」で、視覚障害者の方と盲導犬の候補犬との協働訓練が始まりました。11月10日から お友達の方も協働訓練に入られました。また、 お二人で ご夫婦で1頭の盲導犬を私用される タンデム歩行の協働訓練も行っておられるとお聞きしています。県内外の3組4人の視覚障害者の方が入所して盲導犬との協働訓練に取り組んでおられます。詳しいニュース記事は 下記アドレスから詳細なニュース記事をご覧ください。詳しく書かれています。 視覚障害者と共同訓練開始読売 島根http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20081117-OYT8T00666.htmです。

_ 交通・観光バリアフリー推進セミナーin松江 11月25日開催

バリアフリーの視点から考える住んでよし、訪れてよしのまちづくり

●日時:平成20年11月25日(火) 13:30〜16:30●会場:松江テルサ ・1階テルサホール(松江駅前) TEL.0852-31-5550

●主催:国土交通省中国運輸局/国土交通省中国地方整備局/島根県/松江市●参加費:無料 

 平成18年12月、バリアフリー新法が施行されたことにより、今後、旅客施設、周辺施設及びこれらの間の経路等の一体的、総合的なバリアフリー化が図られ、高齢者、障害者等の外出の機会が増えていくものと思われます。 本セミナーは、地方自治体、交通・観光関係者および一般市民のみなさんに、交通や観光のバリアフリーについて理解を深めていただくとともに、バリアフリーの視点から暮らしやすく、また、訪れやすいまちづくりについて、全国の先進事例の紹介を交えながら考えます。

●プログラム13:30〜 第1部:交通・観光バリアフリーの現状◎基調講演:観光とバリアフリー  首都大学東京 教授 秋山 哲男◎講演1: バリアフリー新法と基本構想  国土交通省総合政策局安心生活政策課長 森下 憲樹            ◎講演2: 松江市におけるバリアフリーの現状と取り組み

  松江市健康福祉部保健福祉課福祉政策係長 岩成 俊治

15:10〜 第2部 パネルディスカッション    「バリアフリーの視点から考える住んでよし、訪れてよしのまちづくり」     〜住みよいまちは行きよいまち。だれもが訪れやすいまちづくりのために〜     コーディネーター: プロジェクトゆうあい事務局長 田中 隆一     コメンテーター:首都大学東京教授 秋山 哲男     パネリスト:      神戸ユニバーサルツーリズム代表・鞍本 長利      愛知県豊川市在住・真木 恭子      飛騨高山東京事務所代表・山本 誠      島根県健康福祉部障害者福祉課長・和田 謙一16:30 閉  会

●問い合わせ、申し込み 下記フォームに沿って、E-mail、電話、FAX、はがきのいずれかでお申込み下さい。また、中国運輸局のホームページからも申込みができます。E-mail chugoku-koukan@cgt.mlit.go.jp電 話 082−228−3495(中国運輸局交通環境部)FAX 082−228−3629(中国運輸局交通環境部)はがき 〒730−8544 広島市中区上八丁堀6−30 中国運輸局 交通環境部 消費者行政・情報課ホームページ(詳細はこちら) http://www.cgt.mlit.go.jp/【お問い合わせ先】中国運輸局 交通環境部 消費者行政・情報課 (TEL.082−228−3495)※お申込み頂いた個人情報は本セミナー開催以外では使用しません。●申込み期限:11月14日(金)

  • *********申し込みフォーム************

住所:氏名:参加人数:電話番号:ファックス番号:電子メール:車椅子の使用:その他の障がい:

以上です。みなさまの お申し込み おまちしています。


2009-11-18 「ハイブリッド車」についてのパブリックコメント 国土交通省 募集中

_ 「ハイブリッド車」についてのパブリックコメント 国土交通省 募集中

国土交通省では「ハイブリッド車等の静音性に関する対策について」皆さんの意見を募集しておられます。

締め切りは12月4日です。ホームページから、意見公募要領の資料をダウンして意見公募要領の資料には、意見送付要領が詳しく書かれています。

   住所、氏名、職業(会社名又は所属団体名) 、電話番号を明記の上、次のいずれかの方法で送付して下さいと 書かれています。

意見の送付先は国土交通省 自動車交通局 技術安全部技術企画課です。

ファクシミリの場合 ファクシミリでのご意見の送 付の場合郵送の場合 電子メールの場合の為に 電子メールアドレスが書かれています。詳しくは下記ホームページをご覧ください。

意見募集中案件詳細 http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=155090920&OBJCD=&GROUP=です。


2010-11-18 ノアポスター

_ ノアポスター

ノア君は2005年9月2日生まれです。 盲導犬になったのは、 2006年4月1日からです。正式には3月31日の夕方ですが・・・。 4月1日が分かりやすく思います。生まれて 1歳7ヶ月で盲導犬になった訳ですね。今年6歳になりました。ブログの日記を見ながらノア君との協同訓練の事をみています。 イチロウ君とのお別れの事や 新しい命令後の事について 2006年3月の日記に詳しく書いていますね。横浜の日本盲導犬協会でのノア君との協働訓練の事、松江に帰って訓練しさんと一緒に協働訓練をしている事などを書いています。初めて盲導犬との協同訓練をされるかたは、約4週間の協同訓練を行われます。 2頭目3頭目と代替え訓練をされるかたは2週間の協同訓練を行われます。 横浜の日本盲導犬協会で1週間の協同訓練を終えて松江に帰って地元で1週間の協同訓練を行いました。 それらの事を3月の日記で書いています。2006-03-22 晴天の横浜よりなど読んでいます。2006-03-27 ドックエデュケーションでは松江に帰って松江で協同訓練を受け手いますね。3月31の協同訓練が終わって、盲導犬訓練し三から 盲導犬として認定していただき、盲導犬証明書をいただきました。 としまる日記(2006-03) http://blog.project-ui.com/tosimaru/200603.htmlです。2006年4月からノア君は正式な盲導犬になりました。 盲導犬訓練しさんとの2週間の訓練を終えて、一緒に生活を始めた頃の事を4月の日記に書き始めました。としまる日記(2006-04) http://blog.project-ui.com/tosimaru/200604.htmlです。そして、 イチロウ君もそうでしたが、 ノア君の毎日のブラッシングで集めた毛を使ってマフラーを作ってもらった事を書いています。ノア マフラー 8月の23日の日記ですね。としまる日記(2006-08-27) http://blog.project-ui.com/tosimaru/20060827.htmlです。そして、 9月30日10月1日 松江から東京へ お台場でノア君のパピーウォーカーさんとお会いし 観光し屋形船に乗って夕食を共にして 次の日は富士ハーネスの内覧会が開催され参加した事などを日記に書きました。写真もたくさん載せていますね。2006-10-04 日本盲導犬協会総合センター見学とお台場パートワン日本盲導犬協会総合センター内覧会パートシックスまで続いて、2006-10-12 ノア君へのプレゼントでしめくくっています。

 お台場でノア君のパピーさんにお会いしました。 ノア君の毎日のブラッシングで集めた毛で作った 作品をお渡ししました。詳しくは下記の日記、としまる日記(2006-10) http://blog.project-ui.com/tosimaru/200610.htmlみてください。富士ハーネスの内覧会では、 さっちゃんや イチロウ君 ノア君 猫のむさし君など 写真を写したものが、 タイルに張られて たくさんのタイルの写真がズラ〜と並んでいます。 探し出して写真も写しています。 ついつい懐かしくて書きました。

本題です。 (^^) 先日、日本盲導犬協会島根あさひ訓練センターから、 ノア君が盲導犬になる前にだと思います。 ノア君のポスターが有り、送ってくださいました。カッコイイポスターです。写真を2枚写しました。のせます。ノア君 若い頃の写真ですね。 青年時代の写真でないでしょうか!ノアポスターをパネルにしようかなと考えています。imageimage


2011-11-18 島根県 : 発達障がい支援フォーラム

_ 島根県 : 発達障がい支援フォーラム

島根県のホームページを見ています。

【障がい福祉課】 トップ > くらし > 福祉 > 障がい者福祉 > 一般向け > 発達障がい > 発達障がい支援フォーラム

発達障がい支援フォーラム2011開催のご案内のことが書かれています。 発達障がいのある方とそのご家族の気持ちやニーズをもとに、地域でのよりよい支援について考えるフォーラムを開催されることが書かれています。

 【概要】

  ・基調講演「当事者と家族の視点から」    講師:NPO法人特別支援教育ネットワークがじゅまる理事 笹森理絵氏、パートナー笹森史朗氏    ファシリテーター:鳥取大学大学院医学系研究科教授 井上雅彦氏  ・実績報告 「島根県発達障害者支援センターの実践」    報告者:島根県西部発達障害者支援センター ウィンド センター長 山崎幸史  ・情勢報告 「国の施策から 発達障がいのある方の支援」    講師:厚生労働省 社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課 発達障害対策専門官 小林真理子氏  

  ・シンポジウム「地域での細やかな支援」    シンポジスト:NPO法人こだま施設長 川上太郎氏、NPO法人ぷらっと理事長 池永綾子氏

日時 平成23年12月11日(日)10時から16時半まで(受付は9時半に開始します)

場所 ビッグハート出雲 白のホール (島根県出雲市駅南町1-5)参加申し込みについて 参加費は無料ですが、事前に参加申込みが必要です。(参加申込書はこちらからダウンロードしてください) 申込締切は11月24日(木)です。 定員になり次第締め切りとさせていただきます。やむを得ず参加をお断りする場合は、ご連絡いたします。 ◆参加申込・お問い合わせ先◆

  島根県東部発達障害者支援センター ウィッシュ

  島根県出雲市神西沖町2534?2     TEL 050-3387-8699 / FAX 0853-43-2256  E-mail メールアドレスは下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。

また、下記ホームページから  発達障がい支援フォーラム2011 ご案内のちらし PDFファイル  参加申込書 PDFファイルをダウンロードすることができます。

 主催   島根県、島根県東部発達障害者支援センター ウィッシュ、島根県西部発達障害者支援センター ウィンド 後援    出雲市、島根県教育委員会、出雲市教育委員会

詳しい内容は、下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。

インターネットのホームページの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されたりします。

島根県 : 発達障がい支援フォーラム http://www.pref.shimane.lg.jp/life/fukushi/syougai/ippan/hattatushougai/forum.htmlです。

島根県のホームページ、閲覧支援機能のご紹介。島根県のホームページには、トップメニューに「よみあげ」・「ふりがなをつける」・「ふりがなをけす」・「おおきく」・「ちいさく」・「いろをかえる」などの設定など用意されています。最初の(よみあげ)というメニューでエンターキーを押すと、島根県のホームページの内容を音声で聞くことができます。また、文章に 「ふりがな」を付けたり消したりすることもできます。島根県のホームページには、閲覧支援機能の設定が準備されていて、アクセシビリティに配慮した島根県オリジナルの閲覧支援を提供しておられます。閲覧者が特別なソフトをダウンロードしなくても、ホームページ上のボタンをクリックまたはエンターキーを押すことにより、ホームページの「音声読み上げ」や「ふりがな表示」、「文字拡大」や「色変更」など簡単な操作で行えます。

詳しくは、島根県 : 閲覧支援機能の設定のページをご覧ください。 http://www.pref.shimane.lg.jp/config.html?url=http%3A%2F%2Fwww.pref.shimane.lg.jp%2Fac.htmlです。


2012-11-18 松江市民農園収穫祭 かりゆしライブ 大盛況!

_ 松江市民農園収穫祭 かりゆしライブ 大盛況!

昨日は午前中雨もわりと激しく降っていましたが10時ごろから小雨になりました。午後12時頃には雨もあがりましたが、 かりゆしライブの期間中お聞きいただきました皆様寒さの厳しい中で、有り難うございました。 皆様の暖かな 拍手に 感謝!とても楽しいライブでした。

11月17日(土)松江市民農園収穫祭 アンド かりゆしライブ無事終了!会場は古墳の丘、古曽志公園の近くにある湖北ファミリー農園でした。とてもすばらしい所ですね。湖北ファミリー農園 交通アクセス http://www.sanbg.com/family/access/index.htmlです。松江ラーメンさんもきておられました。 サービスで しっかりいただきました。 とってもおいしかったです、。 2杯いただきました。 紅白のお餅もいただきました。 家に帰って おじいさん おばあさんがおいしくいただきました。お土産も 蟹も売れていましたので 蟹買って帰りました。

写真を載せます。

松江市民農園収穫祭!採れたて野菜を展示 (大根サツマイモ中国菜など)新鮮で立派な野菜さんたち!そして!かりゆしバンドの演奏風景!かりゆしバンド!演奏全体風景の3枚の写真をのせました。お越しいただきました皆様ありがとうございました。としまるでしたimageimageimage


2013-11-18 みしまや特売情報 松江市

_ まち歩きバリアフリー情報誌「てくてく日和島根」 第4号 秋号。ホームページからダウンロードできます!

今回は大田市石見銀山周辺を歩きました。季節特集は紅葉スポットの紹介で、車椅子でのもみじ狩りを楽しめる場所を紹介しています。今回からページ数も増え、内容も充実しています♪フリーペーパーは島根県内道の駅、県内の観光案内所、今井書店グループセンター店などに配布しています。フリーペーパーですので、手にとってみてください。お問い合わせはプロジェクトゆうあい電話 0852-32-8645まで宜しくお願いします。まち歩きバリアフリー情報誌「てくてく日和島根」第4号となる秋号をホームページからダウンロードできます。pdf版、ワード版をご用意しています。※視覚障がい者のかた、スクリーンリーダーご利用のかたは ワード版をダウンロードしご利用ください。下記のページからどうぞ。

プロジェクトゆうあい公式HP | てくてく日和 http://www.project-ui.com/contents/hiyori.htmlです。てくてく日和第4号・てくてく日和第3号・てくてく日和第2号・てくてく日和創刊号など、ダウンロードできます。としまるでした

_ みしまや特売情報 松江市

週4回、松江市民を中心に親しまれているスーパー みしまやの特売情報をメールで配信しています。配信日はみしまやが特売に力を入れている火曜日、水曜日、土曜日、日曜日の前日の夜です。最初は、情報弱者の方 チラシや紙の文章を読む事のできない視覚障がい者のかたへの情報提供として始めました。主婦の方や一人暮らしの方を中心に利用者が増えています。情報弱者のかただけでなく、利用したいと思っておられる市民のみなさまもぜひ登録されませんか。

特売美の前日に、メールが届くのでとても参考になります。携帯のメールでも受信できます。メールマガジンの購読料は無料です。みしまや特売情報メールマガジンを読んでみたい方は、プロジェクトゆうあいに連絡してください。電話番号は0852-32-8645です。としまるでした


2014-11-18 松江ゴーストツアー

_ 島根県:ご縁旅しまねvol.9発行

ご縁の国しまね観光ガイドブック「ご縁旅しまね」vol.9が発行されました。ご縁の国しまね観光ガイドブックは、県内各地の観光スポットやグルメ、レジャー情報など、島根県の魅力をPRする内容です。今回は全面改訂され、女子旅情報や古代歴史文化情報なども盛り込んでおられボリューム満点です。また、島根県観光キャラクター「しまねっこ」も随所に登場しているそうです。旅行先選びに、また島根の新たな魅力発見のツールとしてなど、ぜひご活用ください。

【主な設置場所】 (島根県内) ・観光関連施設 ・JR主要駅(松江駅、出雲市駅等) ・一畑電鉄主要駅(松江しんじ湖温泉駅、雲州平田駅、電鉄出雲市駅、出雲大社駅等) ・道の駅 ・空港、港 ・コンビニエンスストア(LOWSON、FamilyMart) (島根県外) ・島根県県外事務所 ・高速道路サービスエリア等

下記、島根県のページから、ご縁旅しまねダウンロード用PDFファイルが用意されていてダウンロードができます。詳しい内容は、下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。インターネットのホームページの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されたりします。

島根県:ご縁旅しまねvol.9発行 http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/tourist/kankou/gaiyo/goentabivol9-hakko.htmlです。としまるでした

_ 松江ゴーストツアー

闇夜……小泉八雲〈ラフカディオ・ハーン〉が再話した 「怪談」ゆかりの地を訪ねて。小泉八雲の再話した松江の怪談を体感してみましょう。松江の夜の魅力を再発見できます。闇をみつめることは自らの五感力を磨くことにもなり、灯りの溢れた現代社会に暮らす私たちには、とても新鮮なものになるでしょう。地元の語り部が、静かに思いを込めて、怪談の世界にご案内します。

コース案内・出発日松江ゴーストツアー:闇夜……小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が再話した「怪談」ゆかりの地を訪ねて | NPO法人松江ツーリズム研究会

集合場所:ぶらっと松江観光案内所

出発日2014年11月22日(土)12月13日(土)2015年3月7日(土) 14日(土) 21日(土)

旅行代金お一人1,700円(税込) ※大人、小人同額申込・お問合せ先など、チラシのダウンロードなど、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

松江ゴーストツアー:闇夜……小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が再話した「怪談」ゆかりの地を訪ねて | NPO法人松江ツーリズム研究会 http://www.matsue-tourism.or.jp/ghost-tour/です。としまるでした


2015-11-18 微弱電波音声案内システムてくてくラジオのご紹介

_ 松江市市民活動フェスタ2015を振返る

松江市市民活動センターの松江りんりんブログからご紹介します。写真もたくさんのっていますので皆さまぜひ見てください。

「フエスタ2015」の協賛依頼(各事業所訪問開始) 9月12開催の「市民活動フェスタ2015」の協賛依頼のため、実行委員が24日から小売店・企業等の訪問活動を始めました。「フエスタ2015」の協賛依頼(各事業所訪問開始)-松江りんりんブログhttp://blog.canpan.info/ringring/archive/401です。「市民活動フェスタ2015」ステージのリハーサル&準備フエスタ実行委員会の皆様方の協力により、12日開催に向け準備、ステージの組み立てやスタンプラリーの賞品の準備などが進みました。「市民活動フェスタ2015」ステージのリハーサル&準備-松江りんりんブログhttp://blog.canpan.info/ringring/archive/408です。「市民活動フェスタ2015」の準備進! 市民活動フェスタ2015が目前に迫り、参加団体の皆さまにより準備を行いました。「展示」『体験」「物販」各コーナーの設営を中心に行い、ステージには松江城本丸から天守を移築しました?「市民活動フェスタ2015」の準備進!-松江りんりんブログhttp://blog.canpan.info/ringring/archive/409です。

フエスタ2015の「展示・体験・物販」コーナーの紹介 市民活動フエスタ2015に参加いただきました市民活動団体の展示コーナーの一部を紹介します。1階は主に総合受付、ステージ、物販コーナーを配置しました。フエスタ2015の「展示・体験・物販」コーナーの紹介-松江りんりんブログhttp://blog.canpan.info/ringring/archive/412です。お陰様で「フエスタ2015」無地終了…!実行委員会の皆様を中心に、企画、出演交渉、出展調整、協賛依頼など様々な業務を、約半年間に亘って携わっていただき、おかげさまで10回目のフェスタを無事終了することが出来ました。オープニングを飾った鹿島町かんなび太鼓のみなさん】 子どもたちのバチさばき、おみごとでした。これからの成長が期待されます。 そして、出演等頂きました将来市民活動の担い手となる保育園児、小中学生、高校生、大学生の皆さま方ありがとうございました。 また、出演・出展等頂きました市民活動団体の皆さま方、お疲れさまでした。感謝、感謝です。※ご紹介しているページには写真も豊富にのっています。お陰様で「フエスタ2015」無地終了…!-松江りんりんブログhttp://blog.canpan.info/ringring/archive/410です。「フェスタ1015」ボランティア大学生も交えた反省会!フェスタ終了後、実行委員会のメンバー、参加者有志、ボランティア大学生等を交えた約30名の方が参加して反省会を、市民活動センターで開催しました。 今回、ボランティアで参加してくれた2名の大学生さんに感想を聞いてみました。吉山副市長さんを始め多くの皆さんとお話ができ社会や地域への認識が深まったとのこと。現在、3回生で来年は就職活動、公務員志望で県外出身ではあるが島根県での採用試験をタイミングがあえば受けてみたいとのことでした。 なお、フェスタでは、主に「きぐるみ」を担当していただき、ステージを盛り上げていただきました。反省会の写真もたくさんのっていますね。 (^ヮ^)「フェスタ1015」ボランティア大学生も交えた反省会!-松江りんりんブログhttp://blog.canpan.info/ringring/archive/411です。「市民活動フェスタ2015」ステージの名場面紹介!市民活動フェスタ2015実行委員の福井さん(写真集団 アイ)が撮影された写真で、ステージ上での皆さまのパフォーマンスの一部を紹介します。 オープニングを飾った「かしま神名火太鼓」の演奏の様子の写真や子どもさん達のバチさばきが素晴らしかったです。開会を告げるいさましい太鼓の音が館内に響き渡りました。松江城国宝指定を祝賀する記念トークを、小片(おがっち)さん、本間(まつえ若武者隊)さん、福村(松江サードプレイス研究所)さん、渡辺(松江ツーリズム研究所)さんお4人にお願いしました。 ‘おがっち’さんいは、多忙のため「よもよもだらぞ・・・」と断られるのを覚悟の上出演交渉しました?ところが、快くノーギャラで出演いただき、会場をトークで魅了されました。みなさま有り難うございます。 感謝!写真もたくさんのっていますので見てくださいね。「市民活動フェスタ2015」ステージの名場面紹介!-松江りんりんブログhttp://blog.canpan.info/ringring/archive/414です。松江市民活動フェスタ2015には、1600名の皆さまにご来場いただきました。お越しいただきました皆様誠に有り難うございました。商店街の皆さまや企業の皆さまには景品などを沢山にご用意いただき、ご寄付をいただきました。誠に有り難うございました。実行委員会のみなさんや参加者のみなさんのお一人お一人の力が集結し大きな力となり、松江市民活動フェスタ2015が大盛況に開催され無事終えることができました。みんなの力で大きなイベントを成し遂げました。皆さま誠に有り難うございました。市民活動フェスタ2015 本年も実行委員長という大役をお引き受けし参加者皆様のご協力をいただき大変感謝しています。皆様ありがとうございました。としまるでした

_ Rubyプログラミング少年団 松江市

「Ruby(ルビー)」は、私たち人間がコンピュータにやってほしいことを表現するための言葉です。その「Ruby(ルビー)」を使って、青少年がプログラムを作るよろこびを体験する「Ruby(ルビー)プログラミング少年団!はじめての方や、コンピュータが苦手な方でも大丈夫♪簡単なゲームを作りながらプログラミングを体験します。小学生でもRuby(ルビー)を使ってプログラムを作れるようにしたものがスモウルビー(Smalruby)です♪スモウルビーは、島根県松江市を中心に活動しているRuby(ルビー)プログラミング少年団が作っています。

Ruby(ルビー)プログラミング少年団は、「一人でも多くの青少年にプログラミングの喜びを!」「プログラミングを通じて青少年とネット社会との関わり方を考える組織を地域社会の中に!」を掲げて活動している青少年のための任意団体です。将来は、スポーツ少年団のようなものを作りたいと考えています。

主な活動場所:島根県松江市下記のホームページから活動日などの情報やメールアドレスの登録ができます。メールアドレスを登録いただきますと、プログラミング少年団の活動開始時に活動内容、会場、料金などの連絡が届きます。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

Rubyプログラミング少年団 http://smalruby.jp/です。また、「第7回フクオカRuby大賞」 大勝は島根県から、Rubyプログラミング少年団福岡県にて、第7回目となるフクオカRuby大賞の式典が開催され、国内38件、海外10件(アメリカ等3カ国)の合計48件の応募があり、予備審査、本審査を経て、大賞、優秀賞(3点)、特別賞(3点)、奨励賞(5点)が選定されました。大勝は、Rubyプログラミング少年団(島根県)がみごと受賞されました。「第7回フクオカRuby大賞」結果発表! - 福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議 http://www.digitalfukuoka.jp/topics/68?locale=jaです。としまるでした

_ 微弱電波音声案内システムてくてくラジオのご紹介

プロジェクトゆうあいでは、AMラジオの微弱電波を用いた音声案内・誘導システム「てくてくラジオ」を取扱っております。専用の音声発信機に声を吹き込むことで、数メートルの範囲でその声を市販のラジオで聴くことができます。周波数は1620キロフェルツです。各種施設・商店街や、観光地・イベント会場などで、そこに訪れる人が手軽に音声情報を入手でき、訪れる人の利便性を高めます。視覚障がい者の歩行案内、一般向けの観光ガイドなど、さまざまな用途でご利用いただけます。詳しい仕様につきましては、製品ホームページをご参照ください。てくてくラジオ公式サイトへ!お問い合わせはプロジェクトゆうあい(電話 0852-32-8645)までお気軽にどうぞ!詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

てくてくラジオ公式サイトへ! http://tekuteku-radio.com/index.htmlです。デモ動画なども見る事ができます。としまるでした


2016-11-18 みしまや特売情報 大田市

_ 「中海周遊サイクリングコース」コース案内・マップ

 国・島根県・鳥取県では、中海のワイズユースを図るアィディァの1つとして、景観や観光資源等に優れた中海周辺で地元住民から海外の来訪者の方まで、安全で快適なサイクリングが楽しめるよう検討してこられ、コースを案内する路面標示工事・コースマップが完成され公表されました。みなさま一度チャレンジしてみませんか?

 ★サイクリングコース:HP参照  中海を反時計回りに周遊するコース:延長72Km  島根県側:約48Km  鳥取県側:約24Km ※工事概要:道に迷いやすい箇所にコースを案内する路面標示を施す工事  島根県側:32か所  鳥取県側:31か所

中海周遊サイクリングコースマップを作成しました。

      

 2014年8月にコース決定した「中海周遊サイクリングコース」を多くのサイクリストに知っていただくため、コースマップを作成されました。 鳥取・島根両県の中海周辺の優れた観光地やビュースポットを紹介しています。また、鳥取県の一部のカフェ・コンビニエンスストアで行っているバイクラックや工具の貸出し等のサービス情報も掲載していますので、サイクリングの計画等にお役立てください。データ:中海周遊サイクリングコースマップPDFファイル・コースデータなど、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

中海周遊サイクリングコースマップを作成しました。/地域振興局/とりネット/鳥取県公式サイト http://www.pref.tottori.lg.jp/246075.htmです。コースデータ中海周遊サイクリングコース - ルートラボ - LatLongLabhttp://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=35a4364f2c0b39250853edb75475e576です。としまるでした

_ みしまや特売情報 大田市

週4回、松江市民を中心に親しまれているスーパー みしまやの特売情報をメールで配信しています。大田市に、みしまや大田長久店のオープンにより、大田にお住まいの方にも特売情報を利用していただけるようになりました。配信日はみしまやが特売に力を入れている火曜日、水曜日、土曜日、日曜日の前日の夜です。最初は、情報弱者の方、チラシや紙の文章を読む事のできない視覚障がい者のかたへの情報提供として始めましたが主婦の方や一人暮らしの方を中心に利用者のかたが増えています。情報弱者のかただけでなく、利用したいと思っておられる市民のみなさまもぜひ登録されませんか。特売美の前日に、メールが届くのでとても参考になります。携帯のメールでも受信できます。メールマガジンの購読料は無料です。みしまや特売情報メールマガジンを読んでみたい方は、プロジェクトゆうあいに連絡してください。電話番号は0852-32-8645です。としまるでした


2017-11-18 NPO法人福祉ネットだんだんネのホームページ

_  松江市共創のまちづくり支援サイト

 松江市では、「共創のまちづくり」として、地域課題の解決にあたり、市民、NPO法人、市民活動団体、企業などの皆さんと市が対話により信頼関係を深めながら、それぞれの知識や経験を十分に活かして、連携を図ることで、松江らしい新たな価値を創出す取り組みを進めています。松江市内の様々なイベントや、いろいろな分野の市民活動団体の活動内容を紹介しています。

松江市における「共創」の考え方の5つの特徴・ポイント1.市民とゼロベースから議論、日常のおつきあいを大事にパートナー関係づくり2.課題、弱みをプラスに変える逆転の発想3.危機感を共有し、20年後を見据えた取り組み4.ふるさと松江への愛、誇りが原動力5.松江の資源を生かした「おもてなし」力向上のまちづくりの5つの特徴・ポイントです。松江市では、「平成の開府元年まちづくり構想」の実現に向け、共に創りあげる「共創のまちづくり」を進めています。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

松江市共創のまちづくり支援サイト http://www.minkatsu-ringring.net/です。三輪 利春&アラン

_ 島根県版バスマップすごろく「しまねっこ電鉄」

島根県版バスマップすごろく「しまねっこ電鉄」が、しまねっこの自宅もある松江市の物産観光館で販売されています。現在、松江市内の今井書店と、松江歴史館でも発売中です。すごろくをしながら自然に知識が入ります。

「どこでもバスマップすごろく松江版」と「島根版バスマップすごろく しまねっこ電鉄」が東京でも販売されています。東京の書泉グランデで発売されています。下記のページも参考にしてください。

「しまねっこ電鉄」東京で販売開始!-ゆうあいの日々 http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/318です。三輪 利春&アラン

_ NPO法人 福祉ネットだんだんネのホームページ

プロジェクトゆうあいでは、NPO法人 福祉ネットだんだんネのホームページを作成しました。

だんだんねは、松江市内にある障がい者就労継続支援施設のネットワークです。ホームページには扱っている商品、主催しているショップの情報が掲載されています。ぜひ、皆様ごらんください。

NPO法人 福祉ネットだんだんネhttp://dandan-ne.net/です。三輪 利春&アラン


2018-11-18 全国視覚障害者情報提供施設協会視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」|:NaClネットワーク応用通信研究所

_ 「よしとの紙芝居 tukuru &ランチバイキング」のご案内

12月9日日曜日、障がいのあるお子さんを対象としたイベントを開催します。島根県内外で活躍するアーティスト・よしとさんをお迎えし、紙芝居とランチバイキングを親子で楽しむひとときです。

 紙芝居を見るだけでなく、歌い踊る参加型のイベント!よしとさんの陽気なテンポに乗せられて、子どもたちも一緒になって盛り上がります。ふだん、なかなか集中が続かない子も、まるで「よしとマジック」にかかったように見入ります!よしとさんのギターにあわせて子どもたちが思い思いに演奏を楽しんだり、お昼のランチバイキングでは家族どうしの歓談も楽しめます。 クリスマスプレゼントもあるよ!

主催は、プロジェクトゆうあい放課後等デイサービス事業所「キッズゆうあい」です。 参加ご希望の方は11月29日(木曜日)までに、第1キッズゆうあい(担当・田中、電話 0852-26-6345)までご連絡ください。

日時:12月9日(日曜日) 10:30から14:00場所:松江ニューアーバンホテル(島根県松江市西茶町40-1)対象:障がいのあるお子さんおよびそのご家族参加費:大人1,200円、子ども800円(クリスマスプレゼントあり)

問合せ 第1キッズゆうあい(担当・田中)    (電話 0852-26-6345)

昨年のイベントでは、約70名の親子でにぎわいました立って紙芝居するよしとさんと 座って楽しむ子どもと大人たちなど、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

「よしとの紙芝居 tukuru &ランチバイキング」のご案内-ゆうあいの日々|プロジェクトゆうあい公式ブログhttp://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/856です。三輪 利春&アラン

_ みしまや特売情報 大田市

週4回、松江市民を中心に親しまれているスーパー みしまやの特売情報をメールで配信しています。大田市に、みしまや大田長久店のオープンにより、大田にお住まいの方にも特売情報を利用していただけるようになりました。配信日はみしまやが特売に力を入れている火曜日、水曜日、土曜日、日曜日の前日の夜です。最初は、情報弱者の方、チラシや紙の文章を読む事のできない視覚障がい者のかたへの情報提供として始めましたが主婦の方や一人暮らしの方を中心に利用者のかたが増えています。情報弱者のかただけでなく、利用したいと思っておられる市民のみなさまもぜひ登録されませんか。特売美の前日に、メールが届くのでとても参考になります。携帯のメールでも受信できます。メールマガジンの購読料は無料です。みしまや特売情報メールマガジンを読んでみたい方は、プロジェクトゆうあいに連絡してください。電話番号は0852-32-8645です。三輪 利春&アラン

_ 全国視覚障害者情報提供施設協会 視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」 |:NaCl ネットワーク応用通信研究所

近年、パソコンなどテキストを音声で読み上げるスクリーンリーダーなど充実してきました。ICTの利活用により、社会参加の場や就労の場が広がってきています。視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」も全国の点字図書館が一つになり情報の共有と全国の視覚障がい者のかたの情報提供をしておられ、これもICTの利活用の発展の一つです。「サピエ」は、視覚障害者及び視覚による表現の認識に障害のある方々に対して点字、デイジーデータをはじめ、暮らしに密着した地域・生活情報などさまざまな情報をWebで提供するサービスです。「サピエ」は、視覚障害者等の個人会員約1万5千人が直接利用しています。また、全国の視覚障害者情報提供施設(点字図書館)や公共図書館、ボランティア団体、大学図書館など330を超える施設や団体が加盟して、約8万人以上の視覚障害者、そして、情報を必要とする多くの方々への情報サービスを行っています。  「サピエ」は日本点字図書館がシステムを管理し、全国視覚障害者情報提供施設協会が「運営」を行っています。

株式会社ネットワーク応用通信研究所(NaCl)はシステムの設計と開発、運用のサポートを行っています。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

全国視覚障害者情報提供施設協会 視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」 |:NaCl ネットワーク応用通信研究所 http://www.netlab.jp/case/case_sapie/です。視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」 https://www.sapie.or.jp/です。 三輪 利春&アラン


2019-11-18 イオン「幸せの黄色いレシート」のご協力のお願い

_ 全国視覚障害者情報提供施設協会 視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」 |:NaCl ネットワーク応用通信研究所

近年、パソコンなどテキストを音声で読み上げるスクリーンリーダーなど充実してきました。ICTの利活用により、社会参加の場や就労の場が広がってきています。視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」も全国の点字図書館が一つになり情報の共有と全国の視覚障がい者のかたの情報提供をしておられ、これもICTの利活用の発展の一つです。「サピエ」は、視覚障害者及び視覚による表現の認識に障害のある方々に対して点字、デイジーデータをはじめ、暮らしに密着した地域・生活情報などさまざまな情報をWebで提供するサービスです。「サピエ」は、視覚障害者等の個人会員約1万5千人が直接利用しています。また、全国の視覚障害者情報提供施設(点字図書館)や公共図書館、ボランティア団体、大学図書館など330を超える施設や団体が加盟して、約8万人以上の視覚障害者、そして、情報を必要とする多くの方々への情報サービスを行っています。  「サピエ」は日本点字図書館がシステムを管理し、全国視覚障害者情報提供施設協会が「運営」を行っています。

株式会社ネットワーク応用通信研究所(NaCl)はシステムの設計と開発、運用のサポートを行っています。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

全国視覚障害者情報提供施設協会 視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」 |:NaCl ネットワーク応用通信研究所 http://www.netlab.jp/case/case_sapie/です。視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」 https://www.sapie.or.jp/です。 

三輪 利春&アラン

_ 新感覚コミュニケーション発話支援ツール 「スピーチサポートDS」

書いて話して、手書きでチャット、新感覚コミュニケーションの発話支援ツール「スピーチサポートDS」が、ニンテンドーDSiウェアとして好評リリース中です。タッチペンを使って、手書き文字入力・五十音入力・携帯電話入力のいずれかで文章をつくると、DSiの声で読み上げることができます。予測変換もあるので、スイスイ入力。

声の出せない方、聴覚障がいの方などのコミュニケーションに役立つ便利ソフトです。

離れていても書いて会話することができ、1人から最高4人同時で会話が可能です。スクリーンに文字や絵を描くと、同じソフトの入った別のDSiに、その文字や絵がリアルタイムで見えてきます。携帯電話のチャットにはない新感覚レスポンスの会話を体験していただけます。「スピーチサポートDS」は、DSiショップで500ポイントで購入いただけます。

※プロジェクトゆうあいでは、本体含め10日間の無料体験貸し出しを行なっております。パソコン版「スピーチサポート」もございます。この機会にぜひお試しになってみてください!パソコン版「スピーチサポートのページや、使用例や操作方法の解説、試用申し込みなど。スピーチサポートDS トップ画面の画像、手書き入力モードの画面画像、携帯電話入力モードの画面画像、五十音モードの画面画像や、下記のページから埋め込み動画の?マークをクリックしますと、ページはそのままで、筆談のもようをご覧になれます。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。「スピーチサポートDS」好評リリース中!-ゆうあいの日々http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/554です。スピーチサポートDS 製品ページへ http://www.pjui.com/ssds/です。スピーチサポート 製品ページへ http://www.pjui.com/speechsupport/です。

三輪 利春&アラン

_ イオン「幸せの黄色いレシート」のご協力のお願い

イオン松江店で買い物をしたレシートで、プロジェクトゆうあいの応援ができます。イオンでは、毎月11日に発行される黄色いレシートを応援したい団体のボックスにご投函いただくことで、各店舗で集まったレシートの合計金額を団体ごとに集計し、合計金額の1%と同額の品物が各団体に寄付されます。

松江市東朝日町にあるイオン松江店(1階・JR松江駅側入口付近)には、参加団体のひとつとして、プロジェクトゆうあいのボックスを設置させていただいております。毎月11日、イオン松江店で買い物したレシートをプロジェクトゆうあいのボックスに投函していただくことで、合計金額の1%がプロジェクトゆうあいに寄付される仕組みです。

皆様からのご寄付は、キッズゆうあい・ジュニアゆうあいに通う障がいのある子供たちの療育に、活用させていただきます。ご協力、よろしくお願い申し上げます。

【対象レシート】毎月11日発行のイオングループ各店および専門店街のレシートに限ります。毎月11日発行の白いレシートでもご参加いただけます。詳細は次のリンクをご覧ください イオン幸せの黄色いレシート|イオンhttp://www.aeonretail.jp/campaign/yellow_receipt/です。※WAONチャージレシート、イオンギフトカードのチャージレシート、イオン商品券・金券をご購入いただいたレシートは対象外となりますので、ご了承ください。

黄色いレシートによる寄付の仕組みを説明した図など詳しい情報は、イオン「幸せの黄色いレシート」のお願い-ゆうあいの日々|プロジェクトゆうあい公式ブログをご覧ください。http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/802です。三輪 利春&アラン


2020-11-18 『松江市こころのバリアフリー・ハンドブック』

_ 堀川遊覧船「こたつ船」運行中! 松江市

松江市の観光イベント情報を見ています。

松江城の堀川を巡る堀川遊覧船松江の冬の風物詩「こたつ船」!足もと”ポカポカ” 全船「こたつ船」運行中です!

期間:11月10日(火)〜令和3年4月10日(土)時間:始発9時〜最終16時料金:大人1,500円、小人800円

※詳しくは下記へお問い合わせください■(公財)松江市観光振興公社 TEL0852-27-0417 FAX0852-27-0341です。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

ぐるっと松江堀川めぐりhttps://www.matsue-horikawameguri.jp/です。

三輪 利春&アラン

_ 島根県警察:高速道路の交通安全 「鳥取県・島根県高速道路危険箇所マップ」

島根県警察のページを見ています。

「鳥取県・島根県高速道路危険箇所マップ」を制作されました。 高速道路交通警察隊では、ドライバーに高速道路を安全に利用してもらうため、鳥取県警察高速道路交通警察隊と連携して、鳥取県・島根県高速道路交通安全協議会の協力により、「鳥取県・島根県高速道路危険箇所マップ」を作成されました。

 マップには、交通事故の多い箇所や注意する場所が掲載されていますので、是非活用してくださいと書かれています。

危険箇所マップ鳥取県・島根県高速道路危険箇所マップPDFデータをダウンロードすることができます。

また、高速道路や自動車専用道路で車やバイクが故障した場合のときの事について、車両を非常駐車帯等へ移動させた後、停止表示器材を後方に置かなければ道路交通法違反になりますと書かれています。停止表示器材の写真など載っていますので、万が一のことを考えて写真も見ておかれたほうが良いと思います。

高速道路安全運転5足など、ぜひご覧ください。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

島根県警察:高速道路の交通安全https://www.pref.shimane.lg.jp/police/02_traffic_safety/highway_traffic_safety/です。

三輪 利春&アラン

_ 『松江市こころのバリアフリー・ハンドブック』

松江市から、『こころのバリアフリー・ハンドブック』が発行されています。「少しの配慮で増える笑顔」を合言葉に、社会的な障壁をなくしていくことをテーマとして作成されたハンドブックです。

手話の解説イラストサイズは縦25.7cm×横21cm(AB判)、ページ数は10ページ。4コマ漫画で親しみやすい内容になっております。制作には、プロジェクトゆうあいが協力しました。イラストは漫画家で、ベビーペイントアーティストでもある塩毛エリカさんが描きました。

松江市で無料配布しております。プロジェクトゆうあい(北堀町)にも置いております。表紙画像 手を繋いだ人たちのイラスト画像など、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

『こころのバリアフリー・ハンドブック』-ゆうあいの日々http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/689です。

また松江市のページより、下記のリンクからPDF版をダウンロードできます。PDFファイル:(6.33MB) http://www1.city.matsue.shimane.jp/kenkou/shougaisha/index.data/handbook.pdfです。下記も用意されています。(PDFファイル:1.2MB)こころのバリアフリー・ハンドブックができました(PDF:1.2MB) http://www1.city.matsue.shimane.jp/kenkou/shougaisha/index.data/handbook-light.pdfです。三輪 利春&アラン


トップ «前の日(11-17) 最新 次の日(11-19)» 追記