トップ 最新 追記

としまる日記


2005|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|

2006-02-01 「共に生きる」18

_ 「共に生きる」18

点字になれる為には毎日解らないなりにも点字に触れる事から始めたわけですが、そして、毎日点字で日記を付けようと点字の日記を書く事から動き始めました。書く事はできても当初読む事ができなかったですが、 毎日解らないなりにも同じ事をくりかえし行う事により点字が1文字ずつでも読めるようになりました。 点字が読めた時の感動は 目の前が希望の光が輝いたと言った感じで とても嬉しかったです。

平成1年の1月頃には点字が手で触りながら 一語一語で有りますが読めるようになりました。 点字が読める! 点字の図書を早速ライトハウスライブラリから図書をお借りして読み始めました。と言っても たくさんページがある中野 1ページを読むのが30分かかったりしていました。1ページ読むのに非常に体力や精神力 手の先に神経を集中し 読むたびに肩がこったり腕にも力がはいっていますので そうとう疲れながら点字を一文字ずつ一文字ずつ 単語がになり 文章を後から考えて ゆっくりとしたペースで 点字で書かれている内容が解るようになってきました。が、 右の耳から入って左の耳から抜けてゆくかんじです。 目で見て風景や景色を記憶したり 目で見て漢字や文字を覚えて 目で見て学習から 手で触って文章を読み取る学習に変わったわけですから・・・。読んでもすぐに頭の中に記憶できなく それでも 先へ先へと読み続けました。

さて、 点字の図書をすこしずつかりたりしましたが、点字の新聞で「点字毎日」という新聞が有るとお聞きし、新聞社に購読のお願いをして「点字毎日」の点字の新聞が週1度届くようになりました。

点字毎日を読んでいたら、兵庫にある「声の広場」というテープ雑誌が主催するイベントの情報が載っていました。イベントは全盲の弁護士さんですが、竹下弁護士さんの講演会を開催される記事が載っていました。やっと点字が読めるようになり 初めて文章を手で触り 文章で書かれている内容を初めて理解しました。

全盲の弁護士で有る事、 目の見えない方が弁護士のお仕事をしておられる! すごいなとおもいました。お話を聞いてみたいな!講演会に行ってみたいなと思いました。ひにちがなにか大切な事があり行けない日だったかもしれません。失明しひにちがあさい事もあったかもしれません。 とにかく講演会の日はなにか予定がはいっていて行けなかったとおもいます。

点字毎日に連絡先の電話番号が載っていましたのでお電話をさせていただきました。 視覚障害になり自分から先に進んで 受話器を取ったのが最初の出来事ではないでしょうか。

電話機の 5の点に ぽちがついているのは、 目の不自由な方に 5を中心に 番号がならんでいます。 5の ぽちの「小さな出っ張り」を手で触って 5をみつけると 左が4 右が6です。上から左から1 2 3とならんでいます。下の段は 7 8 9と続き 8の数字の下が0ですよね。

電話の数字などの並びなどはすぐに 頭の中に情報として記憶しました。

「声の広場」の主催者の方に電話をかけました。つずく


2006-02-02 「共に生きる」19

_ 「共に生きる」19

共に生きる18では、点字がやっと読めるようになった事と 点字の雑誌で点字毎日の記事を読んで「声の広場」の事を知った事と 県立盲学校を知り、試験を受けた事を書きました。

点字毎日を読んでいた記事の中で、「声の広場」の事を知りました。声の広場主催でイベントを開催され、全盲の弁護士の 竹下先生の講演会を開催する記事でした。やっと点字が読めるようになった頃の出来事です。全盲の弁護士で有り、ご活躍しておられます。 全盲の方がどのように仕事しておられるのか知りたい事もありましたし、 声の広場の主催者の方に電話をさせていただきました。自分が視覚障害者で有り、全盲で有る事や視覚障害になり日が浅い事もお話しました所、竹下弁護士さんの講演会の録音したテープを送っていただく事になりましたが、送っていただく話から松江に着ていただく話になりました。

主催者の方がすぐに着てくださる事になりました。ひょっとしたら私は 心の中で思っていませんでしたが、 救いを求めていたかもしれません。主催者の方は 遠い所をわざわざ松江まで合いに着てくださりました。兵庫県の朝来郡です。 合併され郡から市に変わったかもしれませんね。移動は汽車です。 島根の松江から、鳥取県の先兵庫県の日本海側から入った遠い所です。 私も3年前に、行きましたが汽車も松江から鳥取へ鳥取駅で汽車の乗り換えをして3回くらい汽車の乗り換えをしました。 時間は5時間くらいかかりました。 遠井所です。 そこからわざわざ着てくださりました。

こられて お会いしていろいろな話をしました。視覚障害者として 仕事について 視覚障害について 声の広場の主催者の方はとても前向きな方です 主催者の方は全盲の方です。時間を忘れていろいろとお話しました。

「声の広場」と書きましたが「声の広場」は、テープの雑誌です。 私達視覚障害者は 点字が主流ですが、 カセットテープでお便りや 声のお便りなど 自分の声を録音し 郵便物として送る事が多いです。 テープの朗読図書など点字図書館から借りて聞いていましたが、 テープでお便りについて私はまだ知識がなかったです。 郵便物について 点字の郵便物に限り ふうとうに 切手をはる所に 盲人用と 書いて 点字のお便りを送る事ができる事や、 市役所に申請し 盲人用発受指定の認可を受けると視覚障害者の方の複数多数の方に 盲人用として テープでも 郵便物を送る事ができます。普通の郵便に比べて 点字は漢字をつかいませんし 文章が普通書かれた物の3倍の紙をつかったりします。どうしても 紙もあつい紙を使用していますし 重量も重たくなります。 切手代も高くかかります。 点字で書かれたお手紙は 盲人用特殊郵便として取り扱われています。

また、 点字で文字を読める方もそんなにおおくおられません。 点字のにがてな方も多数おられますし、 カセットテープに録音し 郵送する事もおおいです。声の広場は そんな盲人用発受指定を許可された 個人の方が主催者でおなじ障害を持ったみなさまが会員で届けられる雑誌で、毎月1度発行しておられます。 そんな、声の情報誌です。

主催者の方がわざわざ着てくださりました。その日から私も会員になりましたが、 もう18年になります。声の広場の雑誌 発行され今年30年目を迎えられます。 会員の方も全国に200名ちかくおられ テープの雑誌を作る事事態もたいへんな事です。 そして作られたテープも会員200名の皆様にダビングし送らないといけません。 全盲の方が一人でやっておられます。 頭がさがります。30年も続けておられます。 並大抵の事ではありません。 その方が松江に来られ 私は 光を見つけ 肩の荷の一つがなくなり 心がすこし軽くなったと思いましたし、 わざわざ着てくださり いまでも感謝をしています。

つずく


2006-02-03 視覚障害者 中級者向けパソコン講習会パートツー

_ 視覚障害者 中級者向けパソコン講習会パートツー

2月5日日曜日に 視覚障害者の方のパソコン講習会中級者向け講習会がライトハウスライブラリで開催される事を以前書きました。昨日は午前10時から午後4時ころまで、5日の日にパソコン講習会の講師とサブ講師をされる パソコンボランティアが7 8名あつまり 講習会の流れについて 打ち合わせをしました。私は 仕事があり、午後12時にかけつけましたが 講師とサブ講師は講師ボランティアの皆さんが交代でおこないます。また、 講師ボランティアは 視覚障害者当事者の方だけでなく パソコンをきっかけに知り合った 一般の方も含めて 意欲のある方が集まっています。有志であつまって活動しています。

おとなりの日記 のんのん日記の佐々木さんも 5日にはメイン講師でこられます。こられますと書きました。 島根県は横に長い県です。 そして隠岐も有り 離島もあります。松江が 島根県の東部の鳥取県よりとしたら 佐々木さんのお住まいは 益田市ですので 島根県の西部 山口県よりになります。増田の近くには 山陰の小京都としての 津和野があります。汽車の特急でこられたとしても2時間とすこし30分くらいかかるのではないでしょうか先週は 浜田市に2度ゆきました。 浜田駅まで 汽車の一番早い便で約1時間30分くらいでしたので 益田市は 約2時間と少々かかるのではないでしょうか。松江から益田市まで国道9号線を車でゆくと 約4時間30分くらいかかるのではないでしょうか、 島根県は 過疎県でも有り、道路交通網など ととのっていなく 移動などに時間がものすごくかかります。が、そのぶん自然がいっぱいです。 海の風景 山の風景 四季の風景などなど。景色はさいこうだとおもいます。とてもすばらしいところです。話が それました。

5日の日曜日は 視覚障害者パソコン講習会中級者むけ講習会が開催されます。昼からはパソコンよろず相談会が開催されます。ライトハウスライブラリーでは視覚障害者の方がパソコンを現在使っておられて、ちょっと相談したいというかたや、新しいソフトをさわってみたいというかたのために、パソコン中級講習会を開催されます。2ヶ月に1度の割合で パソコン中級講習会とよろず相談室を開催しています。

日程は平成18年2月5日 日曜日 10時から15時までです。会場は、ライトハウスライブラリー 「視覚障害者情報支援センター」

午前中にskype(スカイプ)の講習会を開催いたします。午後はいつものよろず相談会を開催です。 わいわいがやがや 1対1で 質問をされる方の対応をしています。雑談しながら とてもたのしい よろず相談室です。

詳しい詳細につきましては、ライトハウスライブラリーのホームページhttp://www.shimane-l.jp/ライトハウスライブラリのホームページの「最近のお知らせ」リンクの中に詳細な内容が乗っていますので、ご確認ください。


2006-02-04 奥出雲町

_奥出雲町「亀嵩」と書いて 「かめだけ」と読みます。仁多町と横田町が合併し 奥出雲町となりました。 横田町は蹈鞴「たたら」の町 映画のもののけ姫の舞台になった所と聞いています。奥出雲町はおいしいお米の仁多米としても有名ですし 牛の仁多牛も有名です。仁多の三成にうくと すぐに目につくのが 牛さんの銅像です。

_また、 奥出雲町の 亀嵩駅は 有名です。松本清張の「砂の器」を皆様ごぞんじでしょうか。私は昔映画を見た覚えがありますし、 最近小説も読みました。 また、最近映画も新しく撮影され上映されました。そして、亀嵩駅、奥出雲JR亀嵩駅の蕎麦は有名です。駅の中におそば屋さんがあります。 私も何度かゆきました。 出雲蕎麦!とってもおいしいです。映画「砂の器」の舞台にもなりました。亀嵩駅の駅の事務所部分がお蕎麦屋さんになっています。駅長さんは なんとお蕎麦やさんの店長さんです。

_昨日は亀嵩へでかけてきました。 亀嵩小学校です。 昨年暮れには大変な大雪でもありましたし、 いろいろ考えて、 教頭先生に迎えに着ていただきました。 松江からは 車で約1時間少々です。昔は道も整備されていなく 相当時間がかかったとおもいます。 2時間以上かかったとおもいます。 私も車を運転し仁多にもよくゆきました。山と緑の風景のすばらしかった事を記憶しています。いろいろと 教頭先生とお話ししながら 行き帰りともたいへんおせわになりました。

_3年生の子供さんの事業のお手伝いをしました。

_昨年3月の全国の盲導犬の頭数は963頭です。 全国の小学校でも 3年生のみなさんの国語の教科書には 盲導犬の事も書かれています。小学校3年生の国語の教科書で 盲導犬や 働く犬について勉強されます。教科書は地域によって異なります。

_小学校の総合的学習や 国語の授業の盲導犬の授業だけでなく もっとたくさん知ってほしいと 先生方も思っておられ 全国の盲導犬使用者の皆様も2学期3学期のこのシーズンはお手伝いにたいへん忙しくなられるのではないでしょうか。盲導犬は視覚障害者の方が安全に歩く為の手段の一つだと思っています。いちばん 大切な事は盲導犬はスーパードックではなく 視覚障害を理解していただき、 視覚障害とはを理解していただいて その中で歩く手段の一つとしての盲導犬の話で もっと盲導犬の必要な事や みなさんができるボランティアについて 勉強されるのではないかなと思います。

_私は教育者ではないですので、 一当事者としての視覚障害者の立場からお話をさせていただきました。

_昨日は生徒の皆様と楽しくすごしました。 亀嵩小学校3年生の生徒の皆さんは9名です。お互いに自己紹介をして 一人一人と握手してから授業のスタートです。手引きやアイマスク体験の勉強もしておられ、 手引きを受けて3Fの3年生さんの教室におじゃましましたし、 全校生徒さんと一緒にランチルームで 給食もいただきました。みなさま としまる日記を見ておられ クロックポジションでの 説明も バッチグーでした。ありがとうございました。にこにこにこ みなさんが 見ておられ びっくりしました。

_普段から思う事ですが、初対面の方の手引きや声をだす事など含めて すぐになかなかできるものではありません。 日頃の 挨拶から だれにでも声をかける 優しい心と 強い心作りが 町でこまった方に かんたんに 声をかけうる事ができるのではと おもいます。「共に生きる」で連載で少しずつ書いていますが 最終的には ひとづくり まちづくり 地域の発展 高齢化と少子化 元気な人がたくさん育たないとなどと思っていますので 最終的に 「共に生きる」は 地域だれもが同じように考える人を増やす事を書いてゆく方向です。1と1がよりそって 人という漢字 たくさんの人に支えられて生きている事 そしてだれもが だれかを支えている事。人は一人では生きてゆけません。 

_そんな お話も 解りやすくお話ししました。挨拶は ボランティアの始まりです。

_こまっておられるが声をかけられなかった あのときお手伝いすればよかったなよりもこまっておられるとおもったので 声をかけたの 方が なにげなく 自然に お互いが気持ちよいと思いますしそんな こどもさんがどんどん 増えてほしいなとおもいます。

_やがて みなさんが 大人になります。 結婚され 家庭をもたれ 子供さんがうまれ子育てと教育の中で自分の子供さんに対する普段からの家庭の学習にもつながるとおもいます。また、みなさんが大人になり、  元気な人として、すばらしい町作りに 活躍してくださるのではないでしょうかまちづくりや ひとづくりは その 地域に 元気な人が たくさんいないと 発展しないとおもいます。元気な人をどんどん増やす事から ひとづくり そして まちづくりと発展してゆくのではないでしょうか元気な人が いなくなったら 町は衰退してゆきます。げんきな人が たくさんいると言う場を作る事は 安定した就労や 安定した地域作りにも繋がるとおもいます。そんな思いもありひとづくりは 幼児期からだと お手伝いをしています。

_ユニバーサルデザインや まちづくり ひとづくりを考える上で高齢者の方やこどもさんたち 年齢関係なく男の方 女の方 性別もかんけいなく 障害をお持ちの方やそうで無い方 差別や 障害関係なく そこに住んでおられる だれもが考えてゆくのが大切ではないでしょうか

_地域に住んでおられるだれもが コミュニケーションが ひつようですし 地域で大きな声で挨拶する人が増える事は 地域に活気を生み 地域事態が明るくなってゆくのではないでしょうかまずは あいさつから  挨拶は ボランティアの始まり そして、 声のボランティアや、心のユニバーサルデザインに繋がってゆく事を提案し理解をいただいて 元気な方がどんどん増えてゆくのではないかと 皆様に期待しています。


2006-02-06 便利なソフト「サーチエイド」

_ 便利なソフト「 サーチエイド」

サーチエイドを利用しています。 視覚障害者にとってたいへんべんりなソフトです。とても嬉しいソフトです。

サーチエイドは、ボイスポッパーやニュースtoスピーチなど視覚障害者に便利なソフトを開発しておられる方の開発されたソフトです。

サーチエイドは、現在ベータ版です。以前 ニュースtoスピーチの事について日記でもご紹介いたしました。桂木範・オンラインソフト工房ホームページはhttp://www.geocities.jp/katsuragi_nori/です。

サーチエイドを利用して松江駅から ライブラリまでと入力したら ライトハウスライブラリの住所連絡先と 松江駅北口から ライトハウスライブラリまでの おおよその道順がテキストででてきました。また、楽しい利用の仕方がたくさんメニューの中にはいっています。

サーチエイドはネット検索補助ツールです。辞書や翻訳、電話番号検索、鉄道路線探索、ネットショップの商品検索など、インターネット上で提供されている多種多様な検索サービスを、障害をお持ちのかたでも楽に利用できるようにするバリアフリー型ソフトです。各検索サービスに対応した機能はモジュールとして提供され、今後どんどん増えていくそうです。

サーチエイド ニュースtoスピーチ、ボイスポッパーや音声対応のにちゃんねるソフト使われる方にとって、人に優しいバリアフリーソフトです。

詳しくはみなさま桂木範・オンラインソフト工房ホームページはhttp://www.geocities.jp/katsuragi_nori/桂木範・オンラインソフト工房です。サーチエイドは、現在ベータ版ですので 宜しくおねがいいたします。

としまるでした


2006-02-07 きねこ映画教室パートツー

_ 島根地理学会第2回例会のご案内

お友達の 盲導犬応援団 島根大学作野先生からの情報です。

島根地理学会第2回例会のご案内−2005年度島根大学教育学部・法文学部地理学関係卒業論文発表会−

日時:2006年2月11日(土)  卒論・修論発表会:13:00〜15:55場所:島根大学教養講義棟1号館 2階 202号室  (島根大学正門を真っ直ぐ北へ向かい、左側に位置する3階建ての建物、別紙参照)参加料:無料

お申し込み方法:特に事前のお申し込みは必要ありません。          当日、会場に直接おいで下さい。備考:島根大学には十分な駐車スペースがございませんので、ご来場の際は路線バス 等の公共交通機関をご利用下さい。お問い合わせ先:島根地理学会事務局    〒690-8504      島根県松江市西川津町1060      島根大学教育学部 作野研究室      TEL・FAX:0852-32-6107      E-mail:hsakuno@edu.shimane-u.ac.jp

<プログラム>13:10〜13:25  土居早苗(教育・学校教育)        「島根県における新たな雇用形態と定住化」

13:25〜13:40 柳谷美里(教育・学校教育)        「離島におけるIターン者の特性と人口変動に与える影響          〜島根県隠岐郡西ノ島町・海士町を事例として〜」

13:40〜13:55  野山彰子(教育・生活環境)

          「松江市におけるフードサービス産業の動向」

13:55〜14:10  行部貴子(教育・生活環境)         「岡山県における一般廃棄物処理の現状と問題点」

14:10〜14:25  島田健太(法文)

          「広戸風の被害地域における戸背の現状

           −大字ごとにおける特徴−」

14:25〜14:40 吉田泰明(法文)        「島根県におけるスギ・ヒノキ科花粉の飛散と気象について」

14:40〜14:55  休憩

14:55〜15:10  石口 彩(法文)        「岡山県新見市におけるニューピオーネ産地形成」

15:10〜15:25  河原悠太(法文)        「島根県石見地方における高速道路の影響」

15:25〜15:40  堀 正樹(法文)

                「観光地白川の近年の歩みと地域の変化」

15:40〜15:55 植田知行(法文)        「薬舗における明治期の売薬流通          −黒松家文書における事例をもとに−」

以上です。

みなさま ぜひぜひぜひ

としまるでした

_ きねこ映画教室パートツー

ひにちが ち近づいてきました。

きねこ映画教室松江キネマ倶楽部 きねこ映画教室 2月12日(日)スタート!!と き 2006年2月12日(日)1。 11:00〜 2。 2:00〜ところ スティックビル 5F 交流ホ−ル

参加費 今回は 大人(高校生〜)800円        子供(3才〜)600円        親子ペア(各1)1200円

プログラム お話(何のお話かは当日のお楽しみ!)     映画「おにたのぼうし」(18分間)      トイレ休憩     映画「北極のムーシカミーシカ」(80分間)

先着順のご入場です。席数より多数のご参加がある場合は立見となりますので、予めご了承くださいませ。調節できる衣服でご来場ください。空調が簡単ではありませんので、脱ぎ着のできるものをご準備いただくと良いですね。小さいお子さんも一緒にご入場いただきますので、多少物音や声が聞こえるかと思いますが、ご理解のうえご了承くださいませ。大きいお友だちはできるだけ落ち着いて鑑賞できるようご協力ください。

協力してくださる方大募集!!上映会の準備、宣伝活動、上映当日の会場準備や運営などにご協力くださる方を募っています。毎回でなくても、できるときだけでOKです。

松江キネマ倶楽部は・・・ 1992年発足の映画鑑賞団体です。松江市文化協会加盟松江市青年団体連絡協議会加盟映画鑑賞団体全国連絡会議加盟

きねこ映画教室って?映画を通して、子供と大人が一緒に求めていきたいものがあります。学び・・・温かい心や命・平和の大切さを。味わい・・・知ることや考えることの面白さを。出会い・・・ワクワクしたり、心が和んだりするような映像芸術と。大人として子供に出会わせてやりたいものを提供する場にしたいと思います。刺激的な映像や情報があふれていますが、しっかりとした内面を養い自分にとって良いものを見つけ、表現し、心豊かな毎日が送れるよう助けになればという願いがあります。

会員登録をおすすめします (入会金、年会費不要。例会に参加されるときのみ要参加費)登録がなくても映画教室にご参加いただけますが、作品によっては登録会員にのみのお知らせになることもあります。また参加費も会員より少し多くなるかもしれません。ぜひご登録を。(個人情報の取扱は慎重にします。お申込の際に別紙お渡しいたします。)

参加費について上映作品によって、また全体の費用によって変動します。

お聞かせください・教えてください 映画教室の実施曜日、時間帯など、保護者の方の家庭やお仕事の都合によってご希望があると思います。参加しやすいところをぜひお聞かせください。

問合先:事務局 中村よしこ<昼・職場>(0852)25−5713FAX(0852)24−1916<夜・自宅>(0852)82−3995FAX(0852)82−3993<携帯>090−2003−6623<携帯メールアドレス>tombichan@ezweb.ne.jp

以上です。

としまるでした


2006-02-08 ニュースtoスピーチで日記を読むパートツー

_ ニュースtoスピーチで日記を読むパートツー

以前 昨年の5月31日に書いた ニュースtoスピーチで日記を見るを書かせていただきました。日記での検索の仕方を書きます。

いま皆様がみておられる日記の だいぶ下の方になりますが、

RSSと書かれているつぎに検索と あります。タブキーを押してゆき 検索のところで検索後を入れて、 Search実行ボタンを惜します。検索後は、「ニュースtoスピーチ」と 入力します。Search 実行ボタンおでエンターおします。検索が開始され いくつかみつかります。いくつか ニュースtoスピーチに関係する日記がでてきますが

としまる日記 2005-05-31エンターキーを押すと その平成5年5月31日に書いた日記に跳びます。

また、としまる日記 2005-05-31http://blog.project-ui.com/tosimaru/20050531.html上記のアドレスをエンターでも そのページにとびます。

ここからニュースtoスピーチで日記を読むのタイトルがあります。視覚障害者の ホームページを読む とくに ニュースの記事を読むのにニュースtoスピーチというソフトがあります。おおくの方が使っておられます。桂木範・オンラインソフト工房へ 接続しますhttp://www.geocities.jp/katsuragi_nori/です。そちらにあります。私の日記もhttp://blog.project-ui.com/tosimaru/index.rdfのアドレスをニュースtoスピーチに登録し 日記も読めるようになりました。とても便利にりようしています。またと 書き文章がつずいています。

上記は 高知システムの マイニュースでも可能になりますが、本文だけを読むのには 少し知識が必要となります。

ニュースtoスピーチは そのてん簡単に登録できます。その 登録の手順を昨年の5月31日の日記に書いています。

同じようにお隣で日記を書いておられるみなさまの日記の ページアドレスの後にindex.rdfと書いたものが ニュースtoスピーチ マイニュースなどに登録できて 新しいニュースが届くと自動的にニュースを見る事ができます。

adachi日記http://blog.project-ui.com/adachi/

のんのん日記http://blog.project-ui.com/nonnon/

田中隆一のてくてくラジオ日記http://blog.project-ui.com/tanaka/

上記のアドレスの後に [/]の後に [index.rdf]と書き加えて、一つのアドレスにして ニュースtoスピーチ あるいは マイニュースなどに登録する事ができます。また、他の方の日記もゆうあいの日記にのっていますので いろいろためしてみてください。


2006-02-09 松江アーバンホテルグループがてくてくラジオ導入

_ 松江アーバンホテルグループがてくてくラジオ導入

おとなりの 田中さんの日記をみますと

田中隆一のてくてくラジオ日記http://blog.project-ui.com/tanaka/

松江アーバンホテルグループさまに、てくてくラジオが採用された事が書かれています。松江アーバンホテルグループ様は、松江駅前のアーバンホテルと、松江しんじ湖温泉のニューアーバンホテルです。

アドレスはhttp://www.matsue-urban.co.jp/

常設ではなく、視覚障害者が宿泊されるときのみに仮設設置対応だそうです。とても 嬉しくおもいます。

上記に関する記事が今週号の 山陰経済ウィークリーに、視覚障害者を音声で案内・てくてくラジオは、まちづくり。と言うタイトルで大きく取り上げられていました。松江アーバンホテルグループさまにて、てくてくラジオが採用された記事で ホテルの方の方針がのっていました。とても 嬉しい記事です。インターネット上には記事はないみたいです。

また お友達の方から教えていただきました。今日の毎日新聞のWEBサイト、島根の地方ニュースです。「 頑張ってます:計画技術研究所松江事務所長・田中隆一さん(38) /島根」http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shimane/[2006年 2月 8日]

としまるでした


2006-02-10 点訳、音訳奉仕員養成講座のお知らせ

_ 点訳、音訳奉仕員養成講座のお知らせ

昨日の夜は 妻にさそわれて「きょうげん」を楽しんできました。 内容につきましてはnpo法人 おやこげきじょう 松江様次回例会ご案内http://oyakomatsue.web.infoseek.co.jp/reikaiosirase.htmに 乗っていました。今日はこれから 健康診断にでかけてきますが。 朝 つい コーヒーを飲んでしまいました。夜9時以降は 飲み食いしてはいけなかったのですが つい 朝 コーヒーを1ぱいのみました。

さて、点訳、音訳奉仕員養成講座のお知らせライトハウスライブラリーでは毎年 点訳、音訳のボランティアの養成講習会を開催しておられます。ここから

平成18年度 島根県点訳・音訳奉仕員養成講習会受講生募集要項

1.目的  視覚障害者福祉に理解と熱意を有する方を対象に、各種講習会を開催し、点字・録音図書等の作成を通じ、視覚障害者の読書・情報環境の充実と社会参加支援を図る目的で、「点訳・音訳奉仕員養成講習会」ならびに録音図書デジタル化のための「デジタル編集ボランティア養成講習会」の受講者を募集します。

2.事業名  島根県委託 点訳・音訳(朗読)奉仕員養成事業

3.主催  社会福祉法人島根ライトハウス ライトハウスライブラリー

4.定員 (1)点訳コース 10名  (2)音訳コース 10名      (3)デジタル編集(テープ図書をCD図書に変換する作業)          コース  若干名

5.条件 (1)20歳以上65歳まで(学生は除く)      (2)音訳、デジタル編集コース希望の方はWord、Eメールが使える事      (3)講習終了後、継続して活動ができる事

6.講習 (1)点訳・音訳コース 平成18年4月から1年間(月2回)         点訳コース 第1・3金曜日 13:30〜16:30         音訳コース 第2・4金曜日 13:30〜16:30      (2)デジタル編集コースは、4月〜6月(全5回)時間は未定

7.会場  ライトハウスライブラリー

8.受講料  無料(但し、テキスト代、機材等 実費負担)

9.問合せ・申込先  住所・氏名・生年月日・電話番号・ご希望のコース(点訳、音訳、デジタル編集)を明記し、ライトハウスライブラリーまで、はがき又はEメールでお申込下さい。  〒690-0884 松江市南田町141−10 電話0852−24−8169  FAX0852−28−4321  Eメールmail@shimane-l.jp

10.締切り 平成18年2月末日

11.選考会 点訳・音訳コースは、3月10日(金)に選考会を実施します

いじょうです


2006-02-11 「共に生きる」20

_ 「共に生きる」20

共に生きる19では、平成1年2月ごろの出来事と 兵庫県からテープ雑誌「声の広場」の主催者の方がわざわざ松江まで着てくださった事、 その方とは今も親しくおつきあいをさせていただいていますが、 声の広場の主催者の方との初めての出会いを書かせていただきました。

その方が松江に来られ 私は 光を見つけ 肩の荷の一つがなくなり 心がすこし軽くなりました。

寒かった冬からすこしずつ暖かくなり 春を迎えます。 鶯の声も目立つように毎日聞こえるようになります。鳥の鳴き声や 春の芽吹き 草木も若葉がでてきます。 芽生え! 四季の自然の中野多数のにおいを感じるようになってきました。 芽生えのにおい! 3月ごろからいろいろなにおいを感じてきました。土の中から めばえたにおいでしょうか、 土の中から芽がでて さあ がんばるぞ!と言うような においです。

また、、太陽の暖かさを体で感じるようになりました。太陽の当たる方向で 太陽の位置や 今自分の向いてる方向は 東西南北どちらを向いているのだろうか「太陽を中心に考えて」 いろいろ思います。 もちろん失明していますので、 太陽を見ても 光もなにも感じません。 風景や景色も何も目で見る事ができない中で太陽はあたたかいな。 春になり 新しい草木が芽をだし春にはにおいがあるんだな。 自然ってすごいな。木や葉っぱにさわってみて 暖かさを感じました。 大陽の暖かさを受けて 木も暖かく まるで血液が循環しているように思いましたし にんなが命があるんだなと思いました。

そして、 わざわざ遠方から尋ねてこられた方のお気持ちのありがたさや 失明してから6ヶ月がたった中で 家族やとくに妻には感謝しました。 そして心配してくださった たくさんの皆様。 ライトハウスライブラリを知りその中でたくさんのボランティアの皆様が 日々私たち視覚障害者のために 多数のボランティア活動をしてくださっている事などなど 失明してから6ヶ月 病院を退院してから5ヶ月の 平成1年の3月頃 のお話です。

与えられた命に感謝し!生きる!「これからの未来」 今後の生活も含めて悩みはたくさんありますが、あまり悩まないように 考えないようにしようと思いました。そうすると、背中に担いでいる荷が また少し軽くなりました。

桜の花の咲く季節を迎えました。春 暖かくなり気持ちの良い季節です。県立盲学校へ入学し4月から学生になりました。家から学校に通うのではなく、 盲学校に付属して寄宿舎があります。 生活も寄宿舎生活を考えました。自分の日常生活訓練にもなると思いましたし、 寄宿舎生活を選びました。

月曜日の朝、家から学校にでかけて、月曜日から土曜日まで 寄宿舎で生活し、 盲学校の授業が土曜日午前中で終わりますので、迎えに着てもらって家に帰り、月曜日また盲学校にでかけ授業を受ける生活を始めました。「現在は週休2日制」でしょうか

とても楽しい生活です。教えていただく事も多く たくさんありました。

寄宿舎で生活を共にしたみなさまとは 今も忘年会とか あつまろう!と幹事の方の連絡でみなが集まります。楽しい交流をしています。ライトハウスライブラリ主催のパソコン講習会やいろいろな会合で顔を合わせる事も多いですし、 楽しくわいわい交流しています。

つずく


2006-02-13 nhk ラジオ第2放送  視覚障害者のみなさんへ

_ nhk ラジオ第2放送 視覚障害者のみなさんへ

失明してから nhkラジオ第2放送の「視覚障害者のみなさんへ」を知り ラジオを良く聞くようになりました。

放送は 日曜日 19:30〜20:00再放送は 翌 日曜日の 7:30〜8:00だそうです。

放送をたまたま聴けなかった事も良くあります。

nhkの ホームページNHK 福祉関連番組のご案内http://www.nhk.or.jp/fukushi/shikaku/index.html

nhkのホームページから 良く番組を聞く事があります。

                 福祉ネットワーク 
                 ETVワイドともに生きる 
                 きらっといきる 
                 みんなの手話
                 ろうを生きる難聴を生きる 
                 視覚障害者のみなさんへ 
                 社会福祉セミナー 
                 ワンポイント 介護 
                 ワンポイント リハビリ 
                 ワンポイント 手話 

など、リンクがあります。 どれも興味不快ないようです。上記のリンクの

                 視覚障害者のみなさんへの中には いままでに放送された番組が解りやすく掲示されています。

インターネットを利用して放送を聞く事ができます。

リンク 前の月を見るで エンターしますと、 前月の放送された番組がでてきます。たとえば、 私は点字だけでなく 点図 触れ図にも興味がありますので、

絵本を語る(30分32秒)1月29日の放送や、 障害者自立支援法についての 放送を聞きました。

Windows Media Player もしくはReal Playerを利用して以前放送された放送番組の内容を聴く事ができます。どちらのプレイヤーを使うかは ホームページで選択できます。


2006-02-14 松江プリエールフェスティバル 2/25 [土]開催視覚障害者関係

_ 松江プリエールフェスティバル 2/25 [土]開催 視覚障害者関係

昨年末にリニューアルした松江市の松江スティックビルでは、視覚障害者向け新設備として、誘導鈴が2箇所のげんかん入り口につきました。

エレベーターの内部の押しボタンに点字表記もつきました。エレベーターのボタンをおして 到着時 音声案内もあります。

1階と2階には歩行誘導マット「歩導くん」も敷設されています。弱視の方 見えにくい方にも分かりやすい誘導マットです。

また「am微弱電波システム」、愛称「てくてくラジオ」が1階〜5階まで37箇所に設置されました。これは特定の周波数に合わせたラジオを携帯すると、設置された箇所の前でそれぞれの部屋やトイレの構造の説明が聞けます。#ふつうのamラジオを用意してください。ラジオは、2階の事務室受付で無料で貸しだしていますが、自分のラジオをお持ちの方は、1620khzにあわせてください。

小音発信器「ひよこ」はエレベーター、トイレなど9箇所に設置されました。小さなピピッという音声で優しい音が常時流れています。

さて、 2月25日(土曜日)の午前10時から、このスティックビルで「プリエールフェスティバル」が開催されます。男女共同参画センター(愛称“プリエール”)が交流や学習を目的に開催する年に1度の大きなお祭りです。

午前10時から20分間オープニングコーラス、10時から午後3時までワークショップや物品の販売が予定されています、

また、私たち NPO法人プロジェクトゆうあいが企画する、ビル内の視覚障害者向け新設備、「てくてくラジオ」や「歩導くん」、触覚ディスプレイの体験、バリアフリー啓発ビデオの試写会、松江てくてくマップ、てくてくブックの紹介など企画しています。

また、天神町商店街をラジオを持って歩くと、お店の案内が聞こえてくる、天神町てくてくラジオサービスも開催されています。こちらは11:00〜15:00です。ラジオを持って、皆さんぜひお出かけください。25の日は 天神町は天神市を開催され、午前10時から午後5時まで歩行者天国です。皆様のお越しをおまちしています。


2006-02-16 イチローぱちり

_ 第5回 Web-GIS & 参加型調査シンポジウムのご案内

盲導犬応援団作野@島根大学さんからの イベント紹介です。

標記のシンポジウムを島根県中山間地域研究センターと島根大学 「汽水域の自然・環境再生研究拠点形成プロジェクト」が共同開催されます。

詳細はそれぞれのHPをご覧ください。特に午後の第3分科会では「住民参加による流域環境評価とGISの可能性」をテーマに議論されるそうです。

なお,参加ご希望の方はできるだけ事前にお申し込み下さい。もちろん,当日の参加もOKです。

<島根大学ホームページ該当ページ>http://www.shimane-u.ac.jp/_ifontis/public/event/GIS_sympo.html

<島根県中山間地域研究センタートップページ>http://www.chusankan.jp/

<プログラム概要>第5回 Web-GIS&参加型調査シンポジウム テーマ「Web-GISによる広域連携と次世代の地域マネジメント」

 カーナビやGPS機能付き携帯電話の普及,Googleマップの登場など,この1年も地図 を活用した情報共有に大きな進展がありました。住民を主人公とした情報共有を目指 す中山間地域研究センターのWeb-GISと参加型調査の取り組みも5年目を迎え,環境・ 生態系・教育・コミュニティ・産業・防災・観光・福祉など多様な分野を横断して, 15のWeb-GISが一体的に運営される全国でも有数のWeb-GISセンターとなっています。 今回のWeb-GIS&参加型調査シンポジウムでは,このような成果を基に,まず全体会 議において,今後の中国地方や全国における広域連携の可能性を論議したいと考えて います。また,分科会においては,観光・土地利用・流域管理の3つの分野におい て,地域住民を中心とした新たな地域マネジメントを支援するGIS活用の具体的な展開 を紹介いたします。

 1.期日・会場:2006年2月26日(日)10:30〜16:00(10:00開場)

 島根県中山間地域研究センター(島根県飯石郡飯南町上来島1207)2.主催 島根県中山間地域研究センター 島根大学「汽水域の自然・環境再生研究拠点形成プロジェクト」

全体会議10:30〜12:0010:30〜 開会・中山間地域研究センターのWeb-GIS〜この1年の取り組みを振り 返って11:00〜 リレートーク  崔羚饕亙におけるWeb-GISの共同運営の可能性〜鳥獣管理,森林管理,流域管 理,観光連携,土地利用,道路・交通マネジメント,リサイクル,防災」   藤山 浩 地域研究グループ科長 (島根県中山間地域研究センター) ◆屮螢癲璽肇札鵐轡鵐芦菫をベースにした中国地方のGIS連携」(仮題)   作野 裕司 助手(広島大学大学院工学研究科) 「住民参加型の情報共有に向けた条件整備のあり方〜地方ブロックにおけるGISセ ンターの必要性」(仮題)   今井 修 特任教授(東京大学空間情報科学研究センター)

GIS展覧会(兼昼食)12:00〜13:30 住民や学校,NPOの活動あるいは全体会,分科会の関連資料,島根県中山間地域研究 センターと関連各課のWeb-GISの内容と機能に関する展示とデモを繰り広げ,自由に交 流します。

分科会13:30〜16:00<第1分科会>「地図づくりから始める田舎ツーリズム」 次世代の中山間地域における観光展開に向けた地図活用を論議します。<第2分科会>「農地一筆マップ成果発表会」 中山間地域において急務とされている土地利用調整を,今年度県内50集落以上で 展開されている総合的土地利用マップ(農地一筆マップ)の作成事例を紹介し,新し い営農・土地管理手法を展望します。<第3分科会>「住民参加による流域環境評価とGISの可能性」 流域管理は,これからの環境管理の有力な枠組みとされています。出発点となる流 域環境評価を,住民参加により進めるためのGISの活用について,島根県中山間地域研 究センターも参画している島根大学汽水域重点プロジェクトの成果を踏まえて検討し ます。・コーディネータ 作野 広和(島根大学教育学部)・報告 「宍道湖・中海環境データベースの望ましい姿とは?」都筑 良明 研究員(島根 大学汽水域研究センター) 「GISを用いた流域管理と住民参加の可能性」中山 大介 研究員(島根大学汽水域 研究センター) 「神戸川流域環境マップづくりの成果と課題」小村あかね 情報コーディネータ (中山間地域研究センター情報ステーション) 「河川の水質評価法〜住民のための簡便な計測法の開発〜」奥村 稔 教授(島根 大学総合理工学部)・コメンテータ 船越 元煕 理事長(NPO法人 豊潤な海・中海みらい)

以上です。

_ イチローぱちり

としまるです 昨日は天候は曇りでしたが気温は暖かく 外に出かけた時に イチローの写真を写しました。携帯電話のカメラで写しましたが 10枚写して うまく撮れたのが2枚です。シクシクしく

自分では 全体を写真で撮ったつもりですが、 頭だけだったり 胴体だけだったりして 目の見えない状態で写真を写していますが、 1メートル離れたいちから 写すと どうしても体の一部だけを写してしまったり ミスもおおかったです。無念残念!

これからは できるだけ離れて写そうとおもいました。

1枚は うまく写っていますが病院の駐車場で写しました。もう1枚は 家の駐車場で写しましたが くびから上だけが写っています。なかなか 写真を撮るのってむずかしいですね。 体を手で触り位置を確認してから写真を写していますが・・。2枚の写真をのせました。imageimage


2006-02-17 再度アップ みんなで やらこい『福祉でまちづくり』推進セミナーの開催について

_ だじゃれで爆笑

2月14日はバレンタインディでした。 家族からチョコレートをいただき嬉しい一日でしたが、 記念になるもっと楽しい出来事がありました。

14日の日は 市内の小学校 津田小学校3年生の授業のおてつだいに行きました。玄関の前で 何名かの子供さんたちがまっててくださり手引きを受けながら 校長室へ行きました。手引きや点字の学習もしておられ、 手引きもたいへんじょうずでした。

男の子の子供さんが 点字のプログラムを作ってくださっていて、大変感激しました。 その場で点字のプログラムを声を出して読ませていただきました。こどもさんも 書かれた内容が不安だったのでしょう。 きれいな点字でしたので その事を教えてあげました。 点字のプログラムを作っていただき スケジュールが解りましたので たいへん嬉しかったです。 その事を作ってくださった子供さんにお話しし、 一緒に感動しあっていました。

3年生の学級は4クラス有り、 かくクラスから クイズ だじゃれ 歌などのプレゼントをいただきましたが、 イチロー君には トロフィー おおきなメダル 小物入れ みんな 手作りです。 そして カセットテープ いま聞きながら日記を書いています。 歌は みなさんの合唱で 翼をください。です。 翼をくださいは みなで合唱をし、私も歌いました。

いただきましたカセットテープ、皆さんの合唱で すてきな歌の「歌の宝石箱」です。うるうるうる ありがとうございました。

クイズコーナーでは、私もいろいろ考えましたが みなさんが回答を言われて 言われてからなっとくして 大笑いしました。

さてさて、だじゃれコーナーでは これまた大爆笑しました。一つ一つのだじゃれを一人一人の子供さんが考えてくださり、 順番に発表です。解った物もありましたが 初めて聞く だじゃれには大爆笑でした。おおわらいをしました。

コンドルが よろこんどる

この焼き肉 やきにくい

お寺の鐘が なってら

コンドルの パンツが くいこんどる

タンスの 中で フラダンス

ライスが ないと つらいっす

おおかみが トイレに 入った おーかみがねー。

おばちゃんが どぶに 落ちて おーばっちゃん

タンス かったんすか

マッチョが 学校で まっちょう

太陽へ 行きたいよう だめだよう

ジョニー どこへ行った 便所ニー

ヘルシーな 食事じゃ おなかへるしー

ウナギを 見て うっなげー

いじょうですがみなさま 楽しい一日をありがとうございました。たくさん声をだして笑いました。  笑う事 健康の為にも良い子とです。みなさま ありがとうございました。としまるでした

_ みんなで やらこい『福祉でまちづくり』推進セミナーの開催について

昨日は 松江市ボランティア連絡協議会の 常任委員会にさんかしていましたが、 日にちもちかずきましたので 再びアップいたします。

松江市ボランティアセンター登録団体に届いた書類でかく団体で参加人数を申し込みするようになっています。地区公民館単位でも 申し込みされるとおもいます。参加には申し込みが必要です。会費が1000円です。ご注意を宜しくお願いいたします。

さあ!みんなでやらこい!福祉でまちづくり!

松江市の 地域福祉活動計画の 作業委員会に参加させていただきましたがワークショップも3年にわたり開催され、 ワークショップもほとんど欠席なく参加しました。提案がたくさんあがりました。ワークショップの開催で たくさんのご提案もあり、 作業委員会で話し合い あるいは 担当を決めて 市内公民館へ取材にもゆきました。それらの内容を作業委員会から 策定委員会で 審査され決定された事が 松江市長へへ提案書として提出されました。

その 途中から みんなでやらこい 福祉でまちづくりの 研修会もスタートしました。パート5ですので もう5年になります。 月日がたつのが早いです。

みんなで やらこい『福祉でまちづくり』推進セミナーの開催について(ご案内)

公民館、社協、ボランティアの皆さん、学校関係者等を対象にした研修会が、下記のとおり開催されます。みんなで やらこい「福祉でまちづくり」推進セミナーPart5

〜市民が創る地域福祉活動とその基盤づくり〜

趣旨:三位一体改革、障害者自立支援法、市町村合併などで市民の生活を支える環境が大きな変革期を迎えています。このような状況を踏まえつつ、地域福祉の担い手と位置づけられた市民に求める役割を確認すると共に、これから進むべき方向性を見極めながら市民参加を軸とする活動基盤のあり方について検証します。

主催:松江市社協、松江市地区社協会長会、松江市ボランティアセンター

期日:平成18年2月28日(火)13:00〜17:00※12:30より受付

会場:八雲社会福祉センター アルバホール  定員470名(八雲町西岩坂355−1)

参加費:1,000円

内容:基調講演(演題未定) 日本社会事業大学 学長 大橋謙策氏シンポジウム「公民館活動とこれからの地域福祉(仮)」コーディネーター 大橋謙策氏シンポジスト 「松江の計画作りから見える地域福祉活動の特色」同志社大学教授 上野加代子氏「公民館を拠点とした街づくりの仕組みと今後の展開」松江市健康福祉部 松本修司氏「地域住民による災害時の安否確認の支えあい」法吉地区社協 会長 石原智治氏「地区地域福祉活動計画による巡回福祉タクシーと子供の安全対策」朝酌公民館 館長 原顕夫氏

参加申込期日:平成18年2月20日(月)ただし、定員を超えた場合は調整をします

問い合わせ:松江市社会福祉協議会 電話0852−21−5773ファックス0852−21−5377 担当:諏訪、安部松江市ボランティアセンター 電話0852−27−8388ファックス0852−24−1020

申込:松江市ボランティアセンターへ氏名、役職名、(備考)を記載のうえ、ファックスでお申込下さい

いじょうです。


2006-02-18 安らぎ イチローぱちり

_ しまねNPO協働フォーラム

しまねNPO協働フォーラムが 今日開催されます。日時:2月18日(土) 場所:島根県民会館 大会議室ほか  主催:しまねNPO活動支援センター(財団法人島根ふれあい環境財団21)    財団法人ふるさと島根定住財団  後援:島根県教育委員会、島根県小学校長会、中学校長会、公立高等学校校長会

参加者は、NPO関係のほか、行政職員、教職員関係とのことです。

詳細な ホームページを探していましたが 見つからなく

また、フォーラムが終了後      「島根県NPO法人連絡協議会(仮称)」設立のご提案のお話も 有りますので そちらへも参加してきます。

明日の日曜日 19日は しまねハーネスの会 有志の皆様が 集まり 運営委員会の開催です。 大田市のアステラスへ 集合しますが 盲導犬も5頭ちかく集まるのではないでしょうか声のお便り製作 打合会、 本年のスケジュールや予定などの打ち合わせを行います。 しまねハーネスの会では、 毎年2回の懇親会 勉強会 など 県内各地で行っています。春 まじか

_ やすらぎ イチローぱちり

私の足下には イチロー君がダウンしてやすんでいます。もうすこしすると でかけますが、

夜、 安心して寝ているイチロー君の写真を1枚写しました。石油ストーブの音と ここちよい 暖かさ 小さな寝息。そんな イチローの写真を写しました。1枚の 写真を添付しています。

また、 今日はイチロー君の誕生日です。おめでとう! イチロー!2月18日が誕生日で 10歳になりました。人間の年で言うと 60歳くらいでしょうかここちよく 安心して寝ています。そんな やすらぎな 写真です。

今日はできるだけ 早く家に帰って 家族みなでお誕生日会を開こうと思います。ハッピーバースディ

としまるでしたimage


2006-02-20 出雲市てくてくウェブ

_ 出雲市てくてくウェブ

出雲市バリアフリーマップ作成検討委員会の方針にそいまして、npo法人 プロジェクトゆうあいでは、出雲市市内施設調査のお手伝いをしています。

出雲てくてくweb 第2弾施設調査に動いています。

 本年度は、旧平田、多岐、など新出雲市域を対象にした施設の調査とWEB化を目的にしています。あわせて、簡単な紙マップも作成されると思います。

#視覚障害者の立場で 入り口から受付の場所の方向などの 案内につきましてご提案もしました。テキストで 説明。

#紙マップにつきましては、 sdコード 視覚障害者 文書の朗読システムとして 日常生活用具に スピーチオ テルみーと言う機種があります。紙媒体の テキストの 音声サポート松江てくてくブック 100ページを2年前に作りましたが sdコードをすべてのページにいれました。

また、 ご提案をいただき朗読音訳していただき 視覚障害者のレィジー図書として 作成のお願いもありました。

施設名や住所 連絡先電話番号なども 乗りますしうまくつかえば 視覚障害者 私達の 声の電話帳にもなるのではと思います。

調査に関しまして、●第1回:1月28日(土)大社、平田方面すでに終了しています。出雲市大社支所平田支所 出雲市福祉課で 募集をかけられました。バリアフリー調査は 無事終了いたしました。

●第2回:2月24日(金)多岐、湖陵方面出雲市多岐支所 、湖陵支所 出雲市福祉課で募集をかけておられ、今週の金曜日が開催日です。

●第3回:3月18日(土)旧出雲、佐田方面旧出雲は 出雲市福祉課様 、佐田方面は出雲市佐田支所で おのおの募集をかけておられます。

それぞれまる一日のプログラムです。午前10時から 午後4時くらいの 予定になります。支所に集合し 班に分かれて 施設のバリアフリー調査にむかいます。

調査票にもとずいて施設の調査をするわけですが、 調査をするだけでなく 一緒に町をあるいたり 私の場合ですと手引きもしていただきながら 会話を楽しむ。 語り合って 理解をしていただく きっかけ作りにつながります。

話がそれます。もっと 良いのは 町内会単位で 弁当をリュックサックにつめて みなで 自分の住んでいる町を歩く。バリヤフリー ユニバーサルデザイン ゴミや緑を 地図に書き込む災害時の 避難について 語り合う。 バリアフリーだけでなく みなで 一緒に町を歩き 語り合う事により 次の発展につながってゆくのではないでしょうか

むこう3げんりょうどなり ネットワークや 夜暗く 蛍光灯を増やす お話やこどもさんたちの 帰宅 下校時の町の安全対策などなどいろいろ 会話をする事により つぎの 発展に繋がると思います。

出雲てくてくウェブ 松江てくてくウェブにつきましてはhttp://www.project-ui.comゆうあいの ホームページにも リンクをはっています。


2006-02-21 島根県社会福祉協議会主催「地域福祉推進フォーラム」

_ 島根県社会福祉協議会主催「地域福祉推進フォーラム」

3月1日に松江市のくにびきメッセにて、島根県社会福祉協議会主催の「地域福祉推進フォーラム」が開催されます。

npo法人 プロジェクトゆうあいでは第5分科会「仕事とボランティア みんな輝いて!」 (ボランティア入門教室)を 担当します。

また、 1月26日には 浜田市のイワミールに置きましても、勤労者マルチライフ支援事業 ボランティア入門教室が開催され、担当させていただきました。

島根県社会福祉協議会主催の「地域福祉推進フォーラム」以下のページより申し込み用紙がダウンロードできますhttp://www.fukushi-shimane.or.jp/cgi-bin/volunteer/index.cgi?act=info&id=116

また、その前日平成18年2月28日(火) みんなでやらこい「福祉でまちづくり」推進セミナー Part 垢粒催につきまして、としまる日記でもなんどかご紹介していますが、

以下のページhttp://www.city.matsue.shimane.jp/jumin/shisei/kouhou/shihou_matsue/1802/orikomi/syakyo_1.htm

みんなで やらこい『福祉でまちづくり』推進セミナーの開催について

昨日は 松江市ボランティア連絡協議会の 常任委員会にさんかしていましたが、 日にちもちかずきましたので 再びアップいたします。

松江市ボランティアセンター登録団体に届いた書類でかく団体で参加人数を申し込みするようになっています。地区公民館単位でも 申し込みされるとおもいます。参加には申し込みが必要です。会費が1000円です。ご注意を宜しくお願いいたします。

さあ!みんなでやらこい!福祉でまちづくり!

みんなで やらこい『福祉でまちづくり』推進セミナーの開催について(ご案内)

公民館、社協、ボランティアの皆さん、学校関係者等を対象にした研修会が、下記のとおり開催されます。みんなで やらこい「福祉でまちづくり」推進セミナーPart5

〜市民が創る地域福祉活動とその基盤づくり〜

趣旨:三位一体改革、障害者自立支援法、市町村合併などで市民の生活を支える環境が大きな変革期を迎えています。このような状況を踏まえつつ、地域福祉の担い手と位置づけられた市民に求める役割を確認すると共に、これから進むべき方向性を見極めながら市民参加を軸とする活動基盤のあり方について検証します。

主催:松江市社協、松江市地区社協会長会、松江市ボランティアセンター

期日:平成18年2月28日(火)13:00〜17:00※12:30より受付

会場:八雲社会福祉センター アルバホール  定員470名(八雲町西岩坂355−1)

参加費:1,000円

内容:基調講演(演題未定) 日本社会事業大学 学長 大橋謙策氏シンポジウム「公民館活動とこれからの地域福祉(仮)」コーディネーター 大橋謙策氏シンポジスト 「松江の計画作りから見える地域福祉活動の特色」同志社大学教授 上野加代子氏「公民館を拠点とした街づくりの仕組みと今後の展開」松江市健康福祉部 松本修司氏「地域住民による災害時の安否確認の支えあい」法吉地区社協 会長 石原智治氏「地区地域福祉活動計画による巡回福祉タクシーと子供の安全対策」朝酌公民館 館長 原顕夫氏

参加申込期日:平成18年2月20日(月)ただし、定員を超えた場合は調整をします

問い合わせ:松江市社会福祉協議会 電話0852−21−5773ファックス0852−21−5377 担当:諏訪、安部松江市ボランティアセンター 電話0852−27−8388ファックス0852−24−1020

申込:松江市ボランティアセンターへ氏名、役職名、(備考)を記載のうえ、ファックスでお申込下さい

いじょうです。


2006-02-22 松江湖城ライオンズクラブ 1000回記念例会

_ すもうあしこし パートツー

あだーん! おべたがね。 普段100を超えることはめったになかったのですが昨日のアクセス数が なな なんと270をこえて びっくりし ぞんぞがついてました。ぞんぞ 鳥肌がたちましたが

原因はルビーの松本さんの日記http://www.rubyist.net/~matz/

すもうあしこしが 原因でした。 にこにこ

2005年 5月18日(水曜) 9時22分に 日記をかきましたが それが原因。さて、 すもうあしこしさて みなさまなんだとおもいます。広報の県たより「テープ番」を聞いていました。宍道湖しっちん

す すずきも もろてえびてながえびのことです。

う うなぎのこりの4つはなにでしょう。の 続きをかきます。

あしこしあじや あまだいではないです。あさりや あおてがにでもないです。正解は あまさぎです。

しはしじみこは 鯉 こいです。しは 白魚です。

正解を書いていなかったもので あわてて 書きました。

_ 松江湖城ライオンズクラブ 1000回記念例会

昨日、3月21日「火曜日」 夕方午後6時から開催されました、松江湖城ライオンズクラブ様の1000回記念例会へ参加させていただきました。島根には、松江湖城ライオンズクラブ様と 東京虎ノ門ライオンズクラブ様の共同アクティビティで寄贈いただいています盲導犬が2頭活躍しています。一頭はジュリアちゃん 昨年の6月ころに 日記に写真を載せていると思います。 ニューフェース ジュリアちゃん [ガイドドック]2005年 6月28日(火曜) 15時12分もう一頭が イチロー君です。

2頭の盲導犬も1000回記念例会と祝賀会に参加させていただきました。盲導犬は自軍で資金を用意するのではなく 募金や寄付金によって育成されています。私たち盲導犬使用者は盲導犬協会から 盲導犬を貸与受けるシステムが作られています。

式典には、東京虎ノ門ライオンズクラブ様の方からも代表の方が多数ご参加されました。また、財団法人日本盲導犬協会から、 井上理事長 普及啓発推進担当部長のお二方が参加されました。日本盲導犬協会HP http://www.moudouken.net

ジュリアちゃんとイチロー君は 松江湖城ライオンズクラブ様と 東京虎ノ門ライオンズクラブ様との共同アクティビティにより、 日本盲導犬協会から貸与を受けている盲導犬です。私は盲導犬を貸与いただきました事により、 社会参加と自立につながりました。

盲導犬には多数のボランティアの皆様が関わっておられます。 繁殖犬の親犬を飼育されるボランティアさん。子犬を1年間あずかわれる 里親ボランティアさんパピーウォーカーさん。 訓練所でも多数のボランティアの方がおてつだいしておられます。 犬舎の掃除や 散歩ボランティアの方もおられますし、 施設の掃除や多数の方が見えない所でボランティアしてくださっています。盲導犬の 同伴かステッカーをお店にお願いし貼はるボランティアをしてくださっている方もおられますし、 盲導犬のコートや洋服を 洋裁ボランティアさんが作ってくださる事もあります。 ガイドボランティアや 盲導犬が退役したら一般のご家庭で退役犬ボランティアを引き受けてくださる方も多数おられます。そして、 募金寄付金活動により、 都道府県の盲導犬貸与活動により、 盲導犬が作られています。資金援助が有り 援助ボランティアの皆様も含めて 盲導犬は多数の皆様の深い愛情によって作り出されています。1頭の盲導犬 生まれてからなくなるまで、たくさんのみなさまの愛情を受けて育っています。皆様に感謝いたします。


2006-02-23 「共に生きる」21

_ 2月25日[土]プリエールフェスティバル2006

再書き込みです。2月25日「土曜日」松江市スティックビルにて 松江プリエールフェスティバルが開催されます。プリエールねっととは、(まつえ男女共同参画ネットワーク)です。男女共同参画センターの前は、女性センターでした。 5年前になりますが、 盲導犬ハッピーの映画の バリアフリー上映会を開催させていただいた事があります。その次の年は 作家の 落合けいこさんがこられて講演会がありました。 落合さん 犬ずきで イチローくんに 身につけておられたネッカチーフをいただきました。 バンダナとして イチロー君のくびにまいています。プリエールフェスティバルの 思い出たくさんあります。話がそれました。

プリエールねっととは、(まつえ男女共同参画ネットワーク)です。松江市男女共同参画センター内Tel 0852-32-1190 Fax 0852-32-1191http://www.geocities.jp/priernet/priernet@yahoo.co.jpです。

私達 プロジェクトゆうあいも登録団体です。プリエールフェスティバル2006★開催日時 2月25日(土) 10:00〜19:40★会  場 スティックビル内★テーマ 風は女から 八つのまちに <主な開催内容>● オープニングコーラス 10:00〜10:20● 映画「ベアテの贈りもの」上映        1部10:20〜12:00        2部18:00〜19:40● ワークショップ・販売 10:00〜15:00● 交流会 16:00〜17:30

また、リニューアルした松江市の松江スティックビルでは、視覚障害者向け新設備として、誘導鈴が2箇所のげんかん入り口につきました。

エレベーターの内部の押しボタンに点字表記もつきました。1階と2階には歩行誘導マット「歩導くん」も敷設されています。弱視の方 見えにくい方にも分かりやすい誘導マットです。

「am微弱電波システム」、愛称「てくてくラジオ」が1階〜5階まで37箇所に設置されました。これは特定の周波数に合わせたラジオを携帯すると、設置された箇所の前でそれぞれの部屋やトイレの構造の説明が聞けます。

小音発信器「ひよこ」はエレベーター、トイレなど9箇所に設置されました。小さなピピッという音声で優しい音が常時流れています。

2月25日(土曜日)の午前10時から、このスティックビルで「プリエールフェスティバル」が開催されます。午前10時から20分間オープニングコーラス、10時から午後3時までワークショップや物品の販売が予定されています、

また、私達 NPO 法人 プロジェクトゆうあいが企画する、ビル内の視覚障害者向け新設備、「てくてくラジオ」や「歩導くん」、触覚ディスプレイの体験、バリアフリー啓発ビデオの試写会、松江てくてくマップ、てくてくブックの紹介、天神町商店街をラジオを持って歩くと、お店の案内が聞こえてくる、天神町てくてくラジオサービスなどを企画しています。こちらは11:00〜15:00です。ラジオを持って、皆さんぜひお出かけください。

25の日は 天神町は天神市を開催され、午前10時から午後5時まで歩行者天国です。皆様のお越しをおまちしています。

_ 「共に生きる」21

昭和から平成と年号が変わりました。平成1年春に県立盲学校へ入学しました。盲学校の敷地の中に寄宿舎も建設されています。 普段は渡り廊下で繋がっていますが、 学校から寄宿舎までの通学は渡り廊下を通らず補導を通って学校へ通います。ただ、 学校の給食は寄宿舎の1fに 食堂がありますのでみなで給食の時間にそちらの食堂に渡り廊下を渡って行き食事をしました。まずは食べる事から書いてすみません。にっこり。

県立盲学校での生活は、月曜日の朝、家から学校にでかけて、月曜日から土曜日まで 寄宿舎で生活し、 盲学校の授業が土曜日午前中で終わりますので、迎えに着てもらって家に帰り、月曜日また盲学校にでかけ授業を受ける生活でした。とても楽しい生活です。教えていただく事もたくさんありました。 生きてゆく上でたいへん参考になりました。

寄宿舎での生活は 朝6時頃に起きて 布団を押し入れにしまって、 6時30分にはラジオ体操の時間です。 外にでてラジオ体操です。 ラジオ体操が終わるとみなで自分たちの部屋やお風呂場、トイレなどの掃除の時間です。 私は自分たちの部屋を掃除をしました。 当時2人で一部屋を借りて生活していました。 1部屋に対して1人の寮母さんが付いておられます。現在はまた 違うかもしれません。 

部屋の掃除は畳の目を足で確認し、今自分がどこにいるのかなども確認しながら、ほうきで部屋の奥から玄関の方へほうきで掃いてゆきました。 前に進みながらほうきで掃いてゆき、壁にたっしたらつぎの畳の目の前まで横にでて、ゴミを玄関の方へ掃いてゆきます。次は足を後ろにさげて行きながら 畳の面を足で確認しほうきで掃きながらあるいは、体を逆にしながら ほうきで玄関の方にゴミをはいてゆきます。 自分が部屋のどこにいるのかなどを確認しながら掃き掃除をしました。 バケツに水をくんできて机の上やドアや壁のサンの上をぞうきんで拭き掃除もしました。 

掃除が終わり、朝の朝食です。 食事の時間がいちばん楽しみなじかんです。 寄宿舎の中も男子寮と女子寮とに別れています。 みんながそろってわいわい 食事です。朝食を終えたら、部屋にもどり 今日の授業の本を鞄につめたり、はみがきをしたり、、 みながそろって寄宿舎の玄関で靴をはいて外にでて学校にむかいます。

また、 自分の部屋には 手でさわって解るように 人形など自分で用意した 解りやすい物を部屋のドアに飾っておられた方もおられました。

学校への通学では 白杖の付き方とか、みなで学校への通学途中に先輩の方からいろいろと教えてもらったりします。貴重なアドバイスをいただいたり、会話をしながら通学が楽しかったです。

私達視覚障害者は風景を見て歩く事ができませんので、 白杖にさわった物と頭の中に地図を描きながら歩きます。たとえば 玄関から出て左の壁にそって白杖で壁を確認しながら歩きます。約30歩歩いた所から左に壁にそってまがります。なにか物があり、確認しながら歩ければ いちばん嬉しいです。

道の横断は 白杖を道に反って左右に滑らせながら道を渡ります。 約何歩かも頭の中で覚えます。

家から大通りに出て圧しボタン信号機が有り、 横断歩道を渡る時もそうですね。白杖を左右にころがせながら右から左へ左から右へ白杖を滑らせながら横断します。 白杖の先が車止めにぶつかれば横断歩道からすこしずれたわけですし、 車止めがなく歩道の先の壁に杖があたり 横断歩道を渡りきった事を確認します。

また、溝を見つけて白杖で溝を確認し、白杖を溝に沿わせて、溝が切れる所までをそのまま歩き、溝が切れた所から、白杖を前についてゆき、次の確認するポイント、 白杖が壁にあたったら、壁にそって右に歩いていったり、 白杖で壁をたたきながら「確認しながら」歩いたり、 安全な歩行の仕方を少しずつ勉強させていただきました。

自分が歩行中の道路のどこら辺を歩いているのか、目的地に向かうまでのどこを歩いているのかを自分の頭の中に地図を描いていないと 町を歩く事ができません。視覚障害者として、 日常生活の基本となる事をたくさん勉強させていただきました。同じ障害をお持ちの皆様と勉学を共に市、生活も共に市 日常生活でたくさん語り合い 話し合い とても楽しく過ごさせていただきました。寮での生活や勉学は楽しかったです。学校生活次に続きます。


2006-02-24 出雲市てくてくウェブ パートツー

_ 出雲市てくてくウェブ パートツー

出雲市てくてくウェブ調査、第2回:2月24日(金)多岐、湖陵方面のてくてく調査に参加してきました。 私は湖陵の方の調査に参加しました。湖陵方面の調査には12名の方が集まられました。 聴覚障害をお持ちの方へは、 手話のボランティアの方も参加していただきました。参加のみなさまと たくさんお話ができました。てくてく調査をするだけでなく 参加者同士語り合う事によって 横のつながりがうまれます。今日は天気も良く 最高な調査日でした。

調査施設新たな発見私達 湖陵荘へよく止まらせていただきます。一昨年は島根ハーネスの会と広島ハーネスの会交流会で宿泊させていただきました。20頭を超える盲導犬も参加しました。jrps山陰支部「網膜色素変性症の会山陰支部」の皆様と一緒に宿泊させていただきました。 一昨年は2度利用させていただきました。

障害者用の 部屋も1室あり 私は 1度とまらせてもらいましたので 他のみなさんにも見ていただきました。

ホテルの方から 家族風呂をご紹介いただきました。

温泉の大浴場も有りますが、温泉の 家族用の お風呂も有り、見せていただきました。温泉の 家族用の方は 障害者対応となっています。みなさま 宿泊の際は ぜひぜひ 家族風呂の温泉にも入ってくださいとの事でした。障害者対応です。

写真も撮りましたので 5月頃には出雲市のホームページの てくてくウェブで公開されると思います。

今日は天気もよく てくてく調査は最高でした。としまるでした


2006-02-26 2月25日[土]プリエールフェスティバル2006パートスリー

_ 2月25日[土]プリエールフェスティバル2006パートスリー

2月25日「土曜日」松江市スティックビルにて 松江プリエールフェスティバルが開催されました。 25の日は毎月天神町は歩行者天国となり、天神市が開催されます。 昨日の25日も大変良い天気で 歩行者天国もたくさんの人出でした。プリエールフェスティバルの会場も 10時から開催されましたが 満員状態でした。視覚障害者の方も多数来られ私達 npo法人 プロジェクトゆうあいのブースにも来てくださりました。皆様ありがとうございました。

エレベーターの内部の押しボタンに点字表記もつきました。1階と2階には歩行誘導マット「歩導くん」も敷設されています。弱視の方 見えにくい方にも分かりやすい誘導マットです。

「am微弱電波システム」、愛称「てくてくラジオ」が1階〜5階まで37箇所に設置されました。これは特定の周波数に合わせたラジオを携帯すると、設置された箇所の前でそれぞれの部屋やトイレの構造の説明が聞けます。

小音発信器「ひよこ」はエレベーター、トイレなど9箇所に設置されました。小さなピピッという音声で優しい音が常時流れています。

私達 NPO 法人 プロジェクトゆうあいが企画する、ビル内の視覚障害者向け新設備、「てくてくラジオ」や「歩導くん」、触覚ディスプレイの体験、バリアフリー啓発ビデオの試写会、松江てくてくマップ、てくてくブックの紹介、天神町商店街をラジオを持って歩くと、お店の案内が聞こえてくる、天神町てくてくラジオサービスを実施しました。

ライトハウスライブラリ様のお力を借りてアイマスク体験 「視覚障害擬似体験」手引き体験なども企画していましたが、 お客様も非常に多く 体験コーナーは取りやめました。

たくさんの皆様にブースでいろいろ見ていただきましたが、 松浦松江市長も来られ、足を止めていただき、 いろいろお話を聞いてくださりました。歩導くん「視覚障害者歩行誘導ソフトマット」トーワ 株式会社http://www.mable.ne.jp/~towa/

AMラジオを用いた音声案内システム てくてくラジオhttp://tekuteku-radio.com/です。無事 松江プリエールフェスティバル終了です。 ご来場のみなさまほんとうにありがとうございました。松江プリエールフェスティバル 実行委員会のみなさまも 大きなイベントの企画から段取り 最後までおつかれさまでした。イベント 大成功! おつかれさまでした。


2006-02-27 ヴィラ・ノッツェウェディング[Villa di Nozze Wedding]で 成人式

_ ヴィラ・ノッツェウェディングで 成人式

1月8日 私達 東出雲町主催の成人式に ゴスペルの歌を歌うため参加させていただきました。1月9日の日記に書いています。 にこにこ

成人式おめでとう広報ひがしいずも2月号 東出雲町の ホームページに 私達 メリービーも 歌を歌っている所の写真ものっています。 うれしいーです。

ホームページはhttp://www.town.higashiizumo.shimane.jp/?ID=9042です。みてね!

下記は1月9日に書いた日記の内容です。 にこにこ 

成人式おめでとう

昨日1月8日 日曜日、東出雲町で東出雲町の成人式が開催されました。新成人のみなさま おめでとうございます。

私達「「メリー ビー」 成人式をお迎えになられました皆様の前で歌を歌わせていただきました。わたしたち、 皆様の前で歌を歌わせていただきました事、 たいへん光栄に思います。

成人式式典を終えられた皆様が「ヴィラ・ノッツェウェディング」の会場に来られ 私達はチャペルの前で待機していました皆様が来られたのが午後12時30分くらいではなかったでしょうか?関係者の皆様を含めましたら約200名ちかい皆様が 来られたのではと思います。父兄の皆様も多数ご参加しておられました。

チャペルに 私達 メリービーは 待機しています。そこへ 新成人のみなさまが来られます。皆様が少しずつ入って来られると共に

曲順は下記のとおり歌わせていただきました。オープニングとして I will follow him 皆様を歌でお迎えしました。

新成人の皆様をお迎えしました。ぞくぞく来られチャペルは満員!チャペルは外からも多数の方が見られるようにオープンされています。外からも多数の皆様の 拍手をいただきました。

さて そこで!1、Down by the riverside(アカペラで歌わせていただきました。)

すごい 拍手! うるうるる 歌を歌う私達も感激です。緊張もほぐれました。

MCの時間の後

2、Amazing Grace(アカペラ+ピアニカで歌を歌わせていただきました。)  たくさんの拍手をいただきMCで 次歌わせていただく局のご紹介。

3、おかげさま (シンセ伴奏)で 心をこめて 歌を歌わせていただきました。 聞いてくださった皆様 みなさまが 静かに聞いてくださり 歌い終えてから たくさんの拍手をありがとうぼざいました。

MCで お話が入りラストの局

4、Oh!Happy day(シンセ伴奏で 歌を歌わせていただきました。 会場の皆様の手拍子も入り 歌も力一杯歌いました。)新成人の方へマイクがわたり全員で 大合唱!!!

成人式を迎えられたみなさんと大合唱できた事!!!とても嬉しかったです!

アンコール コールが!!!まってました! アンコール曲は!!!

(アンコール曲 ハレルヤを 歌わせていただきましたが、 こちらも みなさま大きな手拍子をありがとうございます。

会場の皆様と一緒に 盛り上がりました!!!

アンコール曲がおわりましたが 皆様がまだ おられます!!!にこにこにこみなさま ありがとう!

そして新成人の皆様を  Oh!Happy day 歌で見送りさせていただきました。

ヴィラ・ノッツェウェディングの会場は とてもすばらしい所です。 職員のみなさまも とてもすばらしい方で 前日7日の夜に 私達 会場で下準備と立ち位置 歌の練習をさせていただきましたが 職員のみなさま ほんとうにありがとうございました。

ヴィラ・ノッツェウェディングさんのホームページを調べてみました。

tm21さんの山陰の元気印企業_ヴィラノッツェ ウェディングhttp://www.tm-21.com/genki_kigyou/villanozze/

Villa di Nozze Weddinghttp://www.villa-di-nozze.com/

メリー ビーこのたび10名で皆様の前で歌を歌わせていただきました。 また 来年も歌で 新成人の皆様に 祝福をさせていただきたく! 皆様からたくさんの拍手をいただき 私達も感激しています。 そして もっとがんばろうと燃えています!!!

私達服装は 黒で統一しました。男性は 黒の背広に 黒のシャツ 私は、胸に きらきら光る物を 腕も 腕輪をはめて黒のサングラス!で きめちゃいました。

以上です。

さあ!練習! 練習がんばらなくては!としまるでした


2006-02-28 2月25日のイチロー君送別会 

_ こっこさんのホームページ

ニュースtoスピーチを何度か日記でご紹介しています。ニュースtoスピーチをたいへん便利につかっています。 ニュースを読む 情報をえる そして、読みやすさが一番うれしいです。操作のしやすさなども含めて 視覚障害者 私達にとても優しいソフトです。

ニュースtoスピーチの所在は、桂木範・オンラインソフト工房http://www.geocities.jp/katsuragi_nori/です。

そして こっこさんの ホームページをご紹介しますが、多数の paramuファイルが こっこさんにゃ有志のみなさまの手で作られています。

以前ご紹介しました こっこの森から新しく 下記に変わったみたいです。

見えない世界をぶっ飛ばせ!http://www.curlchan.com/

こっこさんの制作された自作paramファイルのリンクそして みんなのparamファイルのリンクにはみなさまの作られた paramuファイルが多数あります。

毎日欠かさず利用している ニュースtoスピーチと みなさまの作られたparamuファイル たいへん便利に使っています。

また、便利なソフト「 サーチエイド」2006年 2月 6日(月曜) 8時42分に 日記を書きました。サーチエイドを利用しています。 視覚障害者にとってたいへんべんりなソフトです。とても嬉しいソフトです。

サーチエイドは、ボイスポッパーやニュースtoスピーチなど視覚障害者に便利なソフトを開発しておられる方の開発されたソフトです。サーチエイドは、現在ベータ版です。

以前 ニュースtoスピーチの事について日記でもご紹介いたしました。桂木範・オンラインソフト工房ホームページはhttp://www.geocities.jp/katsuragi_nori/です。

サーチエイドを利用して松江駅から ライブラリまでと入力したら ライトハウスライブラリの住所連絡先と 松江駅北口から ライトハウスライブラリまでの おおよその道順がテキストででてきました。また、楽しい利用の仕方がたくさんメニューの中にはいっています。サーチエイドはネット検索補助ツールです。辞書や翻訳、電話番号検索、鉄道路線探索、ネットショップの商品検索など、インターネット上で提供されている多種多様な検索サービスを、障害をお持ちのかたでも楽に利用できるようにするバリアフリー型ソフトです。各検索サービスに対応した機能はモジュールとして提供され、今後どんどん増えていくそうです。

サーチエイド ニュースtoスピーチ、ボイスポッパーや音声対応のにちゃんねるソフト使われる方にとって、人に優しいバリアフリーソフトです。と 書きました。

こっこさんもそれら 視覚障害をお餅の方が使いやすい環境作りに多数関わっておられます。とても うれしいです。

こっこさんとは 13年くらいまえでしょうか pc-vanの メーリングリストの「パソコン通信時代」 名古屋でオフ会があり わいわい さわぎました。なつかしく、つい 思い出してしまいますが。 とても うれしいです。

としまるでした

_ 2月25日のイチロー君送別会 

日記にも書きましたが、2月18日は イチロー君の10歳の誕生日でした。また、2月22日日記にも書きましたが、2月21日に、松江湖城ライオンズクラブ 1000回記念例会へも参加させていただきました。日本盲導犬協会 井上理事長 東京虎ノ門ライオンズクラブ様など、 遠路から多数の皆様が式典に参加されました。 東京虎ノ門ライオンズクラブ様と 松江湖城ライオンズクラブ様の協同アクティビティにより、 盲導犬の貸与を日本盲導犬協会から受けています。 

私の1頭目の盲導犬 さっちゃんが平成3年3月に訓練にでかけました。2頭目の盲導犬イチロー君は平成10年11月に訓練に出かけました。そしてイチロー君も原気ではありますが、 10歳を迎えました。 日本盲導犬協会では 元気なうちに 退役のシステムができています。 と言っても10歳は人間の年で60歳近くになります。 目や足も悪くなるでしょう。歩きも年と共に遅くなってくるでしょう。 イチロー君はとてもげんきですが・・・。盲導犬を貸与いただき 出会いと別れをそして新たな出会いを感じながら・・・。 そして 3頭目の盲導犬の貸与も決まりました。 別れ!そして新たな出会い! 3月下旬から盲導犬の代替え訓練にでかけてきます。昨年から苦しむ 悩む事も多かったですが、幸い イチロー君もさっちゃん同様、 子犬を1年間里親ボランティア「パピーウォーカー」してくださりました、イチロー君をいちばん愛しておられるご家庭でイチローくんの退役後の生活をみていただく事がきまりました。

パピーをされました方がイチロー君の退役犬ボランティアを引き受けてくださり、イチロー君はそちらの家庭でハーネスをはずし普通の犬として 生活もきまりました。とてもうれしいです。

さて、2月25日は 松江プリエールフェスティバルに参加しましたが、 午後4時から イチロー君の慰労会を開催も決まっていました。

島根の高度情報化を推進する情報化ボランティアグループ「プロジェクト23」http://www.pj23.gr.jp/

メーリングリストの方で イチロー君とのお別れ会を開催しようと話がでて、 歌の友達や 盲導犬関係のお友達など、 多数の皆様が ご家族であつまってくださりました。60名 70名近く集まられたのではないでしょうか。ディスプレィの向こうにあかるい笑顔の みんながいます。

予定は未定で 午後4時からスタートしたのですが準備などあり、午後5時から 盛大な 慰労会が開催されました。メンバーのみなさまがお別れ会を開いてくださりました。

みなさまが いろいろとおいしそうな ごちそうをたくさん作ってきてくださりました。 たりない物は近くに 松江サティがあり 買い出しなどゆかれましたが、 ギターを持って来られた方や ピアノを弾いてイチロー君のために弾いてくださったり、  料理を側で作ってくださったり また、イチロー君の歌 作詞作曲をしてくださり、 とてもすばらしい 局と 詞をいただきました。

みなさま ありがとうございました。うるうるうる 

 事前に大体の人数を把握し大人の方には 参加費を千円程度徴収し持ち込み大歓迎で開催されました。企画をしてくださりました 準備をしてくださりました みなさま ほんとうにありがとうございました。皆様に 感謝です。

イチロー君はドックフードだけで ごめんなさい。ぺこりぺこり

いよいよ明日から3月です。 残された一日一日を大切に過ごしたいと思っています。としまるでした


トップ 最新 追記