トップ «前の日記(2008-06-30) 最新 次の日記(2008-07-02)» 編集

としまる日記


2005|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2008-07-01 災害用伝言ダイヤル171番

_ あさひ社会復帰促進センター建物完成

浜田市旭町に建設が進められていました、刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」の建物が6月30日、完成しました。10月開所します。詳しいニュース記事は下記アドレスから新聞記事をごらんください。

あさひ社会復帰促進センター建物完成山陰中央新報 ニュース 山陰総合http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=504255006以上です。

_ 第31回オープンソースサロン 7月4日(金)開催

しまねオープンソースソフトウェア協議会ホームページはしまねOSS協議会 OS4 http://shimane-oss.org/です。

しまねOSS協議会は、島根県内におけるOSS(オープン・ソース・ソフトウェア)に関わる企業、技術者、研究者、そしてユーザによる組織です。しまねOSS協議会は、松江市の進めるRuby City MATSUEプロジェクトに積極的に参加し、2006年7月31日にオープンした「松江オープンソースラボ」を活用、OSSを通じた技術力・開発力の向上を目指しています。

第31回オープンソースサロン日時:2008年7月4日(金) 午後6時30分〜午後8時30分場所:松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)プログラムテーマ1 オープンソースERP「ERP5」の紹介話題提供 塩崎量彦(かずひこ)オープンソース・プログラマ/Nexedi SA Senior Consultant#かずひこさん おひさしぶりです。 わくわく

テーマ2 「中国の教育分野におけるオープンソース活用の状況」話題提供  張永忠(上海教育ソフト発展会社社長) 郭永進(上海遠距離教育グループ 電達情報技術有限会社 副社長)


そして、下記のようにつずきます。第32回オープンソースサロン日時:2008年7月11日(金)午後6時30分〜午後8時30分場所:松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)テーマ1 会員さんからの情報提供「Rubyで作られた地域活性化ツールの紹介」 話題提供 長谷川陽子(Willさんいん代表取締役)テーマ2 「オープンソースと知識社会」ソフトウェアの開発だけではなく、新しい知識を 作り出す主体としてのオープンソースの役割について話題提供 李尚黙(韓国延世大学経営研究所・専門研究員)


「オープンソースカンファレンス 2008 Kansai」バスツアー日時: 2008年7月18日(金)〜19日(土)10:00〜17:00会場: 京都コンピュータ学院 京都駅前校参加対象: 協議会会員(法人、個人、サポーター) 

しまねOSS協議会 年次総会日時:2008年8月1日(金) 午後4時30分〜午後5時30分(予定)場所:松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)

第33回オープンソースサロン&     オープンソース・カンファレンス(OSC)キックオフセミナー日時:2008年8月1日(金)午後6時30分〜午後8時30分場所:松江オープンソースラボ(松江テルサ別館2階)プログラムテーマ 「オープンソースと地域作り」概要:オープンソースソフトウェアは、制約無く自由に活用できることから、日本全国で地域活性化の有効な手段として注目されています。本セミナーでは、オープンソースの特長や様々な取り組みをふまえて、地域におけるオープンソースの効果的な活用方法についてお話しします。話題提供 宮原 徹(株式会社びぎねっと/オープンソースカンファレンス事務局)


オープンソースカンファレンス 2008 Shimane日時: 2008年9月12日(金)〜13日(土)会場: 松江テルサ、会議室他

以上です!

_ 災害用伝言ダイヤル171番 毎月一日は体験利用が可能です。

月の初めの 一日の日。災害用伝言ダイヤル171番 毎月一日は体験利用が可能です。今日7月1日 体験利用が可能です。

みなさまは「災害用伝言ダイヤル」をご存知ですか。 災害が発生すると、被災地への電話が殺到して、つながりにくくなりますよね。そんな時に使う声の伝言板が「災害用伝言ダイヤル」です。電話で伝言を登録しておくと、その番号に電話をかけて 登録した伝言を聞く事ができます。

操作方法は、 まず「171」をダイヤルします。音声が聞こえてきますので、音声案内に従って操作していきます。メッセージは30秒以内で、48時間保存されます。10件まで登録可能だそうです。

登録できるのは、被災地の市外局番から始まる固定電話番号に限られます。どの電話番号に伝言を登録するかは、家族や親戚など、身近なみなさんで 決めておく必要がありますね。我が家ですと、 自宅の電話番号に決めます。災害用伝言ダイヤルを聴くのは携帯電話でも可能です。大地震など緊急災害が起きない事を願っていますが、 いつ大規模な地震や緊急災害が起きるかわかりません。まんがいちの事を考えて、家族で話し合ったりする事は大切な事ではないでしょうか!毎月 月の初めの日は 「災害用伝言ダイヤル」の体験利用が可能な日となっています。


トップ «前の日記(2008-06-30) 最新 次の日記(2008-07-02)» 編集