トップ «前の日記(2017-07-11) 最新 次の日記(2017-07-13)» 編集

としまる日記


2005|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|

2017-07-12 重度障がい者施設を飛び出して地域での生活18年 トークショー 新田安正さんの過去・現在・未来

_ 島根県:島根の名水

島根県のページを見ています。島根の名水のことが書かれています。

島根の名水[古代から伝わる名水を探訪してみませんか?]水、それは古代から現代へとつながる歴史のなかを永遠に生き続け、私たち地球上の生物すべてに恩恵をもたらし数々のドラマを作り上げてきました。大自然の中で、激しく落下し、渦巻き、キラキラ輝く水滴となって飛び跳ね、せせらぎとなって流れる、時には静かにこんこんとわき出る水。これら水が見せる幻想的な表情、雄大さ、躍動、静寂の中でキラキラ輝く透明な水。これが水の命であり、私たちに感動と心の安らぎを与えます。より深く水に関わるなかで、より深く水を知り、美しく透明な水の命を永遠に守っていくのも、私たちではないでしょうか。○概要水質保全への認識を深めるため、県内に多様な形態で存在する親水性のある水環境を紹介しています。なお、飲用に適していることを保証するものではありません。

(※注)現在の状況は変わっていることがあります

分類についてくらしの清水:日常生活用水として古くから利用されている清水(湧水)を対象として選定ふるさとの滝:瀑布を対象として選定ふるさとの清流:谷(渓谷)と川を対象として選定歴史の泉:故事来歴のあるものを対象として選定

下記の島根県のページから、名称 読み方 所在地 概要 写真 分類の順で詳しくご紹介されています。詳しい内容は、下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。インターネットのホームページの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されたりします。

島根県:島根の名水(トップ / 環境・県土づくり / 環境・リサイクル / 環境 / 水環境 / 島根の名水)http://www.pref.shimane.lg.jp/infra/kankyo/kankyo/mizu/meisui/です。三輪 利春&アラン

_ 補助犬受け入れについてのお願い

公共施設等で働いておられるかたの、身体障がい者補助犬法の理解不足が多く、補助犬受け入れに対して入店拒否などの事例がたえません。島根ハーネスの会では補助犬受け入れの拒否や差別をなくすため、補助犬受け入れステッカーと、厚生労働省 ほじょ犬もっと知ってBOOKを盲導犬ユーザーの皆様でお店や公共施設などお願いし、配布活動をしています。身体障碍者補助犬受け入れにつきまして、公共施設で働いておられるみなさま、どうぞご理解ください。下記、参考にしてください。

身体障害者補助犬 - 厚生労働省 (ほじょ犬もっと知ってBOOK)身体障害者補助犬 - 厚生労働省から直接Pdfファイルは下記になります。全体版(ほじょ犬もっと知ってBOOK) [3,376KB] http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/hojoken/dl/leaf_1207a.pdfです。どうぞ宜しくお願いいたします。三輪 利春&アラン

_ 重度障がい者施設を飛び出して地域での生活18年 トークショー 新田安正さんの過去・現在・未来

新田安正さんとは会合などでよくお会いする事があるのですが20年以上のおつきあいをしています。昔を思い出しながらお話をお聞きしたいなと思っています。

重度障がい者施設を飛び出して地域での生活18年 トークショー 新田安正さんの過去・現在・未来

イベント内容 新田安正さんは、車いす使用者で、長年重度障がい者施設で暮らしていました。施設入所中から、障がい者が地域参加できるように、バリアフリーを進める活動や障がい者のボランティア育成の活動に力を入れてきました。1999年3月、新田さんはついに施設を出て地域生活をスタートされます。新田さんから地域で生きることについて苦労や喜びなどを聞いていきます。

日時 2017年7月30日(日曜日) 午後1時〜3時

会場 松江スティックビル 松江市市民活動センター5階 506研修室

費用 無料

申込方法 住所・名前・メールアドレスをお知らせいただくと喜びます問い合わせ先 電 話:090-4575-1903(清水)メール:matuehandnet@gmail.com(武田)主催 松江障害者サポートネットワーク詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

重度障がい者施設を飛び出して地域での生活18年 トークショー 新田安正さんの過去・現在・未来 | 松江市共創のまちづくり支援サイトhttp://www.minkatsu-ringring.net/events/2017/07/07-085903.htmlです。三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2017-07-11) 最新 次の日記(2017-07-13)» 編集