トップ «前の日記(2017-07-16) 最新 次の日記(2017-07-18)» 編集

としまる日記


2005|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|

2017-07-17 どこでもバスマップすごろく京都めぐり 販売開始

_ mruby/c 安定版1.0をリリース

しまねソフト研究開発センターでは、松江発のプログラミング言語「Ruby(ルビー)」を発展させたmruby/cを完成させました。センサーネットワークや、ウェアラブルなどの小型端末向けの開発言語「mruby/c」mruby/cは、Rubyの特徴を引き継ぎつつ、プログラム実行時に必要なメモリ消費量が従来のmruby(福岡で開発された組込み向けの軽量Ruby)より少ないmrubyの実装だそうです。国立大学法人九州工業大学(田中和明准教授)と共同で研究開発を行っておられますが、親しいお友達のかたもふかく関わっておられてとても嬉しいニュースでした。

mruby/c 安定版1.0をリリースなど、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

mruby/c | しまねソフト研究開発センターhttp://www.s-itoc.jp/activity/research/mrubyc/です。mruby/c 安定版1.0をリリースしました | しまねソフト研究開発センターhttp://www.s-itoc.jp/news/notice/464です。三輪 利春&アラン

_ 松江市市民活動センター(松江スティックビル)エレベーターに点字表示

松江市市民活動センター(松江スティックビル)のエレベーターに、視覚障がい者用の点字表示が付きました。表示内容は、階数の表示と注意書きです。

STICビルには2機のエレベーターがありますが、そのうち1機には点字表示がありませんでした。新しく設置した点字表示は、もともとあったほうの点字表示と内容を合わせてあります。ご来館の際には、どうぞご利用・ご注目ください!

松江市市民活動センター(STICビル) 〒690-0061 島根県松江市白潟本町43番地 電話 0852-55-5169

STICビル玄関とベーターの入口と内部の画像。所在地の地図画像など含めまして、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

STICビル エレベーターに点字表示-ゆうあいの日々http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/666です。松江市市民活動センターホームページ市民活動センター施設概要 | 松江市共創のまちづくり支援サイトhttp://www.minkatsu-ringring.net/center/です。【STICビルではプロジェクトゆうあいの音声案内システム「てくてくラジオ」も稼働中です。AM微弱電波を使った音声案内・誘導システムで、エレベーター入口、2fの各部屋の名称などや、トイレなどの入り口前に設置されています。AMラジオの周波数を1620キロフェルツにしてご使用ください。

微弱電波音声案内システムてくてくラジオhttp://tekuteku-radio.com/index.htmlです。三輪 利春&アラン

_ どこでもバスマップすごろく京都めぐり 販売開始

バス博士になれるどこでもバスマップすごろくの京都バージョンができました。

●制作・販売元:特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい●協力:京都市交通局/京都造形芸術大学●販売開始:2017年7月1日〜●定価:1000円+消費税●販売場所:京都市内の書店等

●すごろくの特徴・京都市内の実際のバス路線、鉄道路線網をもとにして、すごろくの盤面を構成。遊びながら、路線網を理解することができ、公共交通に親しみを持つことができるという狙いを持った商品である。また、すごろくの遊び方として、「クイズ」のマスにとまると、ご当地クイズ(○×式)で設問が出され、地元のものしり博士的な楽しみ方もできる。・プロジェクトゆうあいでは、これまで島根県や、松江市をテーマに同様のすごろくを制作、商品化してきたが、このたび「どこでもバスマップすごろく」の全国シリーズ化を目標に、その第一歩として京都版を商品化した。「どこでもバスマップすごろく 京都巡り」を販売していただける店舗を募集中。

●お問い合わせ先特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい 島根県松江市北堀町35-14電話 0852-32-8645 担当: 田中以上です。興味を持たれたみなさまぜひご連絡よろしくお願いします。三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2017-07-16) 最新 次の日記(2017-07-18)» 編集