トップ «前の日記(2017-12-28) 最新 次の日記(2017-12-30)» 編集

としまる日記



2017-12-29 松江宍道湖温泉旅館のなにわ一水(なにわいっすい)に触図

_ プログラミングロボットを動かそう | 松江少年少女発明クラブのブログ

松江少年少女発明クラブの新宮会長の書かれたブログを見ています。9月30日の活動は、プログラミング可能なロボット(車)を使って実際に操作されたそうです。講師は竹下先生(エステック株式会社)です。市販のキットを使っての活動でしたが、子供たちは興味をもって取り組まれたことが書かれています。この製品は光センサー(CDS)を使って白黒を見分けることができ、それを利用して、命令の明暗を読み取り、車を走らせることができるそうです。

集まって説明を聞いているところ。はじめは工作、車を組み立てるところ。パソコンで動作を決めているところ。プログラミングしたとおりに車が走るのでみなさんが大喜びのところなど写真も豊富で解りやすく説明されています。。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

プログラミングロボットを動かそう | 松江少年少女発明クラブのブログhttps://matuescience.wordpress.com/2017/09/30/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%9c%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92%e5%8b%95%e3%81%8b%e3%81%9d%e3%81%86/です。三輪 利春&アラン

_ ユニバ・リポート:すべての人に優しい放送−−総務省が報告書公表 - 毎日新聞

毎日新聞ユニバーサロンを見ています。  総務省は、平成30年度以降の字幕放送、解説放送及び手話放送の普及目標を定めた「放送分野における情報アクセシビリティに関する指針」を策定することを予定しています。平成29年12月27日(水)から平成30年1月30日(火)までの間、当該指針(案)に対し、ご意見を広く募集しておられます。「視聴覚障害者等向け放送に関する研究会」の報告書を公表されました。これから1カ月間パブリックコメント(意見募集)を受け付け、来年3月に新たな行政指針として公開されるそうです。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

ユニバ・リポート:すべての人に優しい放送−−総務省が報告書公表 - 毎日新聞http://mainichi.jp/universalon/articles/20171227/org/00m/040/020000cです。三輪 利春&アラン

_ 松江宍道湖温泉旅館のなにわ一水(なにわいっすい)に触図

プロジェクトゆうあいでは松江宍道湖温泉にある旅館「なには一水(なにわいっすい)」様の触図を作成しました。触図とは視覚障がいのあるかたが建物の中の様子やトイレの中などの様子を手で「触って読む地図」です。触図の他にもバリアフリールームを作るなど、バリアフリーに積極的に取り組んでいただいています。触図は点字プリンターで紙に印刷し、ラミネート加工をしたものです。1フロア1ページとして、3ページあります。また、多目的トイレの触図もあります。触図は視覚に障がいのある方にカウンターで貸し出していますので、チェックインのさいに気軽に声をかけてください。

お問い合わせはなにわ一水にお願いします。電話 0852-21-4132です。三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2017-12-28) 最新 次の日記(2017-12-30)» 編集