トップ «前の日記(2020-03-16) 最新 次の日記(2020-03-18)» 編集

としまる日記




2020-03-17 古本から生み出された小説『石州法正寺坂の決闘』 [長年日記]

_ AI搭載の“走るスーツケース”誕生へ 視覚障害者の移動をサポート IBMら5社が共同開発 (1/2) - ITmedia NEWS

ITmedia NEWSを見ています。

AI搭載の“走るスーツケース”の実用化に向け、先端技術を集結 開発に取り組む企業は、IBMの他、電子部品メーカーのアルプスアルパイン、オムロン、清水建設、三菱自動車工業だそうです。5社は2019年12月に一般社団法人「次世代移動支援技術開発コンソーシアム」を設立され、それぞれの専門分野を生かしながら、22年11月30日まで活動されるそうです。 視覚障害者の一人としてとても嬉しい記事です。是非、実用化されることを心から願っています。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

AI搭載の“走るスーツケース”誕生へ 視覚障害者の移動をサポート IBMら5社が共同開発 (1/2) - ITmedia NEWShttps://www.itmedia.co.jp/news/articles/2002/06/news140.htmlです。

三輪 利春&アラン

_ 島根半島周遊スタンプラリー「城と食スタンプラリー」

松江市観光イベント情報を見ています。開催機関が3月31日(火)までとなっています。

※イベントは今後の状況により内容が変更になる可能性があります。事前にお問い合わせのうえ、お出かけください。松江市が主催しているイベント中止等のお知らせについては下記サイトでご確認ください。http://www1.city.matsue.shimane.jp/news/coronachushievent.htmlです。

松江城国宝指定5周年記念イベント。松江のシンボル国宝松江城周辺の観光と島根半島東部を満喫しながら手軽にスマートフォンでスタンプラリー。スタンプ4カ所以上で島根半島の味覚が抽選で当たります!

期間:〜3月31日(火)お問い合わせ先:まつえ観光創造研究所 070-5053-5861詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

松江観光協会 - イベント|イベント内容https://www.kankou-matsue.jp/event_calendar/desc/?event=36773です。

三輪 利春&アラン

_ 古本から生み出された小説『石州法正寺坂の決闘』

日頃より古本販売事業にご理解・ご協力いただき、誠にありがとうございます。プロジェクトゆうあいが取り扱う本の中で、郷土史に関係する本は、常に人気があります。このたび、郷土本を多くお買い上げいただいたお客さまのひとり・佐々木衛(まもる)さんが、それを元に小説を生み出されました。『石州法正寺坂(ほっしょうじざか)の決闘』(上下2巻、ハーベスト出版)です。江戸時代の島根を舞台に、赤穂浪士唯一の生き残り・寺坂吉右衛門(てらさかきちえもん)が、大石内蔵助の密命を果たすため、生き抜く姿を描きます。上下巻とも、税抜1,600円で好評発売中です。時代小説のお好きな方、ぜひお手にとってみてください。

あらすじ赤穂浪士の唯一の生き残りである寺坂吉右衛門は、吉良邸討ち入りの後、事件を快く思わない幕府に命を狙われながらも、大石内蔵助の密命を果たすべく、過酷な旅を続けねばならなかった。武士の矜持と人情のはざまで、旅先で出会う人々に支えられつつ、苦難を乗り越えようとするが、遂には理不尽な刃が大切な人にも向けられてしまう。登場人物の詳しい来歴や、時代考証をまじえた、赤穂事件のその後を描く時代小説。

お求めはお近くの書店、またはハーベスト出版(電話 0852-36-9059、FAX 0852-36-5889ウェブサイトは次の青字をクリック ハーベスト出版)までお問い合わせください。http://www.tprint.co.jp/harvest/です。本の上下巻表紙 江戸時代の武士の絵の画像など、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

古本から生み出された小説『石州法正寺坂の決闘』-ゆうあいの日々|プロジェクトゆうあい公式ブログhttp://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/810です。

三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2020-03-16) 最新 次の日記(2020-03-18)» 編集