トップ «前の日記(2020-06-20) 最新 次の日記(2020-06-22)» 編集

としまる日記




2020-06-21 八重垣神社前バス停に椿のイラスト 「バス停クリーンアッププロジェクト〜 [長年日記]

_ 島根県:ご縁旅しまねVol.24発行

島根県のホームページを見ています。ご縁の国しまね観光ガイドブック「ご縁旅しまね」vol.24が発行されました。島根県内各地の観光スポットやグルメ、レジャー情報など、島根県の魅力をPRする内容です。皆様、 旅行先選びに、また、島根県の新たな魅力発見のツールとしてぜひご活用ください。

【主な設置場所】 (島根県内) ・観光関連施設 ・JR主要駅(松江駅、出雲市駅等) ・一畑電鉄主要駅(松江しんじ湖温泉駅、雲州平田駅、電鉄出雲市駅、出雲大社駅等) ・道の駅 ・空港、港 ・コンビニエンスストア(FamilyMart等) (島根県外) ・島根県県外事務所 ・高速道路サービスエリア等

※下記島根県のページから、ご縁旅しまねダウンロード用PDFファイルが用意されています。皆様、是非ご活用ください。お問い合わせ先、連絡先メールアドレスなど詳しい内容は、下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。

島根県:ご縁旅しまねVol.24発行 (トップ / 観光 / 観光振興 / 観光 / 情報提供)https://www.pref.shimane.lg.jp/tourism/tourist/kankou/joho/goentabivol18-hakko.htmlです。

三輪 利春&アラン

_ 古本から生み出された小説『石州法正寺坂の決闘』

日頃より古本販売事業にご理解・ご協力いただき、誠にありがとうございます。プロジェクトゆうあいが取り扱う本の中で、郷土史に関係する本は、常に人気があります。このたび、郷土本を多くお買い上げいただいたお客さまのひとり・佐々木衛(まもる)さんが、それを元に小説を生み出されました。『石州法正寺坂(ほっしょうじざか)の決闘』(上下2巻、ハーベスト出版)です。江戸時代の島根を舞台に、赤穂浪士唯一の生き残り・寺坂吉右衛門(てらさかきちえもん)が、大石内蔵助の密命を果たすため、生き抜く姿を描きます。上下巻とも、税抜1,600円で好評発売中です。時代小説のお好きな方、ぜひお手にとってみてください。

あらすじ赤穂浪士の唯一の生き残りである寺坂吉右衛門は、吉良邸討ち入りの後、事件を快く思わない幕府に命を狙われながらも、大石内蔵助の密命を果たすべく、過酷な旅を続けねばならなかった。武士の矜持と人情のはざまで、旅先で出会う人々に支えられつつ、苦難を乗り越えようとするが、遂には理不尽な刃が大切な人にも向けられてしまう。登場人物の詳しい来歴や、時代考証をまじえた、赤穂事件のその後を描く時代小説。

お求めはお近くの書店、またはハーベスト出版(電話 0852-36-9059、FAX 0852-36-5889ウェブサイトは次の青字をクリック ハーベスト出版)までお問い合わせください。http://www.tprint.co.jp/harvest/です。本の上下巻表紙 江戸時代の武士の絵の画像など、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

古本から生み出された小説『石州法正寺坂の決闘』-ゆうあいの日々|プロジェクトゆうあい公式ブログhttp://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/810です。

三輪 利春&アラン

_ 八重垣神社前バス停に椿のイラスト 「バス停クリーンアッププロジェクト

2018年度「バス停クリーンアッププロジェクト」を設けて作品を募集し市内のバス停を奇麗にしました。その作品のご紹介です。

松江市中心部から松江市営バス「八重垣神社行き」に乗ると、ここが終点です。八重垣神社といえば、資生堂のロゴのもとになったと言われる夫婦椿(めおとつばき)が有名です。城北小学校6年生のHさんに、椿の絵を描いていただきました。

張り替え前と 椿の絵をいれた新しいバス停の画像など、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

「バス停クリーンアップ」活動のご報告-ゆうあいの日々|プロジェクトゆうあい公式ブログhttp://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/878です。皆様、八重垣神社前バス停をご利用される際は是非見てください。

三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2020-06-20) 最新 次の日記(2020-06-22)» 編集