トップ «前の日記(2020-06-27) 最新 次の日記(2020-06-29)» 編集

としまる日記




2020-06-28 松江市障がい者就労支援ガイドブック 2020年度版 [長年日記]

_ 島根県:伝えたいしまねの料理

島根県のページを見ています。伝えたいしまねの料理食つづり↑島根県が平成26年度の「すこやかしまね食文化づくり事業」において作成した『石見の四季』『隠岐の四季』『出雲の四季』の3冊です。ぜひご覧ください。

島根県各地の郷土料理・伝承料理のレシピ集新着情報↑島根県内各地で作成された郷土料理集や伝承料理集を掲載しています。

(今後も随時更新予定)1.新規登録レシピ(平成28年12月登録)新着情報2.平成28年9月登録レシピ3.平成27年度以前は7つを紹介しています。ぜひ皆様活用してください。お問い合わせ先など含めまして、詳しい内容は、下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。

島根県:伝えたいしまねの料理(トップ / 医療・福祉 / 健康・医療 / 健康 / 食育の推進 / レシピ集 / 伝えたいしまねの料理)http://www.pref.shimane.lg.jp/medical/kenko/kenko/syokuiku/recipe/tsutaetaishimanenoryori/です。三輪 利春&アラン

_  Rubyプログラミング少年団 松江市

お友達のかたが一生懸命頑張っておられます。素晴らしい活動です。

「Ruby(ルビー)」は、私たち人間がコンピュータにやってほしいことを表現するための言葉です。「Rubyプログラミング少年団」は、その「Ruby」を使って、青少年がプログラムを作るよろこびを体験するために活動しています。

体験道場、体験イベント、ProgShouTrial、簡単なゲームを作りながらプログラミングを体験できます。島根県松江市で毎月行っておられます。参加したい人は下記のページから申込みもできます。

プログラミング道場ProgShouDojoプログラミングを体験した子どもたちがステップアップするための無料のプログラミング教室です。毎月一回開催しておられます。参加したい人は、下記のページから申込みができます。

スモウルビー・スモウルボットSmalruby & Smalrubot小学生でもRuby(ルビー)を使ってプログラムやロボットを作れるようにしたものがスモウルビー(Smalruby)とスモウルボット(Smalrubot)です!どちらもNPO法人Ruby(ルビー)プログラミング少年団のみなさんが作っておられます。試すことができます。インストールすることができます。スモウルボット詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

NPO法人Rubyプログラミング少年団http://smalruby.jp/です。

三輪 利春&アラン

_ 松江市「障がい者就労支援事業所ガイドブック」2020年版

(NPO法人 福祉ネットだんだんね)より、松江市内にある障がい者就労支援事業所ガイドブック2020年版が発行されました。就労継続支援A型事業所、B型事業所、就労移行支援事業所、相談支援事業所の情報が、1冊にまとまった冊子です。

(npo法人 だんだんね)とは、松江市内にある障がい者就労支援施設のネットワークです。プロジェクトゆうあいも制作に関わりました。これから松江市で働きたいと考えている障がいのある方、その保護者の方は、ご活用ください。

配布を希望される方は、サポートステーション絆(松江市千鳥町70 松江市総合福祉センター3階)、またはプロジェクトゆうあい本部へお越しください。

発行元・お問い合わせ先NPO法人 福祉ネットだんだんね・事務局(プロジェクトゆうあい内)電話 0852-32-8645FAX 0852-28-1116です。

三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2020-06-27) 最新 次の日記(2020-06-29)» 編集