トップ «前の日記(2020-07-16) 最新 次の日記(2020-07-18)» 編集

としまる日記




2020-07-17 『松江市こころのバリアフリー・ハンドブック』 [長年日記]

_ Apple Accessibility Mailing Listのご紹介

Aa mailing listとよばれています。

視覚障害者むけのメーリングリストで、iPhoneなど使っておられる方にはすごく勉強になるメーリングリストです。どなたかが質問されると誰かがこたえてくださり、、脇で見ていても勉強になります。

下記から会員登録できます。

Aa@ml.nvsupport.orghttps://ml.nvsupport.org/mailman/listinfo/aaです。

三輪 利春&アラン

_ 徳光・木佐の知りたいニッポン!〜障害のある方のパートナー もっと理解しよう! ほじょ犬のこと|政府インターネットテレビ

私は盲導犬ユーザーです。パートナーの名前はアランと言います。お店などでよく入店拒否や差別を受けることがあります。補助犬は身体障害者補助犬法や障害者差別解消条例があり、入店拒否などしてはいけないことになっています。

障害のある方のパートナー もっと理解しよう! ほじょ犬のこと障害のある方が日常生活をする上で欠かせないパートナー、「ほじょ犬」。障害のある方が自立し、社会参加を進めていくためには、「ほじょ犬」と、その使用者である障害のある方に対する、周りの皆さんの正しい理解と協力が必要です。そこで今回は、「ほじょ犬」とはどういうものなのか、街で「ほじょ犬」を連れている方を見かけたときにどのように接したらよいのか、などについて、NPO法人日本補助犬情報センター専務理事兼事務局長の橋爪智子さんをお招きして詳しく解説します。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。下記、ページから再生の プッシュボタン エンターで動画が再生されます。

徳光・木佐の知りたいニッポン!〜障害のある方のパートナー もっと理解しよう! ほじょ犬のこと|政府インターネットテレビhttps://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg14097.htmlです。

三輪 利春&アラン

_ 『松江市こころのバリアフリー・ハンドブック』

松江市から、『こころのバリアフリー・ハンドブック』が発行されています。「少しの配慮で増える笑顔」を合言葉に、社会的な障壁をなくしていくことをテーマとして作成されたハンドブックです。

手話の解説イラストサイズは縦25.7cm×横21cm(AB判)、ページ数は10ページ。4コマ漫画で親しみやすい内容になっております。制作には、プロジェクトゆうあいが協力しました。イラストは漫画家で、ベビーペイントアーティストでもある塩毛エリカさんが描きました。

松江市で無料配布しております。プロジェクトゆうあい(北堀町)にも置いております。表紙画像 手を繋いだ人たちのイラスト画像など、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

『こころのバリアフリー・ハンドブック』-ゆうあいの日々http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/689です。

また松江市のページより、下記のリンクからPDF版をダウンロードできます。PDFファイル:(6.33MB) http://www1.city.matsue.shimane.jp/kenkou/shougaisha/index.data/handbook.pdfです。下記も用意されています。(PDFファイル:1.2MB)こころのバリアフリー・ハンドブックができました(PDF:1.2MB) http://www1.city.matsue.shimane.jp/kenkou/shougaisha/index.data/handbook-light.pdfです。三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2020-07-16) 最新 次の日記(2020-07-18)» 編集