トップ «前の日記(2020-07-18) 最新 次の日記(2020-07-20)» 編集

としまる日記




2020-07-19 新感覚コミュニケーション発話支援ツール 「スピーチサポートDS」 [長年日記]

_ 盲導犬パピー育成プログラムって何?

パピーウォーカー:盲導犬候補の子犬は生まれてから2ヶ月〜1歳までを一般のご家庭に預けられます。パピーウォーカー(里親ボランティア)をしていただき、人間と一緒に生活する中で人間との生活やして良い事悪い子となども学んでゆきます。 お別れはつらいです。パピープロジェクトは、平日は「島根あさひ社会復帰促進センターのセンターの中でパピーウォーカーをしていただき、ウィークエンドなどは一般のご家庭でパピーウォーカーをしていただくシステムです。盲導犬パピー育成プログラムは社会復帰促進センターで実施される矯正教育プログラムの一つとして実施されています。盲導犬パピー育成プログラムなどにつきまして、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

盲導犬パピー育成プログラムって何?|島根あさひ訓練センター|日本盲導犬協会 https://www.moudouken.net/center/shimane/puppy-project/about.phpです。

三輪 利春&アラン

_ サピエ図書館のご紹介 - 日本ライトハウス情報文化センターより

日本ライトハウス情報文化センターのホームページを見ていたらサピエ図書館のご紹介の動画がありました。

今年2月頃光り回線にしたらサピエ図書館からデイジー図書のダウンロードも以前より3倍近く速くなり20秒もかからないような感じで、図書をダウンロードして愉しんでいます。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

日本ライトハウス情報文化センター - 目の見えない方・見えにくい方の“情報・文化・コミュニケーション”の拠点http://www.lighthouse.or.jp/iccb/から

サピエ図書館のご紹介 - 日本ライトハウス情報文化センターhttp://www.lighthouse.or.jp/iccb/informations/informations-28089/です。

三輪 利春&アラン

_ 新感覚コミュニケーション発話支援ツール 「スピーチサポートDS」

書いて話して、手書きでチャット、新感覚コミュニケーションの発話支援ツール「スピーチサポートDS」が、ニンテンドーDSiウェアとして好評リリース中です。タッチペンを使って、手書き文字入力・五十音入力・携帯電話入力のいずれかで文章をつくると、DSiの声で読み上げることができます。予測変換もあるので、スイスイ入力。

声の出せない方、聴覚障がいの方などのコミュニケーションに役立つ便利ソフトです。

離れていても書いて会話することができ、1人から最高4人同時で会話が可能です。スクリーンに文字や絵を描くと、同じソフトの入った別のDSiに、その文字や絵がリアルタイムで見えてきます。携帯電話のチャットにはない新感覚レスポンスの会話を体験していただけます。「スピーチサポートDS」は、DSiショップで500ポイントで購入いただけます。

※プロジェクトゆうあいでは、本体含め10日間の無料体験貸し出しを行なっております。パソコン版「スピーチサポート」もございます。この機会にぜひお試しになってみてください!パソコン版「スピーチサポートのページや、使用例や操作方法の解説、試用申し込みなど。スピーチサポートDS トップ画面の画像、手書き入力モードの画面画像、携帯電話入力モードの画面画像、五十音モードの画面画像や、下記のページから埋め込み動画の?マークをクリックしますと、ページはそのままで、筆談のもようをご覧になれます。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。「スピーチサポートDS」好評リリース中!-ゆうあいの日々http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/554です。スピーチサポートDS 製品ページへ http://www.pjui.com/ssds/です。スピーチサポート 製品ページへ http://www.pjui.com/speechsupport/です。

三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2020-07-18) 最新 次の日記(2020-07-20)» 編集