トップ «前の日記(2020-09-03) 最新 次の日記(2020-09-05)» 編集

としまる日記




2020-09-04 プロジェクトゆうあいプロデュース『出雲ブックカバー』発売中! [長年日記]

_ 島根県各地の郷土料理・伝承料理のレシピ集

島根県のページを見ています。おいしい・たのしい・ためになる。みんなでつながろう、しまねの食育の輪!伝えたいしまねの料理島根県各地の郷土料理・伝承料理のレシピ集島根県内各地で作成された郷土料理集や伝承料理集などが掲載されています。各地域に伝わる料理、次世代に受け継ぎたい料理、四季折々の郷土料理や行事食が載っています。詳しい内容は、下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。インターネットのホームページの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されたりします。

島根県:伝えたいしまねの料理(トップ / 医療・福祉 / 健康・医療 / 健康 / 食育の推進 / レシピ集 / 伝えたいしまねの料理)http://www.pref.shimane.lg.jp/medical/kenko/kenko/syokuiku/recipe/tsutaetaishimanenoryori/です。

三輪 利春&アラン

_ 「自転車安全利用五則」を守り、自転車を安全に利用しましょう。 松江市

松江市のホームページをみています。暮らしのガイドに自転車安全利用の推進が有り、「自転車安全利用五則」が書かれています。

猛暑が続いています。日中暑さが厳しいので、盲導犬のアランくんと一緒に、ほぼ毎日夜の散歩を愉しんでいます。アランくんには電池で光る首輪を付けて、私は反射材のついたたすきにこれまた電気で光る物を付けて自己にならないよう気を付けながら歩いています。

先日も散歩している時、後ろから来られた自転車のかたから「横通ります。」と声を掛けられ通り過ぎられました。声を掛けていただきとてもうれしかったです。以前、後ろから来られた自転車のハンドルがすれ違い際に腕にぶつかったことが何度かあります。私達視覚障がい者は(見えない)あるいは(見えにくい)障害です。外を歩くときは白杖を付ながら、あるいは盲導犬を連れて歩いています。白杖歩行は白杖を体の前に延ばして、左右にふりながら地面を確認し歩いていますので、自転車を運転されるみなさま、せまい歩道や歩道のない道路では、安全に気をつけながら徐行運転でよろしくおねがいします。「自転車安全利用五則」を守り、自転車を安全に利用していただくよう、ご理解を御願いします。

柿、松江市の暮らしのガイドより。

1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外2. 車道は左側を通行3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行4. 安全ルールを守る飲酒運転・二人乗り・並進の禁止夜間はライトを点灯交差点での信号遵守と一時停止・安全確認5. 子どもはヘルメットを着用携帯電話を使用しながらの運転、傘さし運転の禁止のイラスト平成26年8月1日から「松江市自転車安全利用条例」が施行されました。条例の主な内容は、次のとおりです。自転車事故防止の知識を身につけましょう。自転車事故の保険に加入しましょう。学校は、児童・生徒に効果的な交通安全教育をしましょう。高齢者に対しては状態に応じた安全利用の助言をしましょう。おもてなしの心を持って、安全通行に努めましょう。条例の詳しい内容については、「議会政策条例(自転車安全利用条例)」(松江市議会のホームページ)をご覧ください。

携帯電話を使用しながらの運転、傘さし運転の禁止のイラスト

傘さし運転の禁止のイラストなど含めて、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

松江市:暮らしのガイド:自転車安全利用の推進http://www1.city.matsue.shimane.jp/anzen/koutsuanzen/jitennsha.htmlです。松江市:暮らしのガイド:議会政策条例(自転車安全利用条例)についてのページhttp://www1.city.matsue.shimane.jp/gikai/torikumi/jyourei.htmlです。

また、自転車安全利用五則につきまして、島根県警察のページもご覧ください。島根県警察:自転車安全利用五則https://www.pref.shimane.lg.jp/police/02_traffic_safety/bicycle/zitensya_gosoku.htmlです。

また、自転車安全利用五則チラシも用意されています。必要な方は上記島根県警察のページアドレスからPDFファイルをダウンロードしご活用ください。以上です。

三輪 利春&アラン

_ プロジェクトゆうあいプロデュース『出雲ブックカバー』発売中!

江戸時代末のわずか40年間に限られ、その後継承が途絶えた「出雲藍板締め」という幻の染色技術がありました。その版木から現代の技術を使い、再現されたデザインの布を用いて、一枚一枚丁寧に手作りされたブックカバーを、このたびプロジェクトゆうあいで制作しました。温かみのある色合いと、江戸時代を想わせる趣のある版木のデザインです。価格は1枚・1,200円(税別)です。

おたふくやウサギなど、柄も色もさまざま。ひとつひとつ、手づくりで制作されているブックカバーです。ぜひお手にとって、お気に入りを見つけてみてください!

取扱店(2019年12月現在)【松江市】・てづくり雑貨 ちろり (北堀町327)・チャレンジショップぢげもん (北堀町332)・松江ごころ (北堀町318)・松江歴史館 (殿町279)・島根県物産観光館 (殿町191)・カフェすずしろ (八束町二子)

【出雲市】・島根県立古代出雲歴史博物館 (大社町杵築東99-4)です。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

『出雲ブックカバー』の、うさぎのブックカバーの画像・おたふくのブックカバーの画像など、プロジェクトゆうあいプロデュース『出雲ブックカバー』発売!-ゆうあいの日々http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/582です。

三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2020-09-03) 最新 次の日記(2020-09-05)» 編集