トップ «前の日記(2021-08-12) 最新 次の日記(2021-08-14)» 編集

としまる日記




2021-08-13 まち歩きバリアフリー情報誌『てくてく日和・山陰(35号)』2021年夏号 [長年日記]

_ 障害者差別解消へ 民間企業に義務付けられる合理的配慮(福祉新聞)

福祉新聞を見ています。

障害者の移動や意思疎通などを無理のない範囲で支援する「合理的配慮」の提供を民間企業に義務付ける改正障害者差別解消法が5月28日、参議院本会議で全会一致で可決され成立しました。

これまでは民間企業の(合理的配慮)の提供は努力義務でしたが、(合理的配慮)の提供の提供が義務へと改められました。

私は盲導犬ユーザーです。今まで入店拒否とか受け入れ拒否などありましたので、今後良い方向に進んで行くのではと期待しています。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。また、インターネットの内容は日にちが過ぎると削除されたり変更されます。

障害者差別解消へ 民間企業に義務付けられる合理的配慮(福祉新聞) - Yahoo!ニュースhttps://news.yahoo.co.jp/articles/963ccc63cbb7161f6eb16f45f2a3378c64282a9e?source=rssです。下記も参考にしてください。

障害を理由とする差別の解消の推進 - 内閣府https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/sabekai.htmlです。上記からpdfファイルでダウンロードできます。私はテキスト文書で見ていますので、直接テキスト文書はテキスト(TXT形式:3KB)ファイルを別ウィンドウで開きます https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/txt/law_r03-56_gaiyo.txtです。

三輪 利春&アラン

_ 自分ごとになる緊張感と新鮮さ。 「視覚障害者からの問いかけ」で気づいたこと。 | Spotlite

Spotliteの高橋さんからご紹介有りました突撃レポートの記事をご紹介します。毎回素晴らしい記事を書かれます。

先日、一般社団法人PLAYERS(プレイヤーズ)が主催するオンラインワークショップ「視覚障害者からの問いかけ」に参加しました。視覚障害者が健常者に対して質問を投げかけ、健常者が回答しながら対話を行います。ワークショップに参加したレポートと発案者の中川テルヒロさんへのインタビューをお届けします。一般社団法人PLAYERSとは「一緒になってワクワクし 世の中の問題に立ち向かう」をスローガンとした、多様なプロフェッショナルからなるコ・クリエーションチーム。 社会が抱える様々な問題に対し、当事者との共創ワークショップを通じて、リサーチ・アイディエーション・プロトタイピングをアジャイルで実行します。また、ヴィジョンに共感いただいた企業と連携し、社会実装を推進することで、問題を解決へと導きます。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

自分ごとになる緊張感と新鮮さ。 「視覚障害者からの問いかけ」で気づいたこと。 | Spotlitehttps://spot-lite.jp/sikakusyogai-toikake/です。

三輪 利春&アラン

_ まち歩きバリアフリー情報誌『てくてく日和・山陰(35号)』2021年夏号

今回のメイン特集では、島根半島・宍道湖中海ジオパークを舞台に、車いすユーザーや視覚障がいのある方も楽しめる、松江のジオサイト(見どころ)や近隣のグルメを紹介。

特集2では、この春大規模リニューアルをした、ホテル一畑、宍道ふるさと森林公園を障がいのあるスタッフが徹底調査!盛りだくさんの内容になっています。

中国地方の道の駅、山陰の観光案内所などに現在配布中です。フリーペーパーですので、ぜひお手に取ってご覧ください。

『てくてく日和・山陰』は、山陰各地の観光地・施設をプロジェクトゆうあいのスタッフが実際に取材・執筆・編集し、バリアフリーの視点から情報をお届けする季刊の観光情報誌です。

プロジェクトゆうあいでは「てくてく日和山陰」ワード版 PDF版を用意しています。※視覚障がい者のかた、スクリーンリーダーご利用のかたは ワード版をダウンロードしご利用ください。

また、冊子のご希望、広告掲載等に関するお問い合わせは、プロジェクトゆうあい(電話 0852-32-8645、Fax 0852-28-1116)までお願いいたします。プロジェクトゆうあいでは、本誌発行のためのご支援をお願いしております。『てくてく日和』応援寄付(一口1,000円)をお申し込みいただきますと、特典として本誌1年(4号)分を、プロジェクトゆうあいよりお届けいたします。

広告を掲載いただける広告主様を募集しております。本誌は各観光施設や、バリアフリー観光を推進する旅行支援団体等を通じて、地元さらには全国各地に配布されます。いずれも詳しくは、本誌巻末をお読みいただくか、プロジェクトゆうあい(電話 0852-32-8645、FAX 0852-28-1116、担当・今泉)までお問い合わせください。

まち歩きバリアフリー情報誌『てくてく日和・山陰、下記のページからウェブ版をどうぞ!

てくてく日和山陰 特定非営利活動法人プロジェクトゆうあいhttp://project-ui.com/social-business/barrier-free/hirori/です。

三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2021-08-12) 最新 次の日記(2021-08-14)» 編集