トップ «前の日記(2022-09-04) 最新 次の日記(2022-09-06)» 編集

としまる日記




2022-09-05 幻の技術を現代に「出雲ブックカバー」 [長年日記]

_ 島根県:【観光振興課】島根県の観光パンフレットはこちらから 「ご縁旅しまね」Vol.29(R4.6月版)

島根県のページを見ています。

【観光振興課】

島根県の総合観光情報誌:ご縁の国しまね観光ガイドブック「ご縁旅しまね」Vol.29(R4.6月版)を発行しました!県内各地の観光スポットや美肌、温泉、グルメ、レジャー情報など、島根県の魅力が満載!!

島根県は美肌と観光に力をいれています。みなさま、 旅行先選びに、また、島根県の新たな魅力発見のツールとしてぜひご活用ください。

【主な設置場所】 (島根県内) ・観光関連施設、観光案内所 ・JR主要駅(松江駅、出雲市駅、浜田駅等) ・一畑電鉄主要駅(松江しんじ湖温泉駅、雲州平田駅、電鉄出雲市駅、出雲大社駅等) ・道の駅 ・空港、港(七類港、境港) ・コンビニエンスストア(FamilyMart等)

 (島根県外) ・島根県県外事務所、日比谷しまね館、島根県なごや情報センター ・高速道路サービスエリア等

※下記島根県のページから、ご縁旅しまねダウンロード用PDFファイルが用意されています。

また、万葉とりっぷin石見〜柿本人麻呂ゆかりの地と周辺スポットをめぐる旅〜 島根県に伝わる「柿本人麻呂(かきのもとひとまろ)ゆかりの地」と周辺の観光スポットを楽しみながら巡るパンフレットもPDFファイルでダウンロードできます。デジタルブックも用意されています。皆様、是非ご活用ください。

お問い合わせ先:観光振興課〒690-8501 島根県松江市殿町1番地TEL : 0852-22-5292FAX : 0852-22-5580お問い合わせ先メールアドレスや、詳しい内容は、下記島根県のホームページから詳細な内容をお読みください。

島根県:【観光振興課】島根県の観光パンフレットはこちらから (トップ / 観光 / 観光振興 / 観光 / 情報提供)https://www.pref.shimane.lg.jp/tourism/tourist/kankou/joho/goentabivol18-hakko.htmlです。

三輪 利春&アラン

_ 大学教授に聞く。「誰も取り残さない情報保障とは」鶴見大学元木章博さん | Spotlite

Spotliteのかたから新しい記事をご紹介いただきました。Spotliteのみなさまとても良い記事を書いておられます。

ここから今回は鶴見大学文学部ドキュメンテーション学科の元木章博(もときあきひろ)教授にインタビューを行いました。元木教授は鶴見大学図書館長(※取材当時)も兼任しながら、図書館司書を目指す学生に教鞭をとっています。誰もが必要な情報にアクセスするための情報保障が専門で、卒業生が日本点字図書館に就職するなど、視覚障害業界と多くの関わりがあります。

昨年、点字器「ライトブレーラー」を、沼津市立図書館から福島県点字図書館へ譲渡する橋渡しの役割を担うなど、大学内に留まらない活動を展開しています。この活動をきっかけに元木教授を取材すると、異業種のサラリーマンから大学教授になったきっかけやご自身で立ち上げたサークル活動、学生とのエピソードなど、興味深い話をたくさんお聞かせいただきました。ぜひご一読ください。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

大学教授に聞く。「誰も取り残さない情報保障とは」 鶴見大学 元木章博さん | Spotlitehttps://spot-lite.jp/motoki-akihiro/です。

三輪 利春&アラン

_ 幻の技術を現代に「出雲ブックカバー」

温かみのある色合いに、和風テイストの「出雲ブックカバー」。江戸時代末期の出雲地方で、わずか40年間で途絶えてしまった幻の染織技術「出雲藍板締め(あいいたじめ)」のデザインを用いました。

おたふくやウサギなど、柄も色もさまざま。ひとつひとつ、手づくりで制作しています。ぜひお手にとって、お気に入りを見つけてみてください!

価格 1,200円+税

取扱店(2019年12月現在)【松江市】・てづくり雑貨 ちろり (北堀町327)・チャレンジショップぢげもん (北堀町332)・松江ごころ (北堀町318)・松江歴史館 (殿町279)・島根県物産観光館 (殿町191)・カフェすずしろ (八束町二子)

【出雲市】・島根県立古代出雲歴史博物館 (大社町杵築東99-4)です。4つのタイプのブックカバーの画像など、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

幻の技術を現代に「出雲ブックカバー」-ゆうあいの日々http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/735です。

三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2022-09-04) 最新 次の日記(2022-09-06)» 編集