トップ «前の日記(2022-09-08) 最新 次の日記(2022-09-10)» 編集

としまる日記




2022-09-09 『てくてく日和山陰』2022夏号 [長年日記]

_ 島根県:あなたの肌悩みを解決する美肌温泉 | 美肌県しまね うるおい研究室|しまね観光ナビ

島根県のページを見ています。

美肌県しまね うるおい研究室|しまね観光ナビ|島根県観光連盟公式サイトに、あなたの肌悩みを解決する8つの美肌温泉が紹介されています。ライフスタイルを見直して、肌の調子を整えましょう。まずはあなたのライフスタイルをcheck!

私も温泉に行きたくなりました。詳しい内容は下記ページアドレスから詳細な内容をお読みください。

美肌県しまね うるおい研究室|しまね観光ナビ|島根県観光連盟公式サイトhttps://www.kankou-shimane.com/bihadaken-uruoi/からあなたの肌悩みを解決する美肌温泉 | 美肌県しまね うるおい研究室|しまね観光ナビhttps://www.kankou-shimane.com/bihadaken-uruoi/onsen/です。

三輪 利春&アラン

_ 全国視覚障害者情報提供施設協会 視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」 |:NaCl ネットワーク応用通信研究所

近年、パソコンなどテキストを音声で読み上げるスクリーンリーダーなど充実してきました。ICTの利活用により、社会参加の場や就労の場が広がってきています。視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」も全国の点字図書館が一つになり情報の共有と全国の視覚障がい者のかたの情報提供をしておられ、これもICTの利活用の発展の一つです。「サピエ」は、視覚障害者及び視覚による表現の認識に障害のある方々に対して点字、デイジーデータをはじめ、暮らしに密着した地域・生活情報などさまざまな情報をWebで提供するサービスです。「サピエ」は、視覚障害者等の個人会員約1万5千人が直接利用しています。また、全国の視覚障害者情報提供施設(点字図書館)や公共図書館、ボランティア団体、大学図書館など330を超える施設や団体が加盟して、約8万人以上の視覚障害者、そして、情報を必要とする多くの方々への情報サービスを行っています。  「サピエ」は日本点字図書館がシステムを管理し、全国視覚障害者情報提供施設協会が「運営」を行っています。

株式会社ネットワーク応用通信研究所(NaCl)はシステムの設計と開発、運用のサポートを行っています。詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

全国視覚障害者情報提供施設協会 視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」 |:NaCl ネットワーク応用通信研究所 http://www.netlab.jp/case/case_sapie/です。

視覚障害者情報総合ネットワーク「サピエ」 https://www.sapie.or.jp/です。 

三輪 利春&アラン

_ 『てくてく日和 山陰』2022夏号

日本財団 canpanブログから、ゆうあいの日々を見ています。

『てくてく日和 山陰』2022夏号できました!まち歩きバリアフリー情報誌『てくてく日和 山陰』の最新号(第39号)が完成しました。

今回は「『たたら』の恵み 奥出雲」と題し、鳥取県や広島県と境を接する島根県奥出雲町を特集します。奥出雲は江戸時代からたたら製鉄が盛んで、山に囲まれながら文化的に開けた地域です。先人の思いのこもった景観を保ちながら、地元ならではの「おいしいもの」を育んでいます。

誌面では、たたらで栄えた時代が分かる各種施設のほか、車椅子でアクセス可能な自然散策、出雲そば・仁多米など奥出雲ならではの食をご紹介します。また日帰り温泉を含めた宿泊施設のバリアフリー、駐車場やトイレの情報もご案内しています。

好評連載「盲導犬ハダルと矢野のよもやま話」をはじめ、プレゼント企画など、今回も充実した内容でお届けします。

中国地方の「道の駅」、山陰の観光案内所・主要観光地などで無料配布しております。また、遠方にお住まいの方のためのPDF版、読み上げソフトに対応したワード版も準備中です。バックナンバーを含め、プロジェクトゆうあいの公式サイトよりダウンロードいただけます。

『てくてく日和 山陰』は、山陰各地の観光地・施設をプロジェクトゆうあいのスタッフが実際に取材・執筆・編集し、バリアフリーの視点から情報をお届けする季刊の観光情報誌です。

プロジェクトゆうあいでは、本誌発行のための『てくてく日和』応援寄付(一口 1,000円)をお願いしているほか、広告を出していただける事業者様を募集しています。 詳しくは本誌巻末をお読みいただくか、下記までお問い合わせください。

■NPO法人 プロジェクトゆうあい TEL 0852-32-8645(担当・今泉) FAX 0852-28-1116 メール tekutekubiyoriあっとまーくpjui.com(あっとまーくを半角の@にしてお送りください)たたら製鉄と棚田の表紙イラストや車椅子の女性がキャンプ場でバーベキューをする様子など、詳しい内容は下記ページアドレスから詳細な内容をお読みください。

『てくてく日和 山陰』2022夏号できました!-プロジェクトゆうあいからのお知らせhttps://blog.canpan.info/tekutekumeruma/archive/1098です。

下記のページからウェブ版をどうぞ!てくてく日和山陰 特定非営利活動法人プロジェクトゆうあいhttp://project-ui.com/social-business/barrier-free/hirori/です。

三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2022-09-08) 最新 次の日記(2022-09-10)» 編集