トップ «前の日記(2022-09-15) 最新 次の日記(2022-09-19)» 編集

としまる日記




2022-09-18 鳥取県 令和4年度バリアフリー観光推進事業:障がいのある観光客等に対応するための準備と心構え 共生社会の実現に向けて [長年日記]

_ 怪談朗読劇「酒林堂八雲」の動画配信中

松江市の観光イベント情報を観ています。

松江観光大使を務める声優の茶風林氏が出演する朗読劇がYouTube「TACCSチャンネル」にて無料配信中!松江の地酒や名産品の紹介もあります!

出演:茶風林ほか原作:小泉八雲「がま」「はかりごと」

動画はコチラから⇒【本編:15:00〜】TACCS1179 × 酒林堂八雲(新堂陽斗、松田拓哉、茶風林、伊藤美紀、鶴岡聡 / SPゲスト:田中健大、田村奈央) - YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=vrhjwpgakxQ&feature=youtu.beです。

※令和3年1月5日に無観客・生配信されたものです※動画視聴には別途通信料がかかりますので、ご注意ください

酒林堂公式HPhttp://www.syurindou.com/です。

三輪 利春&アラン

_ 「自転車安全利用五則」を守り、自転車を安全に利用しましょう。 松江市

松江市のホームページをみています。暮らしのガイドに自転車安全利用の推進が有り、「自転車安全利用五則」が書かれていまのでご紹介します。

私は視覚障がい者で全盲です。盲導犬ユーザーで、盲導犬の名前はアランと言います。アランと一書に雨が降っていない日はほとんど毎日外を歩いています。

また、夜の散歩もしっかり愉しんでいます。アランには電池で光る首輪を付けて、私は反射材のついたたすきにこれまた電気で光る物を付けて自己にならないよう気を付けながらわりと早足で町を歩きます。

夜の散歩している時、後ろから来られた自転車のかたから「横通ります。」と声を掛けられ通り過ぎられました。声を掛けていただきとてもうれしかったです。以前、後ろから来られた自転車のハンドルがすれ違い際に腕にぶつかったことが何度かあります。

私達視覚障がい者は(見えない)あるいは(見えにくい)障害です。外を歩くときは白杖を付ながら、あるいは盲導犬を連れて歩いています。白杖歩行は白杖を体の前に延ばして、左右にふりながら地面を確認し歩いていますので、自転車を運転されるみなさま、せまい歩道や歩道のない道路では、安全に気をつけながら徐行運転でよろしくおねがいします。

下記、松江市の暮らしのガイドより。自転車安全利用のことが書かれています。皆様もどうぞご理解宜しく御願いします。

「自転車安全利用五則」を守り、自転車を安全に利用しましょう。 松江市1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外2. 車道は左側を通行3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行4. 安全ルールを守る飲酒運転・二人乗り・並進の禁止夜間はライトを点灯交差点での信号遵守と一時停止・安全確認5. 子どもはヘルメットを着用携帯電話を使用しながらの運転、傘さし運転の禁止のイラスト平成26年8月1日から「松江市自転車安全利用条例」が施行されました。条例の主な内容は、次のとおりです。自転車事故防止の知識を身につけましょう。自転車事故の保険に加入しましょう。学校は、児童・生徒に効果的な交通安全教育をしましょう。高齢者に対しては状態に応じた安全利用の助言をしましょう。おもてなしの心を持って、安全通行に努めましょう。条例の詳しい内容については、「議会政策条例(自転車安全利用条例)」(松江市議会のホームページ)をご覧ください。

携帯電話を使用しながらの運転、傘さし運転の禁止のイラスト

傘さし運転の禁止のイラストなど含めて、詳しい内容は下記ホームページアドレスから詳細な内容をお読みください。

松江市:暮らしのガイド:自転車安全利用の推進http://www1.city.matsue.shimane.jp/anzen/koutsuanzen/jitennsha.htmlです。松江市:暮らしのガイド:議会政策条例(自転車安全利用条例)についてのページhttp://www1.city.matsue.shimane.jp/gikai/torikumi/jyourei.htmlです。

また、自転車安全利用五則につきまして、島根県警察のページもご覧ください。島根県警察:自転車安全利用五則https://www.pref.shimane.lg.jp/police/02_traffic_safety/bicycle/zitensya_gosoku.htmlです。自転車安全利用五則チラシも用意されています。必要な方は上記島根県警察のページアドレスからPDFファイルをダウンロードしご活用ください。以上です。

三輪 利春&アラン

_ 鳥取県 令和4年度バリアフリー観光推進事業:障がいのある観光客等に対応するための準備と心構え 共生社会の実現に向けて

鳥取件で無料オンラインセミナー 心のバリアフリー 虎の巻が開催されます。

概要:障がいのある方が安心して社会参加でき、来県しやすい環境づくりを進めるため、様々な方の経験をもとに、障がいのある方への応対等について学ぶオンライン研修です。YouTubeでのビデオ配信により研修に参加いただきます。(研修動画には、手話通訳と字幕が表示されます。)

配信日:10月10日(月)〜10月16日(日)9:00〜17:00(90分程度)

申込締切:10月5日

申込・問合せ先:特定非営利活動法人 トラベルフレンズ・とっとり電話070-5675-4483(平日 10:00〜17:00)E-mail:sinnihon@ec1.technowave.ne.jp

講師:・勝谷 有史氏     「みんなで一緒に泊まれる温泉宿〜文化・情報面のバリアフリー〜」勝谷社長は「なにわ一水」の社長で、ユニバーサルデザインの国際表彰「IAUD国際デザイン賞2020」で金賞を受賞されました。

バリアフリーに関する詳しいページバリアフリー | なにわ一水http://www.naniwa-i.com/restaurantです。視覚障害者のかたが安心して宿泊できる、露天風呂付の部屋も昨年暮れのリニュアル工事で作られました。

    ・三輪 利春氏タイトルが、「障がい者の宿泊や盲導犬受け入れの施設利用に関して必要な準備と心構え」と書かれていますが、私は、視覚障害者ですので、「「視覚障がい者の宿泊や盲導犬受け入れの施設利用に関して必要な準備と心構え」と題して話します。9月16日・17日で鳥取に出かけ最終の撮影をいたしました。18日は曇り空でわりと涼しかったのですが、途中晴れたりしてました。午前中に鳥取砂丘にもゆきましたよ。

    ・川瀬 篤志氏     「あふれる笑顔 さりげない仕草・言葉に 心をこめて」川瀬さんは松江/山陰バリアフリーツアーセンターのセンター長です。

松江/山陰バリアフリーツアーセンター てくてく山陰http://tekuteku-sanin.com/です。

詳しくは下記のページを参考にしてください。

障がいのある観光客等に対応するための準備と心構え 共生社会の実現に向けて [ お知らせ ] | 鳥取市ボランティア・市民活動センターhttps://www.tottoricity-syakyo.or.jp/tvc/news/27630/です。

三輪 利春&アラン


トップ «前の日記(2022-09-15) 最新 次の日記(2022-09-19)» 編集